展覧会について
Exhibition

〈革命家でありながら、花を愛することは可能か〉

日本のいけばなに触発され、2011年から継続的に制作されているシリーズ。シリーズのタイトルは、マルセル・リーブマンによるレーニン伝の一節からとられたものであることをはじめ、作品はそれぞれ一冊の本に由来していて、題名や著者、花材名、本の一節が作品とともに展示されます。
「花に翻訳された本の図書館」ともいうべきこのシリーズは、文学、哲学、人類学など多岐にわたるまずはその並びに、アンロの視点と興味の幅広さが見てとれます。ひとつひとつの作品に目を向けると、本と花の取り合わせにも意図がありそうです。形状はもちろん、本の内容と花の名前(俗名/学名)に語呂合わせがあったり、その花のもつ文化的な背景を呼応させていたりします。アンロの真摯かつ遊び心に溢れた思考や感性に、鑑賞者それぞれの創造力は刺激されることでしょう。いけばな草月流の協力で制作される今回の展示に、作家自身も心を躍らせています。

制作協力:本江霞庭、中田和子(いけばな草月流)

〈革命家でありながら、花を愛することは可能か〉
2011- ミクストメディア
ギャラリー・カメル・メヌールでの展示風景(2012)
photo: Fabrice Seixas
《源氏物語 紫式部》
2014 ミクストメディア
シンケル・パヴィリオンでの展示風景(2014)

courtesy the artist and galerie kamel mennour (Paris/London) Metro Pictures (New York) KÖNIG GALERIE (Berlin)
© ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo 2019

ドローイング

作家活動の初期から描き続けているドローイングは、アンロの興味の対象、思考の過程に直に触れることができる作品です。世界をあまねく規定するシステムと、人間の感情、空想といった内的な世界の関係性を観察するアンロのするどい視点が、のびやかな筆致のユーモアに溢れた画面に描き出されています。

《矛盾したメッセージを送る》
2018 水彩、紙
《どれにしよう》
2019 インク、紙

courtesy the artist and galerie kamel mennour (Paris/London) Metro Pictures (New York) KÖNIG GALERIE (Berlin)
© ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo 2019

《偉大なる疲労》

国立スミソニアン博物館で特別研究員として行った膨大なアーカイヴの調査にもとづいて制作された作品。人間のもつ「知りたい」という欲求から生まれた博物学への接近により、アンロは採集・分類の過程を踏まえたうえで独自の創造へと自らを解き放ちます。ヒップホップのリズムにのせたラッパーの語りによって紡がれる世界の始原、各地の神話や宗教、生命の歴史への考察と、次々に切り替わるデスクトップ画面が表すインターネット社会の膨大な情報の並置と交錯。アンロの作品は、それらをもってしても世界の全容は解明し得ないこと、また、だからこそ人間にはまだ探求する余地が残されていることを明らかにし、それを祝福していると考えることもできるでしょう。
2013年第55回ヴェネチア・ビエンナーレ銀獅子賞受賞作品。

《偉大なる疲労》
2013 ヴィデオ 13分

courtesy the artist, Silex Films, galerie kamel mennour (Paris/London) Metro Pictures (New York) KÖNIG GALERIE (Berlin)
© ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo 2019

《青い狐》

アフリカ・ドゴン族の創世神話に関する研究書『青い狐 ドゴンの宇宙哲学』(M・グリオール、G・ディテルラン共著)をもとに、ドイツの哲学者ライプニッツの原理を重ね、世界の秩序と多義性を空間全体を使って分析・構成した重層的なインスタレーション。四面の壁にはライプニッツの四つの原理がそれぞれ割り当てられ、宇宙の生成や人間の成長のステージ、四元素といった項目も加わって考察されています。圧倒的な量の物と情報の集積、その分類/混沌のないまぜなさまは、アンロが見て考えた万物のありようそのものといえるでしょう。《偉大なる疲労》と双子の作品ともいうべきこのインスタレーションは、彼女の強迫観念的ともいえる好奇心と考察を示し、人類の知への欲求とともにその限界をも、創造の力によって具現化しています。

《青い狐》
2014 ミクストメディア
パレ・ド・トーキョーでの展示風景(2017)
photo: Zachary Tyler Newton

courtesy the artist and galerie kamel mennour (Paris/London) Metro Pictures (New York) KÖNIG GALERIE (Berlin)
© ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo 2019