「コンポージアム2020」について

「Composition」+「Symposium」=「COMPOSIUM(コンポージアム)」
その活動が常に注目されるイギリスの作曲家、トーマス・アデスを迎えて

世界中の若い世代の作曲家に創作を呼びかける「武満徹作曲賞」を核とした、東京オペラシティの同時代音楽企画が「コンポージアム COMPOSIUM」(造語:Composition + Symposium)です。「武満徹作曲賞」は、ただ一人の作曲家が審査員をつとめるというユニークさと、受賞者のその後の活躍などにより、世界的に知られているオーケストラ作品作曲コンクールです。

22回目となる2020年は、その活動が常に注目されるイギリスの作曲家、トーマス・アデスを審査員に迎えます。その才能は20代の頃から世界で高く評価され“ブリテンの再来”と呼ばれたほど。オペラやオーケストラ作品など、多くの注目作品を発表し続けているアデスが、世界中から集まった応募作品の中からいかなる才能を発掘するか、注目です。

あわせて様々なイベントを開催します。インタビュー形式によるトークセッション、その翌日のオーケストラ作品演奏会では、アデスの代表作といえる3作品を自身の指揮で演奏、さらにアデスのピアノ演奏とヴァイオリンのジョセフォウィッツによるデュオ・リサイタルでは新作の日本初演を含むプログラムと、作曲・指揮・ピアノとアデスの多彩な側面をお聴きいただきます。

世界的な作曲家を迎え、優れた現代作品を優れた演奏で楽しめる「コンポージアム2020」にご期待ください。

トーマス・アデス ポートレート

© Brian Voce