アーティスト プロフィール

トーマス・アデス(作曲家/指揮者/ピアニスト/2020年度武満徹作曲賞審査員)
Thomas Adès, composer/conductor/piano/judge of Toru Takemitsu Composition Award 2020

© Brian Voce

1971年3月1日、ロンドン生まれ。12歳からギルドホール音楽演劇学校でピアノと作曲を学び、その後ケンブリッジ大学キングス・カレッジでアレクサンダー・ゲールとロビン・ホロウェイに師事。
初のオペラ『パウダー・ハー・フェイス』(1995)の成功に続き、第二作『テンペスト』(2003)は英国ロイヤル・オペラの委嘱により作曲、自身の指揮による初演の後も様々な場所で再演されており、ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場でのライヴを収録したDVDは2013年のグラミー賞に輝いたほか、2015年にはウィーン国立歌劇場でも再演されている。2016年には、ルイス・ブニュエルの映画を基にした三作目のオペラ『皆殺しの天使』がザルツブルク音楽祭で初演され、その後メトロポリタン歌劇場、ロイヤル・オペラでも再演され、2017年オペラ・アワードの最優秀初演作品に選ばれた。
アデスの作品を積極的に取り上げている演奏家の中でも、特にサー・サイモン・ラトルは、バーミンガム市交響楽団の音楽監督として最後の演奏会と、ベルリン・フィルの芸術監督として最初の演奏会で《アサイラ》(1997)を取り上げ、2007年には《テイヴォット》をベルリン・フィルと初演している。またマイケル・ティルソン・トーマスは《ポラリス(北極星)》(2010)をニュー・ワールド交響楽団で初演、同曲は現在クリスタル・パイトの振り付けによるコンテンポラリー・ダンスでも知られている。ほかにも代表的な作品として、ヴァイオリン協奏曲《同心軌道》(2005)、天地創造に題を取ったピアノ協奏曲《イン・セブン・デイズ》(2008)、メゾ・ソプラノ、混声合唱とオーケストラのための《America-A Prophecy》(1999)、メゾ・ソプラノ、バリトンと管弦楽のための《死の舞踏》(2013)、室内アンサンブルのための《リヴィング・トイズ》(1993)、弦楽四重奏曲《アルカディアナ》(1994)、《フォー・クォーターズ》(2011)、《ピアノ五重奏曲》(2001)、チェロとピアノのための《Lieux retrouvés》(2010)、ピアノ独奏曲《ダークネス・ヴィジブル》(1992)、《トレースド・オーバーヘッド》(1996)、《マズルカ》(2010)、ケンブリッジ・キングス・カレッジ合唱団初演の合唱曲《The Fayrfax Carol》(1997)などがある。
指揮者としてニューヨーク・フィル、ロサンゼルス・フィル、ボストン響、ロイヤル・コンセルトヘボウ管、ロンドン響など多くの世界的なオーケストラを指揮するほか、ピアニストとしてもニューヨーク・フィルなどと協奏曲を共演、イアン・ボストリッジとの《冬の旅》や、カーネギーホールやバービカンセンターなどでリサイタルを行っている。
《アサイラ》で2000年にグロマイヤー賞を史上最年少で受賞、同曲と『テンペスト』、《テイヴォット》はロイヤル・フィルハーモニック協会大規模作品作曲賞を受賞。《アルカディアナ》で1999年シーメンス音楽賞、《フォー・クォーターズ》で2012年英国作曲家賞、2015年にはレオニー・ソニング音楽賞を受賞するなど数多くの賞を受賞している。また、2016年からボストン交響楽団初のアーティスティック・パートナーをつとめている。
作品はFaber Musicから出版されている。

[オフィシャルサイト]
http://thomasades.com

リーラ・ジョセフォウィッツ(ヴァイオリン)
Leila Josefowicz, violin

© Chris Lee

現代の音楽に情熱的に取り組み続けるリーラ・ジョセフォウィッツ。コリン・マシューズやエサ=ペッカ・サロネン、ジョン・アダムズなど多くの作曲家が彼女のために作曲している。特に作曲家で指揮者の故オリヴァー・ナッセンとは、彼のヴァイオリン協奏曲を含め30回以上共演した。
これまでにベルリン・フィル、ロイヤル・コンセルトヘボウ管、ボストン響などと共演、2019/20シーズンでは、サー・サイモン・ラトルとロンドン響のシーズン・オープニング・コンサートや、サロネン指揮で彼のヴァイオリン協奏曲をサンフランシスコ響と演奏するほか、ロサンゼルス・フィル、NDRエルプフィル、シカゴ響、クリーヴランド管、フィラデルフィア管などとの共演が予定されている。
アダムズ《シェヘラザード.2》、およびサロネン《ヴァイオリン協奏曲》の録音はグラミー賞にノミネートされた。最新盤は、ハンヌ・リントゥ指揮フィンランド放送響とのB.A.ツィンマーマンの協奏曲。
2008年にはマッカーサー・フェローシップ、2018年にはエイヴリー・フィッシャー賞を受賞している。

[オフィシャルサイト]
https://www.leilajosefowicz.com

読売日本交響楽団
Yomiuri Nippon Symphony Orchestra

5/28「トーマス・アデスの音楽」

© 読売日本交響楽団

1962年、オーケストラ音楽の振興と普及のために読売新聞社、日本テレビ放送網、読売テレビのグループ3社を母体に設立された。現在、常任指揮者をS.ヴァイグレが務め、サントリーホールや、事業提携を結んでいる東京芸術劇場などで演奏会を多数開催している。演奏会などの様子は日本テレビ「読響シンフォニックライブ」で放送されている。現代音楽にも積極的に取り組んでおり、2017年11月にはS.カンブルラン指揮のメシアン『アッシジの聖フランチェスコ』(全曲日本初演)が好評を博し、『音楽の友』誌の「コンサート・ベストテン」で第1位となったほか、サントリー音楽賞、ミュージック・ペンクラブ音楽賞(オペラ・オーケストラ部門)を受賞。同録音は、レコード・アカデミー賞(特別部門)を受賞した。18年5月には東京オペラシティ文化財団主催の「コンポージアム2018」に出演。

[オフィシャルサイト]
https://yomikyo.or.jp

篠﨑靖男(指揮)
Yasuo Shinozaki, conductor

5/31「2020年度武満徹作曲賞本選演奏会」

© Benjamin Ealovega

桐朋学園大学卒業。1993年アントニオ・ペドロッティ国際指揮者コンクール最高位。その後ウィーン国立音楽大学で研鑽を積み、2000年シベリウス国際指揮者コンクール第2位。
2001年より2004年までロサンゼルス・フィルの副指揮者を務めた後ロンドンに本拠を移し、ロンドン・フィル、BBCフィル、ボーンマス響、フランクフルト放送響、フィンランド放送響、スウェーデン放送響など各国の主要オーケストラを指揮。2007年から2014年7月に勇退するまで7年半、フィンランド・キュミ・シンフォニエッタの芸術監督・首席指揮者としてオーケストラの目覚しい発展を支えた。
国内でも主要オーケストラに登場、なかでも2014年9月からミュージック・アドバイザー、2015年9月から常任指揮者を務めた静岡交響楽団では、2018年3月に退任するまで「新しい静響」の発展に貢献。
近年はドイツのマグデブルク・フィル、南アフリカ共和国のKZNフィル(ダーバン市)、ヨハネスブルグ・フィル、ケープタウン・フィル等に定期的に客演するなど、国内外で活躍を続ける篠﨑靖男の正統的なスタイルとダイナミックな指揮は、観客を魅了している。

[オフィシャルサイト]
http://www.yasuoshinozaki.com

東京フィルハーモニー交響楽団
Tokyo Philharmonic Orchestra

5/31「2020年度武満徹作曲賞本選演奏会」

© 上野隆文

1911年創立。2011年に日本のオーケストラとして最初の100年を迎えた、日本で最古の歴史をもつオーケストラ。約130名のメンバーをもち、シンフォニーオーケストラと劇場オーケストラの両機能を併せもつ。「定期演奏会」や「午後のコンサート」などの自主公演の他、新国立劇場のレギュラーオーケストラとしてオペラ・バレエ演奏、NHKにおける「名曲アルバム」やFM「ブラボー!オーケストラ」の他、「題名のない音楽会」などにより全国の音楽ファンに親しまれる存在として、高水準の演奏活動とさまざまな教育的活動を展開し、クラシック音楽の広い普及に努めている。

[オフィシャルサイト]
https://www.tpo.or.jp/