公演スケジュール

公演スケジュール

フィリップ・マヌリの音楽 The Music of Philippe Manoury

2019年6月13日[木]19:00
コンサートホール

ペーター・ルンデル(指揮)
Peter Rundel, conductor

マリオ・カローリ(フルート)
Mario Caroli, flute

東京都交響楽団
Tokyo Metropolitan Symphony Orchestra

ドビュッシー/マヌリ編:
管弦楽組曲第1番より《夢》
(1883/2011)[日本初演]

Debussy/Manoury:
Rêve from Première Suite d'Orchestre (1883/2011)
[Japanese premiere]

マヌリ:サッカード
〜 フルートとオーケストラのための(2018)[日本初演]

[東京オペラシティ文化財団、ケルン・ギュルツェニヒ管弦楽団、サンパウロ交響楽団、フランス放送フィルハーモニー管弦楽団共同委嘱作品]

Manoury:
Saccades pour flûte et orchestre (2018)
[Japanese premiere]

[Co-commissioned by Gürzenich-Orchester Köln, Orquestra Sinfônica do Estado de São Paulo, Orchestre Philharmonique de Radio France, Tokyo Opera City Cultural Foundation]

マヌリ:響きと怒り
〜オーケストラのための(1998-99/2016)[日本初演]

Manoury:
Sound and Fury pour grand orchestre (1998-99/2016)
[Japanese premiere]

全席指定:
一般 ¥3,000 学生 ¥1,000(税込)

*曲目、出演者等は、変更になる場合がございますのでご了承ください。
*就学前のお子様の同伴・入場はご遠慮ください。
*ネットオークション等での営利目的の転売はお断りします。

公演について

拓かれる新たな音響世界。浮かび上がるマヌリの音楽哲学。

常に聴衆を魅了してきた作曲家フィリップ・マヌリの作品から、オーケストラ作品3曲をお届けします。
まずは、オーケストラ版が消失していたドビュッシーの《管弦楽組曲第1番》第3曲《夢》にマヌリがオーケストレーションを施したもの。続くフルート協奏曲《サッカード》は、当財団も共同委嘱に参画し、昨年7月、エマニュエル・パユをソリストに、ロト指揮ケルン・ギュルツェニヒ管弦楽団で世界初演されました。断続的に起こる急速な運動という意味のタイトルを想起させるフルート独奏を、超絶的なテクニックと読み込みの深さで現代作品に定評のある、マリオ・カローリが奏でます。
演奏会後半は《響きと怒り》。マヌリと縁の深いブーレーズの生誕75年を記念しシカゴ響とクリーヴランド管が委嘱、ブーレーズの指揮により初演されました。100名以上の大編成オーケストラを使い、弦楽器や金管楽器を左右二群に分けるなどユニークな配置を採用、音響を縦横無尽に展開させ、オーケストラという伝統的な素材に新たな世界が拓いたような感覚を覚えます。いずれも日本初演となるフィリップ・マヌリ作品個展で、この作曲家が描き出す音楽の世界を堪能ください。

参考動画

「マヌリ:サッカード」世界初演時(2018年7月)の動画
エマニュエル・パユ(フルート)
フランソワ=グザヴィエ・ロト(指揮)
ケルン・ギュルツェニヒ管弦楽団

PAGE TOP