B→C バッハからコンテンポラリーへ
214 藤元高輝(ギター)

チラシ拡大

日時:
2019年9月10日[火]19:00
会場:
リサイタルホール     ホールへの行き方

一本のギターで楽しむ、様々な時代の多彩な表現。
更なる進化をつづける、若き精鋭のB→C。

インターネット予約

[東京オペラシティチケットセンター]
TEL.03-5353-9999

[出演]

藤元高輝(ギター)

[曲目]

  • ヘンツェ:《王宮の冬の音楽 ─ ソナタ第1番》から「グロスター」(1975〜76)
  • J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第3番 ハ長調 BWV1005
  • アセンシオ:内なる想い(1965)
  • カステルヌオーヴォ=テデスコ:悪魔の奇想曲 op.85
  • ソル:グランド・ソナタ第2番 op.25
  • 伊左治 直:新作(2019、藤元高輝委嘱作品、世界初演)

  • チケット情報
  • 公演について
  • 出演者プロフィール

チケット情報

[料金]全席自由
¥3,000(税込)
[チケット発売日]
Arts友の会優先発売:5月11日[土](特典:10%割引)
「インターネット予約」会員優先発売:5月16日[木]
一般発売:5月18日[土]
[チケット取り扱い]

インターネット予約

公演について


© Hasumi Yamato

2011年の東京国際ギターコンクール優勝者、藤元高輝は10代の頃から卓越した技巧で存在感を見せ、コンテンポラリーの演奏にも定評ある若き精鋭。見通しのよい明晰な音楽づくりと多彩な音のパレットから紡がれる彼の演奏は、ギタリストという枠組みにとらわれず作曲や指揮も学んできたことで、より良いシナジー効果も得られているようです。
「クラシック音楽は時代精神に合わせて変わっていくものであり、それが良さ」と語る彼は、今回、後世の作曲家たちに今なお強い影響を与え続けているバッハを基点に、時代によってギターがどのような使われ方をされているか?を意識しました。
シェイクスピア戯曲の登場人物が題材となっているヘンツェ作品から、明るく神聖な雰囲気が漂うバッハへ。巨匠イエペスの師としても知られるアセンシオの《内なる想い》は、スペインの国民楽派、印象主義的な香り漂う小品。イエペスによって開発されたギターテクニックが余すところなく使われ、“いわばギタリストにとっての宝石箱”のような組曲です。パガニーニ作品の引用がいくつか現れ、ヴィルトゥオージティ溢れる《悪魔の奇想曲》。“ギターのベートーヴェン”の異名をもち、クラシックギター黄金期を代表するソルの大作ソナタ。そして藤元にとって作曲の師であり、ファンと明言する伊左治直の新作と、19〜21世紀の作品までまんべんなく並びました。一本のギターで様々な時代の、多彩な表現を味わえる一夜です。

出演者プロフィール

藤元高輝(ギター)

Koki Fujimoto, guitar
© Hasumi Yamato
1992年東京都出身。3歳より父からギターの手ほどきを受ける。これまでに村治昇、新井伴典、荘村清志、江間常夫の各氏に師事。同時に国内外のギタリストのマスタークラスを多数受講。作曲を塩崎美幸、植田彰、伊左治直の各氏に師事。指揮を本多優之氏に師事。フォンテックより、2007年にCD『バルトーク/ルーマニア民族舞曲』を、2016年に『武満徹/ギター作品集』を発表している。2008年ドイツ3都市(ボン、ケルン、デュッセルドルフ)にてソロコンサートを行う。2014年作曲家今村俊博とのパフォーマンスデュオ「s.b.r.」結成。
2008年ヴァイカースハイム国際ギターフェスティバルコンクール部門第1位(ドイツ)、2009年ハインスベルグ国際ギターコンクール第2位(ドイツ)、2010年アジア国際ギターフェスティバルコンクール部門第1位(タイ)、2011年東京国際ギターコンクール第1位、2012年日本ギター重奏コンクール優勝(小暮浩史とのデュオ「こーき&ひろし」として)、2018年コブレンツ国際ギターコンクール第2位(ドイツ)受賞。
*曲目、演奏曲順、出演者等は、変更になる場合がございますのでご了承ください。
*就学前のお子様の同伴・入場はご遠慮ください。
*ネットオークション等での営利目的の転売はお断りします。


主催:公益財団法人 東京オペラシティ文化財団
協賛:日本生命保険相互会社

ページトップ

東京オペラシティ コンサートホール/リサイタルホール


閉じる