B→C バッハからコンテンポラリーへ
167 松井亜希(ソプラノ)

チラシ拡大

日時:
2014年12月16日[火]19:00
会場:
リサイタルホール     ホールへの行き方

英米歌曲の魅力もたっぷりと。
BCJのソリスト等で活躍中のソプラノが誘う、
時空を超えた音世界。

  • 【アンコール曲】 ・ガーシュイン:アイ・ガット・リズム
    ・アーヴィング・バーリン:ホワイト・クリスマス

[出演]

ソプラノ:松井亜希
ピアノ:山田剛史 *

[曲目]

  • パーセル/ブリテン&ピアーズ編:《ブリタニアのオルフェウス》から「音楽が恋の糧ならば」*
  • J.S.バッハ:カンタータ第120番《神よ、我らは静かにあなたをたたえ》BWV120から「救いと祝福が」* 
  • バーバー:3つの歌 op.10 * 
  • カーター:楽の音(2007)
  • 渋谷由香:《記憶から打ち寄せられた言葉》から第1曲「こどもと絵本」(2014、松井亜希委嘱作品、世界初演)*
  • パーセル/ブリテン&ピアーズ編:《ブリタニアのオルフェウス》から「恋の病から飛び立とうとしても」*
  • ブリテン:《子守唄のおまじない》op.41から「おまじない」* 
  • ブリテン:鳥たち * 
  • バーバー:4つの歌 op.13 * 
  • ナッセン:ホイットマン・セッティングス op.25(1991)* 
  • ヴォーン・ウィリアムズ:《生命の家》から「静かな昼」* 
  • 鈴木優人:ソプラノ独唱のための3つのエチュード(2014、松井亜希委嘱作品、世界初演)
  • パーセル/ブリテン&ピアーズ編:《ブリタニアのオルフェウス》から「ひとときの音楽」*
  • クィルター:《5つのシェイクスピアの歌》から「恋する若いのと娘っこ」op.23 * 
  • ブリテン:この島国で op.11 * 
マークのある曲は試聴できます。 試聴サービスについて

  • チケット情報
  • 公演について
  • 出演者プロフィール

チケット情報

[料金]全席自由
¥3,000(税込)
[チケット発売日]
Arts友の会優先発売 :8月22日[金](特典:10%割引)
一般発売:8月29日[金]
[チケット取り扱い]
東京オペラシティチケットセンター 03-5353-9999
チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:238-830)

公演について

ソプラノ歌手・松井亜希は、近年バッハ・コレギウム・ジャパンのソリストとしてその名をよく見かけると同時に、バロックから現代音楽まで多種多彩な作品を演奏するアンサンブル・ジェネシスのメンバーとしても活躍中。伸びやかで澄んだ彼女の歌声は、幅広いジャンルを歌える強みを持ち合わせています。
当夜は大学時代の恩師から薫陶をうけ、かねてより取り上げたかったという英米歌曲をメインに据え、バッハから現代まで時空を超えた音楽が繰り広げられます。「叙情性に富み、堅苦しくはないけれど格調高いイギリス歌曲。ヨーロッパの伝統に根ざしつつも縛られず、独創性に満ちたアメリカ歌曲。もちろん全てをこのように括るわけではないけれど、おなじ言語ながら全く違う世界が広がっている奥深さや、他の歌曲にはない独特の響きにハマッたらやみつきになりますよ!」と、その魅力を熱く語る彼女。そしてバッハだけでなく、パーセルを加えたことでバロックの愉しみも深まりました。ブリテンがピアノ伴奏用に編曲した“オリジナルとはちょっと違う新鮮な、古くて新しいパーセル”を組み込んだことで、バーバーやブリテン、ナッセンや新作へと行き交う流れも生まれ、リサイタル全体があたかも一枚の絵のように感じてもらえるような、有機的なつながりを目指しています。バロックと現代の作品が並ぶからこそ浮かび上がる、それぞれの相性の良さや特性も味わいつつ、たっぷりとご堪能ください。

出演者プロフィール

松井亜希(ソプラノ)

Aki Matsui, soprano
1981年岩手県生まれ。岩手県立不来方高等学校、東京藝術大学音楽学部声楽科卒業、同大学院修士課程、博士課程修了、音楽博士の学位を取得。アカンサス音楽賞、同声会賞、三菱地所賞を受賞。同声会新人演奏会、読売新人演奏会出演。日仏声楽コンクール優勝、友愛ドイツリートコンクール優勝・文部科学大臣奨励賞・日本リヒャルト・シュトラウス協会賞受賞、日本音楽コンクール(声楽部門)入選。在学中に出演した日本演奏連盟主催のデビュー・リサイタルでは「清純な詩情に溢れた透明感ある歌唱」と評される。これまでオラトリオのソリストとして数多くの演奏会に出演。近年はバッハ・コレギウム・ジャパン(BCJ)のメンバーとして定期的に国内外の公演や録音に参加、ブレーメン音楽祭やラインガウ音楽祭で《マタイ受難曲》等のソリストを務めた他、カナリア諸島音楽祭公演(スペイン)や、モンテヴェルディ『ポッペアの戴冠』(新国立劇場)では急遽代役を務め、喝采を浴びた。また、バロックから現代音楽まで多様な作品を演奏するアンサンブル・ジェネシスのメンバーとして、NHKの『クラシック倶楽部』でヴィヴァルディのモテット、ヒンデミットの歌曲作品、フェルドマンのトリオ作品、新垣隆の作品を演奏。しなやかで透明度の高い歌声を活かし、多彩な音楽活動を行なっている。
*曲目、演奏曲順、出演者等は、変更になる場合がございますのでご了承ください。
*就学前のお子様の同伴・入場はご遠慮ください。
*ネットオークション等での営利目的の転売はお断りします。


主催:公益財団法人 東京オペラシティ文化財団
協賛:日本生命保険相互会社

ページトップ

東京オペラシティ コンサートホール/リサイタルホール


閉じる