B→C バッハからコンテンポラリーへ
154 幣 隆太朗(コントラバス)

チラシ拡大

日時:
2013年9月10日[火]19:00
会場:
リサイタルホール     ホールへの行き方

シュトゥットガルト放送響奏者が拓く
美しい低音の世界。

  • 【アンコール曲】 ・ボッテジーニ:エレジー第1番 ニ長調

[出演]

コントラバス:幣 隆太朗
ピアノ:岡本麻子 *

[曲目]

  • J.S.バッハ:ヴィオラ・ダ・ガンバとチェンバロのためのソナタ第2番 ニ長調 BWV1028 *
  • ズビンデン:J.S.バッハへのオマージュ op.44(1969)
  • 西田由美子:転生(1981)
  • ヒンデミット:コントラバスとピアノのためのソナタ(1949)*
  • タバコフ:モティヴィ(1968)
  • ハウタ=アホ:カデンツァ(1978)
  • ブラームス:チェロ・ソナタ第1番 ホ短調 op.38 *

  • チケット情報
  • 公演について
  • 出演者プロフィール

チケット情報

[料金]全席自由
¥3,000(税込)
[チケット発売日]
Arts友の会優先発売 :4月12日[金](特典:10%割引)
一般発売:4月19日[金]
インターネット予約受付開始(予定):4月23日[火]10:00〜
[チケット取り扱い]
東京オペラシティチケットセンター 03-5353-9999
チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:195-956)

公演について


© Masato Tomii


コントラバスといえば、いわゆる「縁の下の力持ち」「低音部を支える大黒柱」といったイメージが強い楽器。そんなコントラバスが主役となり、スポットライトが当たる機会、B→Cでは8年ぶりとなりました。
今回の演奏者は幣隆太朗(へい・りゅうたろう)。東京藝大在学中にドイツ・ヴュルツブルク音大へ留学した彼は、その後アカデミー生としてベルリンシュターツカペレで研鑽を積み、現在はSWRシュトゥットガルト放送響コントラバス奏者として活躍しています。
「コントラバスでもこんなに表情豊かな音楽が奏でられる!」そんな思いを味わってほしいと考える彼のB→Cは、バッハのガンバ・ソナタから始まります。そしてヒンデミットをはじめコントラバスのために書かれたオリジナル作品の数々や、チェロとはまた違う深い響きに挑むブラームスのソナタ。コンテンポラリーもBACHの名を音型として用いつつ多くの音色や表現が引き出されていくズビンデン、初挑戦の西田作品、ブルガリアの民俗音楽をモチーフにヴィルティオーゾ的な魅力も詰まったタバコフの人気曲、雄大なフィンランドの情景が目に浮かぶようなハウタ=アホ作品と、秀作がズラリ並びました。
次世代を担う若きコントラバス奏者が、この楽器だけが持つ美しい低音を魅力たっぷりに奏でる一夜。どうぞお楽しみに!

出演者プロフィール

幣 隆太朗(コントラバス)

Ryutaro Hei, contrabass
© Masato Tomii
10歳より、故奥田一夫氏に手ほどきを受ける。1999年兵庫県立西宮高校音楽科卒業、同年、東京藝術大学入学。2001年渡独。ドイツ・ヴュルツブルグ音楽大学入学。DAAD外国人のための学内コンクールで一位となり、奨学金を授与される。2005年同大学ディプロマ試験を最高得点で卒業、同大学院マスターコースに入学。同年、ベルリン国立歌劇場オーケストラ(ベルリンシュターツカペレ)のアカデミー試験に合格し、首席指揮者ダニエル・バレンボイム指揮の下、オーケストラの一員として研鑽を積む。2007年、ドイツ放送局オーケストラの一つ、SWRシュトゥットガルト放送交響楽団に入団。2009年、ヴュルツブルグ音楽大学マイスタークラスの修了試験を審査員の満場一致で合格し[コントラバスマイスター]の称号を得る。同年、デンマークSporfestivalからソリストとして招待を受け、現代の作曲家としては最高峰にあるベアート・フラー作曲のソロコントラバスとソプラノの為の《ロトファゴス》を演奏し、観客のみならず作曲家自ら「かつてない最高の演奏」と歓喜の称賛を受ける。
2010年、シュトゥットガルト現代音楽祭Eclatにて、オーストリアのシュタッドラー弦楽四重奏団と、ヴィーラント・ホーバン作曲、ソロコントラバスとカルテットの為の楽曲を世界初演。現在、SWRシュトゥットガルト放送交響楽団団員として、ドイツ国内外でのソロリサイタル、小菅優、樫本大進、庄司紗矢香、横坂源を始め、日本を代表するソリストとの室内楽の共演など、精力的に活動している。日本では、毎夏、東京・大阪・神戸・姫路・徳島での帰国リサイタルを開催。2010年よりサイトウ・キネン・オーケストラのメンバーとして公演に参加。これまで文屋充徳、故奥田一夫、河原泰則、永島義男、南出信一、村上満志、山本修、Mathias Winklerの各氏に師事。
2012年より、上野製薬株式会社所有1670年製コントラバスの名器「ブゼット」を貸与されている。
*曲目、演奏曲順、出演者等は、変更になる場合がございますのでご了承ください。
*就学前のお子様の同伴・入場はご遠慮ください。
*ネットオークション等での営利目的の転売はお断りします。


主催:公益財団法人 東京オペラシティ文化財団
協賛:日本生命保険相互会社

ページトップ

東京オペラシティ コンサートホール/リサイタルホール


閉じる