オーケストラ・アンサンブル金沢
&シュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭合唱団
〈秋愁のモーツァルト〉

オーケストラ・アンサンブル金沢&シュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭合唱団 〈秋愁のモーツァルト〉チラシ

チラシ拡大

日時:
2011年9月20日[火]19:00
会場:
コンサートホール     ホールへの行き方   座席図

北ドイツの名門音楽祭が誇る合唱団を迎え、モーツァルトの名曲をたっぷりと。

[出演]

指揮:井上道義 *
指揮:ロルフ・ベック **
ソプラノ:アガータ・ウィレフスカ、ルチア・ドゥショノヴァ **
テノール:リヒャルト・レシュ **
バス:トーマス・セルク **
シュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭合唱団 **
オーケストラ・アンサンブル金沢

[曲目]

  • モーツァルト:交響曲第25番 ト短調 K183 *
  • モーツァルト:ミサ曲 ハ短調 K427 **

*オーケストラ・アンサンブル金沢のメンバーによるロビーコンサートの演奏曲
・ベートーヴェン:弦楽四重奏曲 第2番 op.18-2 より 第1楽章

  • チケット情報
  • 公演について
  • 出演者プロフィール

チケット情報

[料金](全席指定・税込)
S:¥6,000 A:¥5,000 B:¥4,000 C:¥3,000
[チケット発売日]
Arts友の会優先発売 :4月15日[金](特典:10%割引)
一般発売 :4月22日[金]
インターネット予約受付開始(予定) :4月26日[火]10:00~
[チケット取り扱い]
東京オペラシティチケットセンター 03-5353-9999
チケットぴあ
 0570-02-9999(Pコード:133-998)
イープラス http://eplus.jp/
ローソンチケット 0570-000-407(Lコード:37498)
JTB各支店、JTBトラベランド各店舗 http://www.jtb.co.jp/ticket/

公演について

北ドイツの名門音楽祭が誇る合唱団を迎え、モーツァルトの名曲をたっぷりと。

おなじみのオーケストラ・アンサンブル金沢(OEK)に、北ドイツのシュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭が誇る合唱団を迎え、美しくも愁いに満ちたモーツァルトの名曲をたっぷりとお届けします。
映画『アマデウス』の冒頭を飾ったシンフォニーと、《レクイエム》と並び称される傑作《ミサ曲ハ短調》という贅沢なプログラムは、優れた合唱指揮者であり音楽祭音楽監督でもあるロルフ・ベックが率いる合唱団との共演ならでは。2005年の同音楽祭でも共演したOEKと同合唱団の息の合ったモーツァルトで秋の一夜をお過ごしください。


井上道義(指揮)        ロルフ・ベック(指揮)


シュレスヴィヒ・ホルシュタイン音楽祭合唱団

出演者プロフィール

井上道(指揮)

Michiyoshi Inoue, conductor
これまで新日本フィル音楽監督、京都市響音楽監督・常任指揮者を務め、2000年~新日本フィル首席客演指揮者。2007年よりオーケストラ・アンサンブル金沢音楽監督ならびに石川県立音楽堂アーティスティック・アドバイザーに就任。シカゴ響、ロイヤル・フィル、ミュンヘン・フィル等にも客演。近年では、新日本フィルとともにマーラー・チクルス、3年にわたるコンサート・オペラ・シリーズ、日露友好ショスタコーヴィチ交響曲全曲演奏プロジェクト2007の実施など意欲的な活動を展開しており、各方面から絶賛されている。

ロルフ・ベック(指揮)

Rolf Beck, conductor
フランクフルト音楽大学卒業。ヘルムート・リリングに合唱芸術を師事。ドイツ連邦外務省文化局担当責任者として合唱振興に寄与する。またバンベルク市立音楽堂の建設を提案し、そのオープニングにはクラウディオ・アバドなど多くの名指揮者を迎えた。またバンベルク交響楽団合唱団を世界的にも超一流の合唱団に育てあげる。1994年NDRハンブルク放送協会音楽局長就任。シュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭音楽監督。2005年4月、シュレスヴィヒ=ホルシュタイン・アカデミー合唱団を率い来日。東京、大阪など各地で公演を行い大絶賛を浴びる。

シュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭合唱団

Schleswig-Holstein Festival Choir
1986年、世界的指揮者バーンスタインによって創立され、毎年夏にドイツの同名の州において開催されているシュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭は、超一流の音楽家たちの指導による教育プログラムでも有名であり、その一環として創設され成長を遂げているアカデミーオーケストラにならい、世界的な合唱指導者ロルフ・ベックにより2002年に結成されたのが本合唱団である。才能あふれる世界中の若者たちから選びぬかれたメンバーにより構成され、バーンスタインらによる効果的なカリキュラムを元に指導されており、結成間もないにもかかわらず、既に高い実力を備え、同音楽祭においても幅広く魅力的なレパートリーを披露している。2005年に初来日し、愛知県での万国博覧会の他、東京、仙台などで公演。2008年には東京と金沢で開催されたラ・フォル・ジュルネ音楽祭に出演。2009年、ワールドツアーの一環として来日。2011年は日独交流150周年を記念して来日する。

オーケストラ・アンサンブル金沢

Orchestra Ensemble Kanazawa
1988年、世界的指揮者、岩城宏之が創設音楽監督(永久名誉音楽監督)を務め、多くの外国人を含む40名からなる日本最初のプロの室内オーケストラとして石川県、金沢市が設立。石川県立音楽堂を本拠地とし、世界的アーティストとの共演による定期公演や、海外公演、委嘱作品の多数初演やCD化、オーケストラ育成・普及活動にも積極的に取り組んでいる。これまで70枚を超えるCDを発売。2007年から井上道義を音楽監督に迎え、新たな活動を展開中。2008年から東京と同時開催されている「ラ・フォル・ジュルネ金沢」のレジデントオーケストラとして、中心的役割を担っている。
*曲目、出演者等は、変更になる場合がございますのでご了承ください。
*就学前のお子様の同伴・入場はご遠慮ください。
*ネットオークション等での営利目的の転売はお断りします。


主催:公益財団法人 東京オペラシティ文化財団
協賛:ジャパンリアルエステイト投資法人

ページトップ

東京オペラシティ コンサートホール/リサイタルホール


閉じる