ピエール=ロラン・エマール
ピアノリサイタル

チラシ拡大

日時:
2017年12月6日[水]19:00
会場:
コンサートホール     ホールへの行き方   座席図

メシアンが遺したピアノ音楽の一つの頂点。エマール、ついに日本初披露。

インターネット予約

[東京オペラシティチケットセンター]
TEL.03-5353-9999

[出演]

ピアノ:ピエール=ロラン・エマール

[曲目]

  • メシアン:幼子イエスにそそぐ20のまなざし(全曲) 
マークのある曲は試聴できます。 試聴サービスについて

  • チケット情報
  • 公演について
  • 出演者プロフィール
  • CD情報

チケット情報

[料金](全席指定・税込)
S:¥5,000 A:¥4,000 B:¥3,000
[チケット発売日]
Arts友の会優先発売 :6月17日[土](特典:10%割引)
一般発売 :6月24日[土]
[チケット取り扱い]

インターネット予約

公演について

エマールのピアノは、古典から現代まで、どの時代のどの作曲家でも、その作品が内包している核のようなものを、掬い取って私たちに伝えてくれます。隅々まで血の通ったクリアで見通しの良い演奏は、もちろん極限までコントロールされた技術があって初めて実現するもので、エマールの知的な解釈に裏打ちされ、作品はその真の姿を観客の前に現すのです。
エマールは、12歳からメシアン夫人のイヴォンヌ・ロリオに師事、メシアン本人からも多くのことを学び、1973年にはメシアン国際コンクールで優勝し鮮烈なデビューを飾った、現代最高のメシアン演奏家ともいってよいでしょう。
メシアンの代表作の一つで、20世紀のピアノ音楽のなかでも記念すべき大作を、最高の解釈者エマールがついに日本で初披露します。

いよいよ宝刀を抜く!エマールのメシアン《まなざし》全曲演奏への期待

© Marco Borggreve + DG

ついに、現代フランス・ピアノ界最高の知性派で稀代の名手ピエール=ロラン・エマールが、絶対の自信をもつメシアン《幼子イエスにそそぐ20のまなざし》全曲演奏を日本で初めて行う。
20世紀ピアノ音楽史のなかでも、新たなピアニズムの地平を開拓した記念碑であり、演奏に2時間以上を要する巨大なスケールを持つ《まなざし》は、エマールにとっても特別な意味を持つ。1999年、テルデックへのソロ・デビュー盤がこの曲だったし、最近でもロンドンでのリサイタルで再び取り上げるなど、その愛着は尋常なものではない。
エマールはメシアンについてこう語る。
「彼は精神的にも偉大な教師でした。そして透明で純粋な人でした。自分の回りすべてに対して、時間というものを作ってくれる人でした。どうでもいい無名の12歳の少年だった自分に対しても、きちんと時間を割いてくれたのです。“君のために僕はここにいるんだよ”という存在感をしっかり示してくれた。それに感銘を受けたのを覚えています。
今も私たちがメシアンから学ぶことはたくさんあると思います。彼は他の人とはまったく異なる態度でこの世の中というものを聴いていたのです。そして、彼ほど自分の周りのもの、人に対して集中力をもって観察する人はいなかった。
メシアンには必ず、自分なりの受け止め方というものがありました。彼のような集中力、情熱、理解をもって、世界の音を観察し、聴くことができれば、この世の中も違う捉え方ができるのではないでしょうか?」
メシアンの作品は、20世紀に書かれた音楽の中でも飛び抜けて神秘的で美しい。《まなざし》にも、宝石やステンドグラスのような輝かしい瞬間がたくさんある。だがエマールが特別なのは、そんなメシアンのすべての音が、透徹した洞察と強靭な意志のもとにコントロールされており、その理知的な力がときにギラギラした狂気じみた領域にまで達している点にある。
今回のコンサートは、20世紀ピアノ音楽の極点を理想的名演で体験できるという意味でも、千載一遇のチャンスである。ぜひとも聴いておきたい。

林田直樹(音楽ジャーナリスト・評論家)

出演者プロフィール

ピエール=ロラン・エマール(ピアノ)

Pierre-Laurent Aimard, piano
© Felix Broede
エマールは、現代音楽から古典まで、従来の音楽の境界を飛び越えて世界中でクリエイティヴな活動を続けている。ブーレーズ、カーター、リゲティ、クルタークらの作曲家と密接な関係を築いている演奏家であり、主要音楽都市や著名音楽祭のほとんどに出演、ベルリン・フィル、ロイヤル・コンセルトヘボウ管、ロンドン響、シカゴ響などと共演を続ける。革新的なカルト・ブランシュ(演奏家に自由な企画を託すコンサート)や音楽祭のプロデュースを任され、2008年にはメシアン生誕100年祭を企画した。2009〜2016年まで、ブリテンが創始したオールドバラ音楽祭の芸術監督を務めた。録音もワーナーやグラモフォンに数多く行い、国際的な賞の受賞も多い。

CD情報

ピエール=ロラン・エマール
メシアン:《幼子イエスにそそぐ20のまなざし》
(Messiaen: Vingt Regards Sur L'Enfant-Jesus)


レーベル:Teldec(Warner Classics)
品番:398426868(2枚組・輸入盤)

*曲目、出演者等は、変更になる場合がございますのでご了承ください。
*就学前のお子様の同伴・入場はご遠慮ください。
*ネットオークション等での営利目的の転売はお断りします。


主催:公益財団法人 東京オペラシティ文化財団
協賛:ジャパンリアルエステイト投資法人

ページトップ

東京オペラシティ コンサートホール/リサイタルホール


閉じる