マルク・ミンコフスキ指揮
レ・ミュジシャン・デュ・ルーヴル - グルノーブル

チラシ拡大

日時:
2013年2月22日[金]19:00
会場:
コンサートホール     ホールへの行き方   座席表

耳慣れた曲が、なんと新しい。
フランスの鬼才・ミンコフスキが彫琢する2つの短調、2つの「未完成」。



  • 【アンコール曲】 [前半のアンコール]
    ・シューベルト:交響曲第3番 ニ長調 D200 より 第4楽章 プレスト ヴィヴァーチェ

    [後半のアンコール]
    ・モーツァルト:ミサ曲 ハ短調 K427 より「クレド」

[出演]

指揮:マルク・ミンコフスキ
レ・ミュジシャン・デュ・ルーヴル - グルーノブル

[曲目]

  • グルック:歌劇『アウリスのイフィゲニア』序曲(ワーグナー編曲版)*
    *演奏者の希望により、急遽追加となりました。
  • シューベルト:交響曲第7番 ロ短調 D759《未完成》
  • モーツァルト:ミサ曲 ハ短調 K427(10名のヴォーカルアンサンブルとともに)

  • チケット情報
  • 公演について
  • 出演者プロフィール
  • CD情報

チケット情報

[料金](全席指定・税込)
S:¥12,000 A:¥10,000 B:¥8,000 C:¥6,000 D:¥5,000
[チケット発売日]
Arts友の会優先発売 :10月12日[金](特典:10%割引)
一般発売 :10月19日[金]
インターネット予約受付開始(予定) :9月25日[火]10:00〜
[チケット取り扱い]
東京オペラシティチケットセンター 03-5353-9999
チケットぴあ
 0570-02-9999(Pコード:176-342)
ローソンチケット 0570-000-407(Lコード:37683)
イープラス http://eplus.jp/
JTB各支店、JTBトラベランド各店舗 http://www.jtb.co.jp/ticket/

公演について


© Marco Borggreve

バロック音楽から近現代作品まで、常に躍動感と色彩感あふれる演奏を聴かせ、各地で旋風を巻き起こすマルク・ミンコフスキ。生まれ育ったパリで自ら創設した古楽オーケストラ「レ・ミュジシャン・デュ・ルーヴル - グルノーブル」(MDLG)とのコンビでの初来日公演(2009年11月・東京オペラシティ)でその実力を遺憾なく発揮し、『音楽の友』誌において2009年の年間ベストコンサートに選ばれたほか、日本ミュージック・ペンクラブ大賞も受賞するなど圧倒的な成功を収めました。
待望の再来日は、シューベルトとモーツァルトのいずれも未完成の傑作を組み合わせたプログラム。彼らのシューベルトの交響曲は、2012年3月ウィーンでの全曲演奏会で大反響を巻き起こしたホットなレパートリー。そして得意とするモーツァルト《ハ短調ミサ》は、MDLGの声楽アンサンブル10名との共演という驚きの編成での演奏です。ミンコフスキの知性とイマジネーションは、2つの短調、2つの「未完成」の陰影をオリジナル楽器でいかに描き出すのか。聴きなれた名曲の未知の顔に出会えそうな、興味の尽きないライヴです。

出演者プロフィール

マルク・ミンコフスキ(指揮)

Marc Minkowski, conductor
© Marco Borggreve
1962年、科学者の両親のもとパリに生まれる。ハーグ音楽院でバスーンを学び、レザール・フロリサン、ラ・プティット・バンド等で活躍。指揮法をシャルル・ブリュックに師事。フランス・バロックやオペラはもとより、古典から現代にわたるシンフォニック・レパートリーも得意とし、これまでにベルリン・フィル、バイエルン放送響、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管、ドレスデン国立歌劇場管、パリ管、マーラー室内管、ヨーロッパ室内管、ロサンゼルス・フィル、クリーヴランド管等へ客演したほか、モネ劇場(ロッシーニ『チェネレントラ』)、チューリヒ歌劇場(ヘンデル『アグリッピーナ』)などで数々のオペラプロダクションを指揮している。
1982年、バロック・オーケストラ「レ・ミュジシャン・デュ・ルーヴル」を結成。パリ・オペラ座、シャトレ劇場、オペラ・コミック座等、パリの主要劇場で定期公演とともに、ヨーロッパ各都市で公演を行っており、2012年3月には、ウィーンのコンツェルトハウスにおいて、シューベルトの交響曲全曲演奏会を行い、大成功を収めた。
2008年シンフォニア・ヴァルソヴィア(ポーランド)の音楽監督に就任。また、2013年にはザルツブルク・モーツァルト音楽祭の芸術監督に就任予定。
これまでにドイツ・グラモフォン、エラート、EMI等から数多くのCD、DVDをリリースし、2007年からはレ・ミュジシャン・デュ・ルーヴル - グルノーブルと共に「Naïve」レーベル(仏)と契約。J.S.バッハ《ロ短調ミサ》、ハイドン「ロンドン・セット」、ベルリオーズ「夏の夜」&「イタリアのハロルド」、ヘンデル「水上の花火の音楽」など録音も多数。2004年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。ハイドン「ロンドン・セット」は2011年第49回レコードアカデミー賞大賞交響曲部門を受賞。

レ・ミュジシャン・デュ・ルーヴル - グルノーブル

Les Musiciens du Louvre Grenoble
© Elisabeth Carecchio
1982年、ミンコフスキによって創設。リュリの没後300年記念となったコメディ・バレエの録音を行い世界的な評価を確立。リュリ、ラモー、シャルパンティエ、マレ等のフランス・バロック作品のほか、1997年の『アリオダンテ』録音をはじめヘンデル作品でも大成功を収める。さらにモーツァルト、モンテヴェルディ、グルック、オッフェンバック等幅広いレパートリーを持ち、ザルツブルク音楽祭はじめ、世界各地の歌劇場・音楽祭に客演。世界最高のバロック・オーケストラの一つとして常に注目を集めている。録音も数多く、チェチーリア・バルトリとのアルバム『禁じられたオペラ』(2005年リリース)では「ミンコフスキとレ・ミュジシャン・デュ・ルーヴル - グルノーブルは官能的でありつつも勢いがあり、情熱的かつ繊細な色彩を描き出した」(リベラシオン)などと絶賛を集めた。1996年からグルノーブルを本拠地に定め、2005年からは同市の誇る総合芸術施設MC2と提携を結んでいる。2009年の初来日公演は、「音楽の友」誌の年間ランキングで第1位に輝いた。

オフィシャルサイト(フランス語) http://www.mdlg.net/

CD情報

シューベルト 交響曲全集
マルク・ミンコフスキ指揮 レ・ミュジシャン・デュ・ルーヴル - グルノーブル




レーベル:naïve http://www.naive.fr/
品番:輸入盤 V5299(国内盤 KKC-5236/39)
発売日:輸入盤 2012/10/13(国内盤 2012/10月末)





[動画]
Schubert: Complete Symphonies | Les Musiciens du Louvre Grenoble, Marc Minkowski(naiveclassique)


*曲目、出演者等は、変更になる場合がございますのでご了承ください。
*就学前のお子様の同伴・入場はご遠慮ください。
*ネットオークション等での営利目的の転売はお断りします。


主催:公益財団法人 東京オペラシティ文化財団
協賛:NTT都市開発株式会社

ページトップ

東京オペラシティ コンサートホール/リサイタルホール


閉じる