B→C バッハからコンテンポラリーへ
187 金子 平(クラリネット)

チラシ拡大

日時:
2016年12月13日[火]19:00
会場:
リサイタルホール     ホールへの行き方

リューベック歌劇場管を経て、
現在、読響首席奏者を務める実力派。
期待大のソロ舞台!

  • 【アンコール曲】 ・ニルス・ゲーゼ:幻想的小品 op.43より 第1楽章

[出演]

クラリネット:金子 平
ピアノ:鈴木慎崇 *

[曲目]

  • ヒンデミット:クラリネットとピアノのためのソナタ * 
  • シュトックハウゼン:アムール(1976) 
  • J.S.バッハ:ソナタ イ長調 BWV1032(原曲:フルートとチェンバロのためのソナタ)*
  • フレスト:クラリネットとディスクのための《アーラ・フマーナ(人間の翼)》(2008)
  • ルヴェル:クラリネットとピアノのための《ファンタジー》(1952)*
  • バックス:クラリネットとピアノのためのソナタ * 
マークのある曲は試聴できます。 試聴サービスについて

  • チケット情報
  • 公演について
  • 出演者プロフィール

チケット情報

[料金]全席自由
¥3,000(税込)
[チケット発売日]
Arts友の会優先発売:8月19日[金](特典:10%割引)
一般発売:8月26日[金]
[チケット取り扱い]
東京オペラシティチケットセンター 03-5353-9999
チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:304-772)

公演について


© 読売日本交響楽団

ドイツ・リューベック歌劇場管弦楽団を経て、2012年から読売日本交響楽団首席奏者を務める、金子平。彼が難関で知られるミュンヘン国際コンクールに挑んだのは2008年のこと。クラリネット部門で40年ぶりに1位受賞者が誕生したこの年、金子は2位なしの3位、日本人クラリネット奏者として初の上位入賞を果たしました。帰国後はウェールズ弦楽四重奏団とモーツァルト演奏で録音や共演を、昨年の読響公演ではニールセンのクラリネット協奏曲でソリストを、さらに最近では若き名手らと結成したばかりの室内アンサンブル「東京六人組」に名を連ねるなど、オケに室内楽にソロにと各所で実力を発揮しています。
ヒンデミットとフレスト以外は初挑戦。世界屈指の奏者と名高いザビーネ・マイヤーのもと、リューベックで学び、培ってきた「軽くて柔らかい、澄んだ音色」を生かし、作品の持つ世界へ深く迫るB→C。現代曲とクラリネットとの相性の良さにも改めて気づかせてくれることでしょう!

出演者プロフィール

金子 平(クラリネット)

Taira Kaneko, clarinet
© 読売日本交響楽団
1984年埼玉県出身。東京藝術大学を経て、2005年から独リューベック国立音楽大学で学び、2012年同大学院卒業。クラリネットを半田裕一、山本正治、村井祐児、ザビーネ・マイヤーの各氏に師事。2001年第2回ヤング・クラリネッティストコンクール ヤング・アーティスト部門第1位。2006年日本音楽コンクール第1位、併せてE.ナカミチ賞、岩谷賞(聴衆賞)。2008年ヴィースバーデン・モーツァルト・コンクール第1位、同年ARDミュンヘン国際音楽コンクールクラリネット部門で日本人初の第3位入賞、2009年ルイ・シュポーア・メダルなど受賞多数。2009年から2012年までリューベック歌劇場管弦楽団(リューベック・フィル)でクラリネット奏者をつとめた。バイエルン放送交響楽団、ミュンヘン室内管弦楽団、東京フィルハーモニー交響楽団などと共演、木曽音楽祭に参加するなど、ソリストや室内楽奏者としても活躍している。現在、読売日本交響楽団首席クラリネット奏者、紀尾井シンフォニエッタメンバー、東京藝術大学非常勤講師。
*曲目、演奏曲順、出演者等は、変更になる場合がございますのでご了承ください。
*就学前のお子様の同伴・入場はご遠慮ください。
*ネットオークション等での営利目的の転売はお断りします。


主催:公益財団法人 東京オペラシティ文化財団
協賛:日本生命保険相互会社

ページトップ

東京オペラシティ コンサートホール/リサイタルホール


閉じる