池辺晋一郎 プロデュース
日本の現代音楽、創作の軌跡
第1回「生誕90年〜1929年生まれの5人」

チラシ拡大

日時:
2019年7月12日[金]19:00
会場:
リサイタルホール     ホールへの行き方

新シリーズ。
未来へ伝えたい。日本の現代音楽界を切り拓き、高めてきた先達の辿った道。

予定枚数終了

[東京オペラシティチケットセンター]
TEL.03-5353-9999

[出演]

池辺晋一郎(お話)
野平一郎(ピアノ) 古典四重奏団
キハラ良尚(指揮) 成田達輝(ヴァイオリン) 山澤 慧(チェロ) 黒木岩寿(コントラバス)
木ノ脇道元(フルート) 荒木奏美(オーボエ) 亀井良信(クラリネット) 福士マリ子(ファゴット)
日橋辰朗(ホルン) 辻本憲一(トランペット) 古賀 光(トロンボーン) 安江佐和子(打楽器)

[曲目]

今回の演奏曲について[執筆:西 耕一]
  • 湯浅譲二(1929〜)
    7人の奏者のためのプロジェクションズ(1955/56)

    90歳になる今年も音楽界の最先端を走り続ける湯浅。その創作は、未だ誰も聴いたことのないような「未聴感」がテーマである。響き、発想、時間の捉え方、様々に新たな試みを行ってきた。この曲は湯浅が26歳で書いた最初期の音楽である。12音技法を使いつつも時間構造へ東洋的なアプローチを行い、早坂文雄に称賛を受けた。

  • 矢代秋雄(1929〜1976)
    弦楽四重奏曲(1955)

    早熟な才能と最高の師匠に恵まれたアカデミズムの申し子が矢代。ドイツ系の諸井三郎、フランス系の池内友次郎、独学系の伊福部昭、そして前衛、新民謡、映画音楽まで自由な発想とマルチな才能を発揮した橋本國彦に師事したあと給費留学生として渡仏。約五年に及ぶパリ修行の総仕上げとして、この弦楽四重奏曲が作られた。

  • 松村禎三(1929〜2007)
    アプサラスの庭(1971)

    アジア的な発想、生命の根源に直結したエネルギー、音楽のリアリティーを求めた松村。若き日に結核で5年半にわたって生と死の境をさまよい、臥して起き上がることもできず病室の天井を眺めた。その天井にある小さなシミを見つめ、広大無辺な宇宙を透かし見る無限の想像力が松村なのである。一つの音が増幅され宇宙となる。

  • 間宮芳生(1929〜)
    ヴァイオリン、ピアノ、打楽器とコントラバスのためのソナタ(1966)

    現代音楽では「ジャズとクラシックの融合」なる実験は多く試みられてきた。そこから抜きん出た完成度を誇るのがこの曲。とにかくカッコいい!この曲はオペラシティをジャズ空間に誘い込んでくれるような魅力もある。冷静と熱情の交錯。足の裏から感じる大地の音。西洋と東洋という対立だけでない世界を「ソナタ」として結実させた。

  • 黛 敏郎(1929〜1997)
    10楽器のためのディヴェルティメント(1948)

    日本現代音楽史上の傑作《涅槃交響曲》を28歳で発表したマユズミ。そのデビューは19歳で作られたこの曲。戦後の焼け野原から新鮮な感覚で颯爽たるデビューを飾り、バタ臭くも型破り、才気に溢れた個性を世間に知らしめた。初演評は「こんな奇才がひからびた上野の伝統の中から生まれたことは痛快」(園部三郎)。

  • チケット情報
  • 公演について

チケット情報

[料金](全席自由・税込)
一般:¥4,000 学生:¥2,000
[チケット発売日]
Arts友の会優先発売 :2月16日[土](特典:10%割引)
「インターネット予約」会員優先発売:2月21日[木]
一般発売 :2月23日[土]
[チケット取り扱い]

予定枚数終了

公演について

東京オペラシティ リサイタルホールを舞台に、当財団のミュージック・ディレクター池辺晋一郎が新シリーズを立ち上げます。
すでに長い歴史を持つ我が国の作曲活動。今あらためて、日本の現代音楽が歩んで来た道程を振り返り、そのなかから選りすぐりの作品をお聴きいただきたいと池辺晋一郎が企画したのが本演奏会です。同時に、道を切り拓いてきた作曲家たちと彼らが生み出してきた作品を間近で見聴きしてきた池辺が、自身の言葉で、作曲家の人となりや時代の空気を次の世代へと伝えたい、そのような思いでプロデュースしました。出演者もこの観点から、作曲家や作品を良く知る演奏家と、現在活躍している若手中堅を組み合わせ、その経験や考えを、お客様とともに未来へつないでいくことができたら、と考えています。

公演に寄せて

撮影:武藤章

日本の作曲家を語るとなると、ふつうは明治以降を考えるだろう。だが、それ以前に作曲をする人がいなかったわけではない。《小督の曲》や《長恨歌》を作った山田検校(1757〜1817)が、またその前には《六段の調べ》の八橋検校(1614?〜85)がいた。能楽に偉大な足跡を遺した世阿弥(1363?〜1443?)は、今でいうなら一種のオペラ作曲家ではないか。
さて、明治以降。僕の視座で話すことをお許し願いたい。それにはワケがある。1943年生まれの僕の立ち位置が、まさに「つなぎめ」だと感じるからである。
明治以降の日本の作曲界は、まず滝廉太郎、小松耕輔らで開花し、山田耕筰から諸井三郎、池内友次郎、橋本國彦らを経てくるわけだが、大正末期=1920年あたりから、堰を切ったように、何人もの ── というより大勢の才能が誕生してくることになる。とくに集中するのが1929〜33年。いわゆる「昭和ひと桁」だ。
軍国政権下に育ち、戦争と思春期が重なり、戦後ただちに成熟を迎える世代。時代との関わりについてえぐっていけば興味ある論考が成るだろうが、それは僕の任ではない。すでに優れた音楽学者たちが試みているし、今後も現れるだろう。このシリーズでは、ひたすら「音」に、すなわちそれぞれの作品を「聴く」ことに専念していきたい。
まず今回は、この最初の年=1929(昭和4)年生まれの作曲家たちに絞った。矢代秋雄、黛敏郎、松村禎三、湯浅譲二、間宮芳生(敬称を略させていただく)。
音楽上の主張も、傾向も作風も、まったく異なる5人と言っていい。夭折ゆえに成したジャンルが限られる矢代は別として、いずれもいわゆるコンサート用音楽のみならず、オペラや童謡あるいは映画や演劇など、広い分野にわたって素晴らしい仕事をした。
僕は、常に「昭和ひと桁」世代に牽引されてきた。そしてその特質にかろうじてつながっていると感じる。僕のあと、明らかに変わる。何というか、仕事が分化する。はじめに「つなぎめ」と言ったのは、そのような意味である。その意識をもって、この企画に携わっていきたいと考えている。

池辺晋一郎

*曲目、出演者等は、変更になる場合がございますのでご了承ください。
*就学前のお子様の同伴・入場はご遠慮ください。
*ネットオークション等での営利目的の転売はお断りします。


主催:公益財団法人 東京オペラシティ文化財団
協賛:日本生命保険相互会社/ジャパンリアルエステイト投資法人/NTT都市開発株式会社

ページトップ

東京オペラシティ コンサートホール/リサイタルホール


閉じる