B→C バッハからコンテンポラリーへ
204 守岡未央(トランペット)

チラシ拡大

日時:
2018年9月18日[火]19:00
会場:
リサイタルホール     ホールへの行き方

2015年日本音楽コンクールの優勝者。
美しく輝かしい音色、
真摯に紡ぐ表現力が魅力の若きホープ。

インターネット予約

[東京オペラシティチケットセンター]
TEL.03-5353-9999

[出演]

守岡未央(トランペット)

[共演]
松下倫士(チェンバロ/ピアノ)*
金子鈴太郎(チェロ)**

[曲目]

  • シュテルツェル/J.S.バッハ:御身がともにあるならば BWV508 */**
  • J.S.バッハ:協奏曲 ニ長調 BWV972 */**
  • アルビノーニ:5声のソナタ ト短調 op.2-11 */**
  • テレマン:トランペット協奏曲 ニ長調 TWV51: D7 */**
  • エネスク:レジェンド *
  • ボザ:バディナーゼ(1950)*
  • ラフマニノフ:《12のロマンス》op.21 から「ここは素晴らしい場所」*
  • 松下倫士:新作(2018、守岡未央委嘱作品、世界初演)
  • スノウ:冬(1999)*

  • チケット情報
  • 公演について
  • 出演者プロフィール

チケット情報

[料金]全席自由
¥3,000(税込)
[チケット発売日]
Arts友の会優先発売:5月12日[土](特典:10%割引)
「インターネット予約」会員優先発売:5月17日[木]
一般発売:5月19日[土]
[チケット取り扱い]

インターネット予約

公演について


© Mitsuhiro KOJIMA

美しく輝かしい音色と、真摯に紡ぎだす表現力をたっぷり味わってほしい。2015年の日本音楽コンクール優勝者、守岡未央の演奏を聴くと、そんな気持ちが強く湧いてきます。
「私の中でトランペットの神様といえば、モーリス・アンドレ。あんな風に優雅にピッコロトランペットを演奏するのが目標でした。今回のリサイタルをきっかけにバロックや古典派の作品をより深く学びたいと思い、選んだプログラムです」と語るように、前半のバロック作品はピッコロトランペットをメインに、チェロ、チェンバロのトリオという、こだわりの編成でアプローチ。かねてより高く評価されてきた、彼女のピッコロトランペットの演奏も、今回の大きな聴きどころです。
一転、エネスク作品から始まる後半は、さまざまな情緒が呼び起される素敵な作品たち。加えて今回の共演者であり、前半4曲の編曲も手掛けた松下倫士による新作の無伴奏曲は、彼女をイメージし描く作品になるとか…。
音色は人それぞれ全くちがい、奏でる人の個性をもっとも強く表わすもの。彼女もまた作品の背景をくみ取りながら、自分にしか作れない音色でトランペットの魅力をお届けします!

出演者プロフィール

守岡未央(トランペット)

Mio Morioka, trumpet
© Mitsuhiro KOJIMA
埼玉県出身。2011年武蔵野音楽大学音楽学部ヴィルトゥオーソ学科卒業。同大学卒業演奏会に選抜される。2006年第7回日本ジュニア管打楽器コンクール高校生トランペット部門銅賞。2007年第4回音大生のための津堅コンクール入選。2011年第81回読売新人演奏会、第27回ヤマハ管楽器新人演奏会、武蔵野音楽大学新人演奏会に出演。2012年第81回日本音楽コンクール入選。2014年第12回東京音楽コンクール金管部門第3位及び聴衆賞(1位なし)受賞。2015〜17年Music Program TOKYO まちなかコンサート出演。2015年第84回日本音楽コンクール第1位及び岩谷賞(聴衆賞)、E.ナカミチ賞受賞。東京文化会館モーニングコンサートVol.97、守岡未央トランペットリサイタル(紀尾井ホール)出演。これまでトランペットを佛坂咲千生、室内楽を戸部豊の各氏に師事。東京フィルハーモニー交響楽団、セントラル愛知交響楽団、アンサンブル of トウキョウとソリスト共演。現在、洗足学園ニューフィルハーモニック管弦楽団団員。ECOPETS、ザ・トランペットコンサート各メンバー。
*曲目、演奏曲順、出演者等は、変更になる場合がございますのでご了承ください。
*就学前のお子様の同伴・入場はご遠慮ください。
*ネットオークション等での営利目的の転売はお断りします。


主催:公益財団法人 東京オペラシティ文化財団
協賛:日本生命保険相互会社

ページトップ

東京オペラシティ コンサートホール/リサイタルホール


閉じる