音楽の絵本 with パイプオルガン

ズーラシアンブラス+弦うさぎ 音楽の絵本チラシ

チラシ拡大

日時:
2015年7月22日[水]14:00
2015年7月23日[木]14:00
会場:
コンサートホール     ホールへの行き方   座席表

夏休みの人気シリーズ。かわいらしい動物キャラクターによる楽しい音楽会。

[出演]

ズーラシアンブラス
[トランペット:インドライオン/トランペット:ドゥクラングール/ホルン:マレーバク/トロンボーン:スマトラトラ/テューバ:ホッキョクグマ/指揮:オカピ]

弦うさぎ
[ヴァイオリン:メグ(長女)/ヴァイオリン:エイミー(四女)/ヴィオラ:ベス(三女)/チェロ:ジョー(次女)]

オルガンオウル(パイプオルガン)

[曲目](上演時間:約90分 休憩あり)

【7/22】

交響組曲 第1楽章 ロンド
主よ人の望みの喜びよ
ディヴェルティメント ニ長調 K136より 第1楽章
イージー・ウィナー
星に願いを
レイダース・マーチ
サウンド・オブ・ミュージック メドレー
山の音楽家
ゆりかごの唄
A列車で行こう
エスパニア・カーニ
ヘンデル微笑んでる!


【7/23】

《ルスランとリュドミラ》序曲
主よ人の望みの喜びよ
リトル・マーメイドより 「パート・オブ・ユア・ワールド」
マレーバク・ソロ
タイム・トゥ・セイ・グッバイ
どんぐりころこロックンロール
サウンド・オブ・ミュージック メドレー
弦うさぎのアリア
踊ろう楽しいポーレチケ
おつかいありさん
ドナドナ
ヘンデル微笑んでる!

=ズーラシアンブラス =弦うさぎ =オルガンオウル

  • 4歳未満のお子様のご入場はご遠慮ください。(チケットはお子様にもお1人1枚必要です。)
  • 託児サービスがございます(有料・要予約)
    [お問い合わせ]イベント託児 マザーズ 0120-788-222 http://www.mothers-inc.co.jp/
  • チャイルドシートの無料貸出がございます。(限定90個)
    ご利用はチケットをお持ちのお子様(身長110cm程度まで)に限らせていただきます。
    ご希望の方は当日ホール内クロークまでお越しください。
  • チケット情報
  • 公演について
  • 出演者プロフィール

チケット情報

[料金]全席指定(税込)
各日 一般 ¥2,000 こども ¥1,000(4歳〜小学生・4歳未満入場不可)
[チケット発売日]
Arts友の会優先発売 :5月9日[土](特典:10%割引)
一般発売 :5月16日[土]
[チケット取り扱い]
東京オペラシティチケットセンター 03-5353-9999
チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:258-972)
ローソンチケット 0570-000-407(Lコード:39864)
イープラス http://eplus.jp/
JTB各支店、JTBトラベランド各店舗 http://www.jtb.co.jp/ticket/
スーパーキッズチケットセンター http://superkids.co.jp/ticket/

公演について

音楽の絵本



© 大窪道治

『音楽の絵本』はクラシック音楽における絵本のような役割ができれば…と考えられ、そして誕生しました。指揮者のオカピをはじめ、演奏するのは全て絶滅危惧種の希少動物という金管五重奏「ズーラシアンブラス」。そして弦楽四重奏の「弦(つる)うさぎ」と、パイプオルガンを弾くミステリアスなふくろう「オルガンオウル」も登場します。
本格的なクラシック音楽から、アニメに童謡など盛りだくさんのプログラム。動物たちの姿はユーモラスですが、演奏はまさに一級品!
子どもたちだけではなく毎日忙しい大人の皆さんも、ひとときの夢の世界へ誘います。

出演者プロフィール

ズーラシアンブラス

まじめでしっかり者のオカピが、大好きな音楽で生きていこう、と決めたのは今から少し昔のことです。北極での演奏に限界を感じていたホッキョクグマと一緒に、世界のいろんな国をまわって、孤高のトランペッター インドライオン、お調子者のスマトラトラを見つけ出しメンバーに誘います。噂を聞きつけたドゥクラングールが、ぼんやり眠ってばかりのマレーバクを誘ってオカピに会いに来ました。そうして結成されたのが金管五重奏ズーラシアンブラスなのです。今ではよこはま動物園ズーラシアをはじめ、全国で演奏会を行ったり、CDを作ったり、楽しくにぎやかに音楽にふれる毎日をすごしています。


トランペット:インドライオン
トランペット:ドゥクラングール
ホルン:マレーバク
トロンボーン:スマトラトラ
テューバ:ホッキョクグマ
指揮:オカピ

弦うさぎ

「弦(つる)うさぎ」は、うさぎの四姉妹(メグ、ジョー、ベス、エイミー)の弦楽四重奏団。作曲家の父とヴァイオリニストをめざしていた母。その影響で小さい頃からクラシック音楽を聴いて育った四姉妹だったが、父親が作曲の旅に出てしまい、母もー緒に世界各国をまわっているため、一年のほとんどは姉妹のみで生活している。寂しさを紛らわそうと姉妹で始めた演奏会が街中で大評判。その息のあった演奏と幻想的な世界を紡ぎ出す音楽性に惹かれ、遠方から聴きに来る人々も絶えなくなったとか。かくして「弦うさぎ」弦楽四重奏団がうまれたのでした。


ヴァイオリン:メグ(長女)
ヴァイオリン:エイミー(四女)
ヴィオラ:ベス(三女)
チェロ:ジョー(次女)

オルガンオウル

© 大窪道治
ある時は無邪気な少年のようで、ある時は老婆のようにしたたかな顔をみせる…。変幻自在でつかみどころのないふくろう、それがオルガンオウルです。ヒナのとき空から落ちてきてパイプオルガンの中で育った過去を持ちます。オルガンから離れては生きていけません。太陽が苦手でよくマントを羽織っています。本当は魔法使いだという噂も…。はたらくトリ達はそう聞いて心酔しているようです。天上から降ってくるパイプオルガンの音色のようにミステリアスな存在、それがオルガンオウルなのです。
*曲目、出演者等は、変更になる場合がございますのでご了承ください。
*4歳未満のお子様のご入場はご遠慮ください。
*ネットオークション等での営利目的の転売はお断りします。


主催:公益財団法人 東京オペラシティ文化財団
協賛:NTT都市開発株式会社

ページトップ

東京オペラシティ コンサートホール/リサイタルホール


閉じる