B→C バッハからコンテンポラリーへ
221 會田瑞樹(パーカッション)

チラシ拡大

日時:
2020年4月21日[火]19:00
会場:
リサイタルホール     ホールへの行き方

溢れんばかりの情熱で
新作初演を手がける気鋭のパーカッショニスト。
B→Cに登場!

インターネット予約

[東京オペラシティチケットセンター]
TEL.03-5353-9999

[出演]

會田瑞樹(パーカッション)

[共演]
ウェリ・ヘンドラッモコ(グンデル)*
金子展寛(箏)**

[曲目]

  • 石井眞木:サーティーン・ドラムス(1985) [膜質打楽器]
  • 會田瑞樹:グンデルとヴィブラフォンのための《Welly》(2018/2020、改訂版初演)* [グンデル、ヴィブラフォン]
  • ヘンドラッモコ:インバル・ワカナ(2018)* [ガンバン]
  • 薮田翔一:新作(2020、會田瑞樹委嘱作品、世界初演)*/** [箏、グンデル、打楽器]
  • 佐原詩音:ペトルンカムイ(2018) [ヴィブラフォン、金属打楽器]
  • 内藤明美:独奏打楽器奏者のための《砂の女》(2012) [ヴィブラフォン、金属打楽器、膜質打楽器]
  • 細川俊夫:新作(2020、會田瑞樹委嘱作品、世界初演) [ヴィブラフォン]
  • J.S.バッハ/白藤淳一 編:プレリュードとフーガBWV543 ** [箏、ヴィブラフォン]
  • 権代敦彦:光のヴァイブレーション(2016) [ヴィブラフォン]

  • チケット情報
  • 公演について
  • 出演者プロフィール

チケット情報

[料金]全席自由
¥3,000(税込)
[チケット発売日]
Arts友の会優先発売:1月17日[金](特典:10%割引)
「インターネット予約」会員優先発売:1月22日[水]
一般発売:1月24日[金]
[チケット取り扱い]

インターネット予約

公演について


© Shoichi YABUTA

ソロパーカッショニスト・會田瑞樹は、コンテンポラリー音楽の発展に功績を残してきたパイオニア達に打楽器を学び、自身も新しい音楽を紹介する存在でありたいとアクティヴに活動している気鋭。演奏をとおして「ゲンダイオンガクという響きの硬さを取り払い、知らない世界に飛び込むきっかけを伝えたい」と語る彼は、持ち前の情熱でさまざまな限界や制約を飛び越え、未来へ突き進んでいます。
「東洋と西洋が遭遇し、多様性をもつ世界を。さらに文化の交差点を表現したい」というB→C。中学生だった會田に強いインパクトを与えた石井作品から始まり、會田の自作、インドネシア音階と《うさぎとかめ》の旋律が可愛らしく融合する《インバル・ワカナ》へ。さらに箏、ガムラン楽器、打楽器がどう交差するのか興味深い薮田翔一の新作、アイヌ語で「川の神様」を意味する《ペトルンカムイ》と続きます。後半は安部公房の世界的ベストセラー小説を「女の目線」から音楽で描いた内藤作品や、細川俊夫が書き下ろすヴィブラフォン独奏曲、ルーツの異なる二つの楽器で表現するバッハを。そして鴨居玲の絵画「教会」(1996)にインスパイアされた権代敦彦の《光のヴァイブレーション》は、ヴィブラフォンの音色が千変万化し、壮大な祈りを感じることでしょう。音だけでなく、その所作までもが音楽となる打楽器の多彩な魅力が広がります。
今を生きる演奏家と作曲家が紡ぐ、みずみずしい音の誕生の瞬間、ぜひお立会いください!

出演者プロフィール

會田瑞樹(パーカッション)

Mizuki Aita, percussion
© Shoichi YABUTA
1988年宮城県仙台市出身。宮城県仙台第二高等学校を経て武蔵野音楽大学、および同大学院修士課程修了。佐々木祥、星律子、吉原すみれ、神谷百子、有賀誠門、藤本隆文の各氏に師事。日本現代音楽協会主催第9回現代音楽演奏コンクール「競楽Ⅸ」において第2位入賞。2016年NHK-BSプレミアム『クラシック倶楽部』出演。これまでに3枚のアルバム『with…』(朝日新聞推薦盤)『ヴィブラフォンのあるところ』(レコード芸術特選盤)『五線紙上の恋人』(レコード芸術準特選盤)を発表し、いずれも高い評価を得た。
打楽器のための新しいレパートリーの発展を活動の中心に据え、これまでに200作品以上の新作を初演。東京交響楽団、中国国家交響楽団、リトアニア・聖クリストファー室内合奏団との新作協奏曲初演をはじめ、国際交流基金アジアセンター主催事業「Notes」では自作曲初演を含むインドネシア公演を開催するなど海外での活動も積極的に行っている。2019年は自らの声を使った表現にも積極的に取り組んだほか、第10回JFC作曲賞へのノミネートを果たすなど、作曲活動へも力を注ぎ、垣根を超えた活動を展開している。

[仙台公演情報]
2020年4月18日[土]15:00開演(14:30開場)
会場:日立システムズホール仙台 交流ホール

[チケット料金](全席自由・税込)
¥2,000

チケット一般発売:2020年1月25日[土]

主催:公益財団法人 東京オペラシティ文化財団
共催:公益財団法人 仙台市市民文化事業団、エフエム仙台
後援:河北新報社、TBC東北放送、仙台放送、MMTミヤギテレビ、KHB東日本放送、NHK仙台放送局
協賛:日本生命保険相互会社

チケット取り扱い:仙台市市民文化事業団(日立システムズホール仙台) 022-727-1875
お問い合わせ:HAL PLANNING 022-262-1682


*曲目、演奏曲順、出演者等は、変更になる場合がございますのでご了承ください。
*就学前のお子様の同伴・入場はご遠慮ください。
*ネットオークション等での営利目的の転売はお断りします。


主催:公益財団法人 東京オペラシティ文化財団
協賛:日本生命保険相互会社

ページトップ

東京オペラシティ コンサートホール/リサイタルホール


閉じる