B→C バッハからコンテンポラリーへ
136 竹島悟史(パーカッション)

B→C バッハからコンテンポラリーへ 136 竹島悟史(パーカッション)チラシ

チラシ拡大

日時:
2011年11月1日[火]19:00
会場:
リサイタルホール     ホールへの行き方

表現手段を自在に操る“音楽家”が、今回は“打楽器奏者”として、ストイックに臨むB→C!
まさに挑戦づくしのオール・ソロリサイタル。

  • 【アンコール曲】 竹島悟史:Let's!![マリンバ・ソロ]

[出演]

竹島悟史(Perc)

[曲目]

  • N.A.フーバー:クラッシュ・ミュージック(1988) [シンバル・ソロ]
  • A.マッソン:プリム(1984) [スネアドラム・ソロ]
  • 竹島悟史:銀の滴(2006) [グロッケンシュピール・ソロ]
  • B.ジネー:《太鼓のためのエチュード》(1995~2000)から第2番「ザッツ」 [トムトム・ソロ]
    *既に配布されている公演チラシ等では、B.ジネー:《太鼓のためのエチュード》から第5番「タール」となっておりますが、正しくは上記の通りです。(2011/9/1)
  • F.ドナトーニ:オマー(1985) [ヴィブラフォン・ソロ]
  • N.J.ジブコヴィッチ:たかがリズム、されどリズム op.21(1990/91) [マルチパーカッション・ソロ]
  • J.S.バッハ:《無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第2番》ニ短調BWV1004から「シャコンヌ」 [マリンバ・ソロ]
  • 竹島悟史:手紙(2004)[マリンバ・ソロ]

  • チケット情報
  • 公演について
  • 出演者プロフィール

チケット情報

[料金]全席自由
¥3,000(税込)
[チケット発売日]
Arts友の会優先発売 :6月17日[金](特典:10%割引)
一般発売 :6月24日[金]]
インターネット予約受付開始(予定) :6月28日[火]10:00~
[チケット取り扱い]
東京オペラシティチケットセンター 03-5353-9999
チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:139-474)

公演について

表現手段を自在に操る“音楽家”が、今回は“打楽器奏者”として、ストイックに臨むB→C!
まさに挑戦づくしのオール・ソロリサイタル。


©大窪道治
打楽器奏者のみならず、作曲家、編曲家、ピアニストとマルチな才能を持ち、まさに“音楽家”という一言がふさわしい竹島悟史。本人でさえ「うわぁ、僕もこんなプログラムを演奏することがあるのかぁ・・・(笑)。」と言う位、これまでと全く違う「新しい“打楽器奏者・竹島悟史”」の世界をお届けします。

彼が2年に一度開催している「Sound garden」公演で意識していたのは、たくさんの人々を音楽でつなぐパーティーのようなイメージであり、どの楽器を演奏しているか・・・よりも“音楽を演奏している”ということでした。片やB→Cでは打楽器の演奏というものに対し、とことんストイックに突き詰めていこうという感覚と、N響打楽器奏者というキャリアの持ち主らしい“オーケストラ奏者のソロ”というテーマを盛り込みます。というのも、打楽器のソロ曲、リサイタルピースにはたくさんの打楽器を並べ、色々な音を出すというものが多いけれど、オーケストラでは普段、一度に1種類か2種類、多くても5種類くらいの楽器しか担当しない。よって基本的に「一つの楽器のために書かれた曲」を並べ、マルチパーカッションの作品も他の曲で使用した楽器を集めたようなものを選んだのだそう。加えて自作曲以外は初披露。彼の音楽や作品から滲み出る「温かさ」とはまた違う世界がどう表現されるのか・・・? 興味が尽きない、挑戦づくしのオール・ソロリサイタルをお聴き逃しなく!!

出演者プロフィール

竹島悟史(パーカッション)

Satoshi Takeshima, percussion
©大窪道治
神奈川県出身。ヤマハ音楽教室にて音楽を学び、16歳で、自作曲《望郷》を群馬交響楽団と協演。その後も作曲、ピアノ、指揮法、クラリネットなどを専門的に学ぶうち、最終的に打楽器を音楽活動の柱として歩み始める。東京藝術大学音楽学部器楽科打楽器専攻卒業。在学中、第13回日本管打楽器コンクール打楽器部門第2位受賞。クラシック音楽の打楽器奏者として、サイトウ・キネン・フェスティバル松本に参加する他、スタイルやジャンルの「枠」を超えた幅広いフィールドで、常に第一線で活躍している。そして“ピアニスト”や“作・編曲家”としての顔も持ち、それぞれの音楽活動に真摯な姿勢を示し、沸々とした体温のある音の数々は、多くの人の心を潤し続けている。あらゆるシーンで信頼を受け、今後の活動に大きな注目を集めている新進気鋭の“音楽家”である。現在、NHK交響楽団打楽器奏者。洗足学園音楽大学講師。Percussion Unit“UNZARI”、室内オーケストラ「ARCUS」、なぎさブラスゾリステンのメンバー。ソリストとして、これまでにNHK交響楽団や東京フィルハーモニー交響楽団などと協演。2006年よりリサイタルシリーズ「竹島悟史 Sound garden」を始動。

ブログ“竹島悟史 Sound garden”
http://soundgarden.air-nifty.com/
*曲目、演奏曲順、出演者等は、変更になる場合がございますのでご了承ください。
*就学前のお子様の同伴・入場はご遠慮ください。
*ネットオークション等での営利目的の転売はお断りします。


主催:東京オペラシティ文化財団
協賛:日本生命保険相互会社

ページトップ

東京オペラシティ コンサートホール/リサイタルホール


閉じる