ムービー
Movie

石元泰博写真展 関連企画 対談シリーズ

写真家・石元泰博(1921-2012)の生誕100年を祝し、東京都写真美術館、東京オペラシティアートギャラリー、高知県立美術館の共同企画、「生誕100年石元泰博写真展」を各会場で開催、過去最大規模で石元泰博の作品を詳らかにします。 本動画は、写真家・石元泰博と出会い、関わり、共鳴したさまざまな人々が『石元泰博―写真という思考』著者・森山明子(武蔵野美術大学教授)と語らいます。石元泰博の仕事、人生、その魅力を存分にお楽しみください。

  • 【vol.3】
    自作の撮影を依頼するなど石元と深く交流した建築家の内藤廣氏が、石元の撮影の様子、戦後「建築写真」における特異な位置、さらに近代的な分裂を生きた制作者としての姿まで、渾身の石元論を語ります。
  • 【vol.2】
    石元泰博「桂離宮」シリーズのポートフォリオのプリントを石元から任され担当 した写真家の原直久氏が、制作者の立場から石元との出会いとその素顔、そして プリントでの苦労まで、さまざまに語ります。
  • 【vol.1】
    初回は、写真評論家の飯沢耕太郎氏にご登場いただきました。「写真界の“まれびと”としての石元」など、石元の仕事を読み解く上で重要な手掛かりとなるお話をたくさんお聞かせくださいました。ぜひご覧ください。