イントロダクション
Introduction

1978年フランス生まれのカミーユ・アンロは、映像、彫刻、ドローイング、インスタレーションなどさまざまなメディアを駆使して「知」と「創造」の新しい地平を探求する作家です。作品は、旺盛な知的好奇心に突き動かされた膨大なリサーチにもとづき、その範囲は文学、哲学、人類学、デジタル化された現代の情報化社会など多岐にわたります。しかしそれらを単なる情報として操作するのではなく、自分なりに咀嚼し、受容することによって広義の教養(すべてのものから学び、内在化したうえで活かすもの)として、天地万有的(ユニバーサル)ともいえる秩序と混沌の両義性をもった作品へとおおらかに昇華させるのが、アンロの最大の魅力です。

こうした彼女の制作は、映像作品《偉大なる疲労》で2013年第55回ヴェネチア・ビエンナーレの銀獅子賞を受賞したことで国際的に知られることとなり、2017年にはパレ・ド・トーキョー(パリ)にて、全館を使った"carte blanche"(全権委任・自由裁量)の個展開催の権利を与えられた史上三人目の作家となるなど、現代美術家としておおいに注目を集めています。

日本においてアンロの作品は映像を中心に紹介されてきました。本展は、大型のインスタレーション作品を含めた作家のこれまでと現在を、初めて総合的に展示する機会となります。草月流の全面的な協力を得て会場で制作されるいけばなの作品は、日本での開催ならではの試みでもあります。

彼女のあくなき知への冒険を共にたどる今回の展示は、私たちの身の回りをはじめとする世界への視点、そして真の知識・教養とはなにかを考えさせてくれるでしょう。情報化された現代社会において、情報自体を手に入れることは以前よりずっとたやすくなりました。しかしその分、ひとつひとつの情報をその来歴や背景を含めて読み込み、大切に扱う姿勢を失ってしまった部分があるかもしれません。アンロの探究は「知りたい」という素直な欲求にもとづくものですが、その作品からは、わかることの喜びと同じくらい、わからないことがあるということを自覚し、それに対しても喜びを感じていることが見てとれます。それは、咀嚼の過程がものごとへの敬意と感謝に裏打ちされ、対象に対して謙虚であるからこそ生じることではないでしょうか。

アンロの作品の数々を通して、探求の先の答えは一つに収斂されることはないこと、さまざまな矛盾や多義性の混沌のなかにこそ世界の理(ことわり)と創造の源があることを体感していただけることでしょう。

〈革命家でありながら、花を愛することは可能か〉
2011- ミクストメディア
ギャラリー・カメル・メヌールでの展示風景(2012)
photo: Fabrice Seixas
《青い狐》 
2014
パレ・ド・トーキョーでの展示風景(2017)
photo: Zachary Tyler Newton

courtesy the artist and galerie kamel mennour (Paris/London) Metro Pictures (New York) KÖNIG GALERIE (Berlin)
© ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo 2019