[展覧会] これからの展覧会

2014.10.18[土]- 12.23[火]

ザハ・ハディド ギャラリー 1&2

バグダッド生まれ、ロンドン在住の建築家ザハ・ハディドは、現代の建築界をリードし、世界を席巻するまさに「旬」の建築家です。当初はその前衛的なデザインにより実際に建設されることはなく、「アンビルトの女王」との異名が与えられていました。しかし、実現不可能と言われ続けた彼女のデザインに現実が追いついたかのように、現在は大規模なコンペで次々に勝利を重ね、世界44か国でプロジェクトが進行しています。2004年には女性初・史上最年少でプリツカー賞を受賞。そして〈新国立競技場〉国際デザイン・コンクールの勝利で、ついに日本での建設が決定しました。本展はこれまでの代表作や最新の実作品など、ザハの建築思想を総合的に紹介します。

photo: Steve Double© Zaha Hadid Architects

photo: Steve Double
© Zaha Hadid Architects

収蔵品展 049
抽象の楽しみ ギャラリー 3&4

project N 58
高畠依子 4Fコリドール

2015.01.17[土]- 03.29[日]

スイス・デザインの150年 ギャラリー 1&2

永世中立国として独自の道を歩んできたスイスは、デザインの分野でも質の高さとユニークさで世界の注目をあつめる国のひとつです。実用性と機能性を好み、伝統と最新技術を融合させながら手仕事的なぬくもりと美しさを愛するスイス人気質は、「スイス・ブランド」として現在に受け継がれています。日本とスイスの国交樹立150年にあわせて開催される本展は、近代デザインの前史・草創期である19世紀から開花を迎える20世紀、そして多様な価値観とアイデアの展開する現在まで、世界に向けて発信されたプロダクト、グラフィック、建築、インテリアなどにスポットをあて、機能美とクラフトマンシップの息づくスイス・デザインの全貌を紹介します。

《オフィサーナイフ 1897年》ビクトリノックス
© Victorinox

《オフィサーナイフ 1897年》
ビクトリノックス
© Victorinox

収蔵品展 050
木を彫る ギャラリー 3&4

project N 59
河合真里 4Fコリドール

TODAY'S ART GALLERY

  • 2014年9月23日[火]
    展示替えのため休館中
東京オペラシティ アートギャラリー 公式FaceBook