B→C バッハからコンテンポラリーへ
202 中桐 望(ピアノ)

チラシ拡大

日時:
2018年5月15日[火]19:00
会場:
リサイタルホール     ホールへの行き方

繊細なピアニズムと優しい音色で彩られる調べ。
バッハの存在を核に、多彩な様式美が光る作品たち。

[出演]

中桐 望(ピアノ)

[曲目]

  • 南 聡:ジグザグ バッハ op.45-4(2000)
  • J.S.バッハ:最愛の兄の旅立ちに寄せるカプリッチョBWV992 
  • ショパン:舟歌 嬰ヘ長調 op.60 
  • ドビュッシー:版画 
  • メシアン:4つのリズムのエチュード(1949〜50) 
  • 武満 徹:雨の樹 素描Ⅱ ─ オリヴィエ・メシアンの追憶に(1992) 
  • 池辺晋一郎:J.S.の声のほうへ ─ ピアノのために(2000)
  • J.S.バッハ/ブゾーニ編:シャコンヌ 
マークのある曲は試聴できます。 試聴サービスについて

  • チケット情報
  • 公演について
  • 出演者プロフィール

チケット情報

[料金]全席自由
¥3,000(税込)
[チケット発売日]
Arts友の会優先発売:1月20日[土](特典:10%割引)
「インターネット予約」会員優先発売:1月25日[木]
一般発売:1月27日[土]
[チケット取り扱い]

公演について


© Shingo Azumaya

中桐望は2012年のマリア・カナルス、浜松の両国際ピアノコンクールの2位入賞者。2014〜16年の2年間はショパンをもっと深く理解し学びたいとポーランドへ留学し、2015年度日本ショパン協会賞も受賞するなど、ショパンを中心にロマン派レパートリーを得意としてきました。
「自分のいつものレパートリーとは一味違う、新たな一面を発掘しよう」と、B→Cを挑戦の場と捉えるアーティストは少なくありませんが、彼女もそんな一人。自分自身のアイデアや個性をどう残していくか悩みつつ、プログラムがどんどん多彩になっていく楽しさや、その先に広がる新たな表現の可能性と向き合い、進化を感じさせる。それもまたB→Cならではの醍醐味です。
今回のプログラムの核はバッハ。バッハを敬愛していたショパン。そのショパンのピアニズムを受け継ぐドビュッシーに傾倒していたメシアンへと繋がり、発展していくスピリッツの流れ。そこにメシアンを悼み紡がれた武満作品や、いずれもバッハをテーマに作曲しつつ、まったく違うアプローチが興味深い南聡と池辺晋一郎の作品が加わります。
繊細なピアニズムによって、多彩な様式美が光る作品が際立つさまをお楽しみください。

出演者プロフィール

中桐 望(ピアノ)

Nozomi Nakagiri, piano
1987年岡山県出身。3歳よりピアノを始める。東京藝術大学音楽学部器楽科ピアノ専攻を首席で卒業。同大学院修士課程を首席で修了。第17回吹田音楽コンクール第1位。第78回日本音楽コンクール第2位。第3回ロザリオ・マルシアーノ国際ピアノ・コンクール(ウィーン)第2位、コンクール委嘱新曲課題曲の最優秀演奏者に贈られるSonja Huber賞受賞。第58回マリア・カナルス国際音楽コンクール(スペイン・バルセロナ)第2位、聴衆賞受賞。第8回浜松国際ピアノコンクールでは歴代日本人最高位となる第2位を受賞。2014年秋より、ローム ミュージック ファンデーション奨学生としてポーランドで研鑽を積み、2015年1月にはデビューCD『ショパン&ラフマニノフ』(オクタヴィアレコード)をリリース。これまでに岡山芸術文化賞・グランプリや福武文化奨励賞、2015年度日本ショパン協会賞を受賞する等、これからの活躍が楽しみな若手ピアニストの一人として、音楽ファンおよび音楽評論家・ジャーナリスト等から期待を寄せられている。
ピアノを内山優子、近藤邦彦、平川真理、芦田田鶴子、大野眞嗣、角野裕、エヴァ・ポブウォツカの各氏に師事。
*曲目、演奏曲順、出演者等は、変更になる場合がございますのでご了承ください。
*就学前のお子様の同伴・入場はご遠慮ください。
*ネットオークション等での営利目的の転売はお断りします。


主催:公益財団法人 東京オペラシティ文化財団
協賛:日本生命保険相互会社

ページトップ

東京オペラシティ コンサートホール/リサイタルホール


閉じる