B→C バッハからコンテンポラリーへ
169 高見信行(トランペット)

チラシ拡大

日時:
2015年2月17日[火]19:00
会場:
リサイタルホール     ホールへの行き方

バッハ・コレギウム・シュトゥットガルトや
ライプツィヒ歌劇場管などで経験を積み、
ドイツで磨き上げた響きを味わうソロステージ!

  • 【アンコール曲】 ・プッチーニ:歌劇「トゥーランドット」より「誰も寝てはならぬ」

[出演]

トランペット:高見信行
ピアノ:白石光隆 *
バリトン:青山 貴 **

[曲目]

  • テレマン:トランペット協奏曲 ニ長調 * 
  • J.B.G.ネルダ:トランペット協奏曲 変ホ長調 * 
  • ヘンツェ:ソナチネ(1974) 
  • サン=サーンス:ファンタジー 変ホ長調(原曲:オルガンのためのファンタジー)* 
  • ピルス:トランペットとピアノのためのソナタ * 
  • J.S.バッハ:カンタータ第140番《目覚めよと呼ぶ声が聞こえ》BWV140から「シオンは見張の歌を聞く」* 
  • J.S.バッハ:カンタータ第23番《汝まことの神にしてダヴィデの子》BWV23から「キリストよ、神の小羊よ」*
  • J.S.バッハ:カンタータ第147番《心と口と行いと生活で》BWV147から「イエスはわが喜び」* 
  • ツィーナー:雨の一雫の物語(2012、日本初演)
  • J.S.バッハ:《クリスマス・オラトリオ》BWV248から「大いなる主よ、おお、強き王よ」*/** 
マークのある曲は試聴できます。 試聴サービスについて

  • チケット情報
  • 公演について
  • 出演者プロフィール

チケット情報

[料金]全席自由
¥3,000(税込)
[チケット発売日]
Arts友の会優先発売 :10月17日[金](特典:10%割引)
一般発売:10月24日[金]
[チケット取り扱い]
東京オペラシティチケットセンター 03-5353-9999
チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:243-241)

[岡山公演情報]
2015年2月14日[土]14:00開演(13:30開場)
会場:ルネスホール
チケット料金:¥3,000(全席自由・税込)
チケット発売:10月25日[土]

主催:公益財団法人東京オペラシティ文化財団/ルネスホール(NPO法人 バンクオブアーツ岡山)
協賛:日本生命保険相互会社

お問い合わせ:ルネスホール 086-225-3003

公演について

高見信行は東京藝大を卒業した2003年に渡独し、以来10年間、主にベルリンやライプツィヒを拠点に活動してきました。その間には2007〜12年ヘルムート・リリングが創設したバッハ・コレギウム・シュトゥットガルトへの参加や、2011〜12年ライプツィヒ歌劇場管の首席など、数々の貴重な経験も。彼にとってこの10年間は、口伝えに教えられてきたドイツ的な演奏テクニックや独特のニュアンスを学び得た時間でもあり、今それは彼の音楽性の中にしっかりと根付いています。
今回のリサイタルは、ドイツでの音楽活動の集大成。ドイツといえば柔らかく豊かで深い音色のロータリー式ですが、明るく華やかなピストン式との音色の違いを楽しんでほしいと、曲ごとに異なったトランペットでお聴き頂きます。またネルダやバッハのカンタータはライプツィヒの工房で特注したコルノ・ダ・カッチャによる演奏を。テレマンと最後のバッハのアリアは前者がピストン式、後者はロータリー式のピッコロ・トランペットで奏でます。そして高見にとっても縁のある、いわゆる旧東独エリアにちなんだ作曲家として選んだのは、数多く演奏してきたバッハ、そしてヘンツェ、高見の兄弟弟子でまだ18歳のツィーナー。その他には教会でよく演奏したサン=サーンスや、メロディの美しさが際立つピルスのソナタも。
ドイツの響きにこだわった珠玉の音色をたっぷりお楽しみください!

出演者プロフィール

高見信行(トランペット)

Nobuyuki Takami, trumpet
1979年岡山県生まれ。2003年東京藝術大学卒業。べルリンのハンス・アイスラー音楽大学、ロストック音楽大学大学院を最優秀にて卒業、ドイツ国家演奏家資格を取得。今までにソリストとしてライプツィヒ室内管弦楽団、ライプツィヒ放送吹奏楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団ほかと共演。サイトウ・キネン・オーケストラ、小澤征爾音楽塾オペラプロジェクト、PMFなどに参加。第75回日本音楽コンクールトランペット部門第1位、第19回日本管打楽器コンクールトランペット部門第2位、第9回福武文化財団奨励賞を受賞。ドイツ・ライプツィヒ放送交響楽団、バイエルン州立ホーフ交響楽団、ライプツィヒ歌劇場管弦楽団(首席奏者)、バッハ・コレギウム・シュトゥットガルトに在籍した。これまで板倉駿夫、杉木峯夫、関山幸弘、トーマス・クラモー(ベルリン・フィル)、ライナー・アウアバッハ(ベルリン州立歌劇場)の各氏に師事。2013年秋より本拠地をドイツから日本に移し、活動を開始。横浜シンフォニエッタ、岡山フィルハーモニック管弦楽団に在籍、一般財団法人地域創造登録アーティスト。
*曲目、演奏曲順、出演者等は、変更になる場合がございますのでご了承ください。
*就学前のお子様の同伴・入場はご遠慮ください。
*ネットオークション等での営利目的の転売はお断りします。


主催:公益財団法人 東京オペラシティ文化財団
協賛:日本生命保険相互会社

ページトップ

東京オペラシティ コンサートホール/リサイタルホール


閉じる