バッハ・コレギウム・ジャパン
モンテヴェルディ《聖母マリアの夕べの祈り》

チラシ拡大

日時:
2017年9月24日[日]15:00
会場:
コンサートホール     ホールへの行き方   座席図

モンテヴェルディ生誕450年。
鈴木雅明とBCJ、最良のコンビによる18年ぶりの再演。

[出演]

指揮:鈴木雅明
ソプラノ:ソフィ・ユンカー、松井亜希
アルト:青木洋也
テノール:櫻田 亮、谷口洋介、中嶋克彦
バス:シュテファン・フォック、加耒 徹
コルネット&トロンボーン:コンチェルト・パラティーノ
合唱と管弦楽:バッハ・コレギウム・ジャパン

[曲目]

  • モンテヴェルディ:聖母マリアの夕べの祈り 

*本公演は、指揮者の希望により休憩はございません。


マークのある曲は試聴できます。 試聴サービスについて

  • チケット情報
  • 公演について
  • 出演者プロフィール

チケット情報

[料金](全席指定・税込)
S:¥9,000 A:¥7,000 B:¥5,000 C:¥4,000
[チケット発売日]
Arts友の会優先発売 :4月14日[金](特典:10%割引)
一般発売 :4月21日[金]
[チケット取り扱い]

公演について

© Kenta Hoshino

2017年は、イタリアの偉大な作曲家、クラウディオ・モンテヴェルディの生誕450年となります。ルネサンスからバロックへの移行期に重要な位置を占めたモンテヴェルディの作品の中でも、もっとも有名な宗教作品となる《聖母マリアの夕べの祈り》をバッハ・コレギウム・ジャパンの演奏でお届けします。このコンビによる同曲の演奏は1999年にも当財団主催公演として行われ、実に18年ぶりの再演となります。前回、時を同じくして行われた録音は永くこの作品の最良の演奏の一つに数えられています。歴史上最初期のオペラ『オルフェオ』を書いたモンテヴェルディがそのすぐ後に完成させたこの作品は、ヨーロッパ音楽を語る上でも記念碑的で、壮大さ、神聖さ、華やかさ、優美さ、快活さ、そのすべてにおいて聴衆を魅了する、名曲中の名曲です。

出演者プロフィール

鈴木雅明(指揮/バッハ・コレギウム・ジャパン音楽監督)

Masaaki Suzuki, conductor
© Marco Borggreve
1990年、バッハ・コレギウム・ジャパン(BCJ)を創設して以来、バッハ演奏の世界的な第一人者として名声を博す。グループを率いて欧米の主要なホール、音楽祭に多く出演、極めて高い評価を積み重ねている。2013年3月にはBCJ合唱団、イェール・スコラ・カントールムを率いてニューヨーク・フィル定期にデビュー。ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章、バッハの演奏に貢献した世界的音楽家に贈られる「バッハ・メダル」、ロンドン王立音楽院・バッハ賞を受賞。2013年度第45回サントリー音楽賞、ドイツ・マインツ大学グーテンベルク教育賞ほか受賞多数。イェール大学アーティスト・イン・レジデンス、シンガポール大学ヨン・シゥ・トウ音楽院客員教授、神戸松蔭女子学院大学客員教授、東京藝術大学名誉教授、オランダ改革派神学大学名誉博士。

コンチェルト・パラティーノ(コルネット&トロンボーン)

Concerto Palatino, cornetto & trombone
16〜17世紀イタリアのボローニャで活躍したツィンク(コルネット)とサックバット(トロンボーン)によるアンサンブル「イル・コンチェルト・パラティーノ・デラ・シグノリア・ディ・ボローニャ」の名にちなんで、1987年、ブルース・ディッキーとシャルル・トゥートによって結成されたアンサンブル。コルネットとバロック・トロンボーンの復興の旗手的役割を担い、ツィンクとサックバットの膨大なレパートリーを開拓し、この種の音楽の最良のサンプルを体系的に演奏、録音することを目的として活動を続けている。彼らのレパートリーの多くは必然的に宗教的なものになり、1600年頃のサン・マルコ大聖堂を中心にコスモポリタンな音楽文化を開花させていた絶頂期のヴェネツィア音楽にあり、モンテヴェルディ、ジョヴァンニ&アンドレア・ガブリエリ、カステッロ、カヴァッリなどの作品である。

バッハ・コレギウム・ジャパン(合唱&管弦楽)

Bach Collegium Japan, chorus & orchestra
© Kenta Hoshino
鈴木雅明が世界の第一線で活躍するオリジナル楽器のスペシャリストを擁して結成したオーケストラと合唱団。バッハの宗教作品を中心としたバロック音楽の理想的上演を目指し、日本国内のみならずライプツィヒ・バッハ音楽祭、BBCプロムス、カーネギーホール、コンセルトヘボウ等、活発な演奏活動を展開。1995年から時系列順で取り組んできた『バッハ:教会カンタータ全曲シリーズ』が2013年2月に全曲演奏・録音を完遂し、2014年“ヨーロッパのグラミー賞”と称されるエコー・クラシック賞エディトリアル・アチーブメント・オブ・ザ・イヤー部門を受賞。2013年度第45回サントリー音楽賞を鈴木雅明と共に受賞。2017年7月には『バッハ:世俗カンタータシリーズ』全曲演奏・録音が完結予定。

http://bachcollegiumjapan.org
*曲目、出演者等は、変更になる場合がございますのでご了承ください。
*就学前のお子様の同伴・入場はご遠慮ください。
*ネットオークション等での営利目的の転売はお断りします。


主催:公益財団法人 東京オペラシティ文化財団
協賛:日本生命保険相互会社/ジャパンリアルエステイト投資法人

ページトップ

東京オペラシティ コンサートホール/リサイタルホール


閉じる