B→C バッハからコンテンポラリーへ
212 黒岩航紀(ピアノ)

チラシ拡大

日時:
2019年5月21日[火]19:00
会場:
リサイタルホール     ホールへの行き方

2015年日本音楽コンクール優勝の若き俊英。
宗教的かつ神秘的な意味をもつ作品を中心に、
壮大な世界が広がる、充実のプログラム。

[出演]

黒岩航紀(ピアノ)

[曲目]

  • J.S.バッハ:パルティータ第2番 ハ短調 BWV826
  • リスト:前奏曲《泣き、嘆き、悲しみ、おののき》S179
  • ラウタヴァーラ:イコン op.6(1955)
  • レヴィツキ:魅せられたニンフ
  • スクリャービン:焔に向かって op.72
  • J.S.バッハ/ブゾーニ編:来たれ、異教徒の救い主よ BWV659
  • J.S.バッハ/ブゾーニ編:われ汝に呼ばわる、主イエス・キリストよ BWV639
  • スクリャービン:ピアノ・ソナタ第7番「白ミサ」op.64
  • メシアン:《幼子イエスに注ぐ20のまなざし》から「喜びの聖霊のまなざし」
  • 西村 朗:神秘の鐘(2006)

  • チケット情報
  • 公演について
  • 出演者プロフィール

チケット情報

[料金]全席自由
¥3,000(税込)
[チケット発売日]
Arts友の会優先発売:1月18日[金](特典:10%割引)
「インターネット予約」会員優先発売:1月23日[水]
一般発売:1月25日[金]
[チケット取り扱い]

公演について


©武藤 章

黒岩航紀は多彩な表現力と超絶技巧、そしてスケールの大きな音楽づくりが魅力のピアニスト。2015年日本音楽コンクール1位や、2017年度青山音楽賞新人賞の受賞といった実績のみならず、ソリスト、室内楽いずれにおいても、その実力は高く評価され、これからの活躍が大いに期待される逸材です。
B→Cで披露するのは、彼がずっと心にあたため、機が熟すのを待っていたと語るプログラム。リスト、ラウタヴァーラ、レヴィツキ、スクリャービン、メシアンなど、音楽的なスタイルはそれぞれ異なれど、「宗教的なテーマ、あるいは神秘的な意味をもつ作品」を中心に、一切の妥協なく、こだわりぬいた選曲は、一曲一曲の個性がとても自然に連なり、冒頭のバッハから最後の西村作品まで、壮大で一貫した世界観が広がることでしょう。
音楽のこととなると、誰よりも熱くストイックな若き俊英が、「あらゆる音色と表現が必要不可欠であり、奏者の人間性、感情や情緒も露わになるような、重く深い内容。宗教的ながら、どこか生々しく、凄まじいエネルギーを放つ。そんなリサイタルにできれば…」と、音楽の、人間の真髄に迫る演奏をめざします!

出演者プロフィール

黒岩航紀(ピアノ)

Koki Kuroiwa, piano
©武藤 章
1992年神奈川県出身、栃木県に育つ。東京藝術大学ピアノ科を首席で卒業。同大学院修士課程修了後、リスト音楽院にて研鑽を積む。第11回東京音楽コンクール第1位及び聴衆賞。第19回松方ホール音楽賞。第84回日本音楽コンクール第1位。第13回ヘイスティングス国際ピアノコンチェルトコンペティション第4位及びオーケストラプライズ。インムジカローマ国際ピアノコンクール2018第3位。第27回青山音楽賞新人賞。NHK-FM『ベスト・オブ・クラシック』『リサイタル・ノヴァ』に多数出演。これまでに東京フィルハーモニー交響楽団、東京交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、ロイヤルフィルハーモニックオーケストラ(英国)等と共演。2017年にはロシア・サンクトペテルブルクより招聘され、アレクサンドル・ティトフ指揮、サンクトペテルブルク国立アカデミーオーケストラとブラームス《ピアノ協奏曲第1番》を共演し、音楽監督セルゲイ・ロルドゥギンに絶賛される。芹沢直美、秦はるひ、江口玲、ファルヴァイ・シャーンドルの各氏に師事。
(公財)青山音楽財団奨学生。宗次エンジェル基金/(公財)日本演奏連盟新進演奏家国内奨学金制度奨学生。(公財)ロームミュージックファンデーション奨学生。2017年デビューCD『sailing day』をリリース。

*曲目、演奏曲順、出演者等は、変更になる場合がございますのでご了承ください。
*就学前のお子様の同伴・入場はご遠慮ください。
*ネットオークション等での営利目的の転売はお断りします。


主催:公益財団法人 東京オペラシティ文化財団
協賛:日本生命保険相互会社

ページトップ

東京オペラシティ コンサートホール/リサイタルホール


閉じる