B→C バッハからコンテンポラリーへ
201 ミサ・ミード(ユーフォニアム)

チラシ拡大

日時:
2018年4月17日[火]19:00
会場:
リサイタルホール     ホールへの行き方

ユーフォニアムの音色で、世界の音楽を旅する!
多彩な響きが満ち溢れるステージ。

[出演]

ミサ・ミード(ユーフォニアム)

[共演]
清水初海(ピアノ)*
大場章裕(パーカッション)**

[曲目]

  • J.S.バッハ:ソナタ ロ短調 BWV1030(原曲:フルートとチェンバロのためのソナタ)*
  • デッドス:ラタタ!(2007)**
  • ブライアント:ハミングバード(2011)
  • デザンクロ:古典風小組曲(1965)*
  • 荒井 建:新作(2017〜18、ミサ・ミード委嘱作品、世界初演)
  • ニニェロラ:ラ・グルータ(2006)*
  • 池辺晋一郎:ストラータ Ⅶ ─ ユーフォニアムとマリンバのために(2009)**
  • ヴォーン・ウィリアムズ:《生命の家》から「静かな昼」*

  • チケット情報
  • 公演について
  • 出演者プロフィール

チケット情報

[料金]全席自由
¥3,000(税込)
[チケット発売日]
Arts友の会優先発売:1月20日[土](特典:10%割引)
「インターネット予約」会員優先発売:1月25日[木]
一般発売:1月27日[土]
[チケット取り扱い]

公演について

「良い響き」という意味を名にもち、音域は最大5オクターブ程と広く、ピストンが4つしかないのに超絶技巧も得意なユーフォニアム。イギリスでは金管バンドの花形、ドイツやオーストリアではベルの曲がったジャーマン・バリトンの演奏でパブやお祭りを盛り上げ、ムソルグスキーの《展覧会の絵》や、R.シュトラウス《ドン・キホーテ》等のオーケストラ曲でも重要な役割を担うユーフォニアムが、型にはまらない編成や新しい表現とも好相性だと実感できるステージをお届けします。
ソリストとして世界各地で活動しているミサ・ミードが、「世界の音楽を旅する!」というテーマで繰り広げるのは、ドイツ、ブラジル、アメリカ、フランス、日本、スペイン、イギリスの作曲家たちの作品。《ラタタ!》はスネアドラムとのユニークな共演。意外に演奏機会が多いというバッハや、エレクトロニクス、マリンバとの組み合わせ。はたまた東京音大時代の先輩、荒井建への委嘱新作は、映像化された音の粒子の集合体が電子音と光と共に動き、それに同化されたようにパフォーマーが奏でる独自の世界が広がるよう…。そんな多彩な響きで駆け巡った音楽の旅は、彼女が住むイギリスの美しく静かな風景を感じさせるヴォーン・ウィリアムズの心地よい調べで締めくくられます。
新芽が息吹く季節、ユーフォニアムの新しい世界へぜひ!

出演者プロフィール

ミサ・ミード(ユーフォニアム)

Misa Mead, euphonium
1985年熊本県出身。東京音楽大学卒業(特待奨学生)。若いソリストのためのヨーロピアン・コンクール(ルクセンブルク)満場一致の金メダル受賞を始め、国内外の数々のコンクールに入賞。第78回読売新人演奏会に出演。2012年パリ地方音楽院を首席で卒業。日本に帰国後、タイとアメリカにて開催された国際フェスティバルにゲスト・アーティストとして招待される。2013年前期、東京音楽大学付属高等学校演奏助手。2013年渡英以来、女性ユーフォニアム奏者では唯一のインターナショナル・ソリストとして20カ国以上でコンサート、マスタークラスを開催している。2014年デビューCD『Journey』をリリース。2016年より管楽器専門月刊誌PIPERS(パイパーズ)に「ミードと暮らす」を連載。2017年スティーブン・ミードとのデュオCD『Love's Joy』をリリース、英国の雑誌ブラスバンド・ワールドで「Duo CD of the Year」を受賞。作・編曲家としても活動。ASKS Winds、Bocchino Musicより、多くの作品を出版している。現在、ビュッフェ・グループのベッソン・ユーフォニアム・アーティストとして、また、デニスウィック・パフォーミング・アーティストとして世界中で演奏活動を行う。
*曲目、演奏曲順、出演者等は、変更になる場合がございますのでご了承ください。
*就学前のお子様の同伴・入場はご遠慮ください。
*ネットオークション等での営利目的の転売はお断りします。


主催:公益財団法人 東京オペラシティ文化財団
協賛:日本生命保険相互会社

ページトップ

東京オペラシティ コンサートホール/リサイタルホール


閉じる