B→C バッハからコンテンポラリーへ
190 中村恵理(ソプラノ)

チラシ拡大

日時:
2017年3月21日[火]19:00
会場:
リサイタルホール     ホールへの行き方

世界の第一線で輝きを放つソプラノ、
必聴のリサイタル!
テーマは「悩める女性の群像」。

  • 【アンコール曲】 ・ワイルズ:《最終歌》から「エピソード ── ジェイムズ・ジョイス『ユリシーズ』より」

[出演]

ソプラノ:中村恵理
ピアノ:リチャード・ワイルズ

[曲目]

  • クララ・シューマン:《3つの歌》op.12から「彼は嵐と雨の中をやってきた」 
  • クララ・シューマン:《6つの歌》op.13から「私はあなたの眼のなかに」 
  • クララ・シューマン:《3つの歌》op.12から「美しさゆえに愛するのなら」 
  • ファニー・メンデルスゾーン:《12の歌》op.9から「失うこと」 
  • ファニー・メンデルスゾーン:《6つの歌》op.1から「朝のセレナーデ」 
  • J.S.バッハ:カンタータ第57番《試練に耐えうる人は幸いなり》BWV57から
    「俗世の命を速やかに終えて」「私は死を、死を望みます」 
  • ワイルズ:《最終歌》(2016、中村恵理委嘱作品)から「エピソード ── 三島由紀夫『天人五衰』より」
  • グバイドゥーリナ:《T.S.エリオットへのオマージュ》(1987)から「冷気が足元から膝に上ってくる」 
  • ショスタコーヴィチ:《アレクサンドル・ブロークの詩による7つの歌》op.127(1967)から「ガマユーン」 
  • メシアン:《ミのための詩》から「恐怖」「妻」 
  • リリ・ブーランジェ:《空の晴れ間》から「ベッドの裾のところに」「二本のおだまきが」 
  • ルトスワフスキ:《歌の花と歌のお話》(1989〜90)から「かめ」「バッタ」 
  • ワイルズ:《分裂と征服》(1993)から「なんと奇妙な」
  • ヴェルディ:《椿姫》から「そはかの人か…花から花へ」 
マークのある曲は試聴できます。 試聴サービスについて

  • チケット情報
  • 公演について
  • 出演者プロフィール

チケット情報

[料金]全席自由
¥3,000(税込)
[チケット発売日]
Arts友の会優先発売:10月14日[金](特典:10%割引)
一般発売:10月21日[金]
[チケット取り扱い]
東京オペラシティチケットセンター 03-5353-9999
チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:304-848)


[兵庫公演情報]
2017年3月25日[土]14:00開演(13:30開場)
会場:兵庫県立芸術文化センター 神戸女学院 小ホール

チケット料金:A:¥3,000 B:¥2,000(全席指定・税込)
チケット発売:
芸術文化センター会員先行予約受付開始 2016年10月14日[金]
一般発売 2016年10月16日[日]

*兵庫公演は、東京オペラシティチケットセンターでの取り扱いはございません。また、Arts 友の会会員割引特典の対象外です。

主催:公益財団法人東京オペラシティ文化財団、兵庫県、兵庫県立芸術文化センター
協賛:日本生命保険相互会社

お問い合わせ・チケット取り扱い:兵庫県立芸術文化センター 0798-68-0255

公演について


© Chris Gloag

英国ロイヤルオペラ在籍時、急遽ネトレプコの代役をつとめ、一躍注目の人となった中村恵理。その後もバイエルン国立歌劇場の専属ソリストをはじめ、ヨーロッパ各地の一流歌劇場でオペラ作品の主要キャストを歌い、大躍進を続けるソプラノがB→Cに登場します!
彼女が選んだのは、4人の女性作曲家の作品および、さまざまな角度から女性の生き様や憂いが浮かび上がってくるような作品たち。テーマは“悩める女性の群像”。「普段オペラ歌手として主に演じる“女性”をテーマにすることで、自分でも共感できる面白いプログラムになったと思います。そして異なるスタイルの歌曲を集めたプログラムは、通常は声への負担が非常に大きいので、恐らく今回が唯一の機会になると思う一方、自分の可能性を探る良き機会。新たなジャンルを開拓できることを有難く思っています」という彼女のコメントからも、希少なこの機会にますます期待が高まります。
たった数ページの音楽で、時にオペラ以上に内面世界を色濃く表現できる歌曲と、世界最高の場で磨かれてきた歌声とが生み出す、極上のリサイタル。まさに必聴です!!

出演者プロフィール

中村恵理(ソプラノ)

Eri Nakamura, soprano
© Chris Gloag
1978年兵庫県出身。大阪音楽大学大学院修了。新国立劇場オペラ研修所第5期生修了。明治安田クオリティオブライフ文化財団の助成を受け、オランダに留学。国内外での研修中、新国立劇場にて『フィガロの結婚』、『イドメネオ』、『ファルスタッフ』等に出演。2008年より英国ロイヤルオペラに在籍し、『カプレーティ家とモンテッキ家』、『ラ・ボエーム』、『フィガロの結婚』、『ウェルテル』、『トゥーランドット』等に出演、いずれも好評を得る。2010年よりバイエルン国立歌劇場の専属ソリスト。『フィガロの結婚』スザンナ役を始め『ドン・ジョヴァンニ』、『カプレーティ家とモンテッキ家』、『愛の妙薬』、『ヘンゼルとグレーテル』、『ホフマン物語』等に主要キャストとして出演している。その他、ベルリン・ドイツ・オペラ、パリ・シャンゼリゼ劇場、ザルツブルク州立歌劇場、トゥールーズ歌劇場等に客演する他、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団、フランス放送フィルハーモニー管弦楽団、エストニア国立交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、東京交響楽団、日本センチュリー交響楽団との共演、マドリード国立音楽堂での室内楽ソリスト等、コンサートでも活躍している。国内では2012、15年に紀尾井ホールにてリサイタルを開催、2012年度のアリオン賞本賞を受賞。また2013年のN響第九のソリスト、2014年NHKニューイヤーオペラコンサートに出演するなど、更に活躍の場を広げている。最近ではロイヤルオペラ『リゴレット』、ワシントン・ナショナルオペラ『魔笛』等でいずれも高い評価を得た。今後は、バイエルン国立歌劇場、サンティアゴ国立歌劇場、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団との共演等、益々の活躍が期待されている。
*曲目、演奏曲順、出演者等は、変更になる場合がございますのでご了承ください。
*就学前のお子様の同伴・入場はご遠慮ください。
*ネットオークション等での営利目的の転売はお断りします。


主催:公益財団法人 東京オペラシティ文化財団
協賛:日本生命保険相互会社

ページトップ

東京オペラシティ コンサートホール/リサイタルホール


閉じる