B→C バッハからコンテンポラリーへ
173 長 哲也(ファゴット)

チラシ拡大

日時:
2015年6月16日[火]19:00
会場:
リサイタルホール     ホールへの行き方

バロック、近代フランス、コンテンポラリー
各時代の独奏曲を集めた、ファゴットの魅力に迫る一夜。
若き都響首席、初のソロリサイタル!

  • 【アンコール曲】 ・モーツァルト:歌劇《ドン・ジョヴァンニ》より セレナード「窓辺においで」

[出演]

ファゴット:長 哲也
チェンバロ:大塚直哉 *
ピアノ:永原 緑 **

[曲目]

  • J.S.バッハ:ヴィオラ・ダ・ガンバとチェンバロのためのソナタ第2番 ニ長調 BWV1028 * 
  • デュティユー:サラバンドとコルテージ ** 
  • 尹 伊桑:モノローグ(1984) 
  • テレマン:《忠実な音楽の師》からファゴット・ソナタ ヘ短調 TWV41:f1 * 
  • サン=サーンス:ファゴットとピアノのためのソナタ ト長調 op.168 ** 
  • エルサン:ニグン(1993) 
  • 池辺晋一郎:ファゴットはたゆたい、そして微笑む(2015、長 哲也委嘱作品、世界初演)
マークのある曲は試聴できます。 試聴サービスについて

  • チケット情報
  • 公演について
  • 出演者プロフィール

チケット情報

[料金]全席自由
¥3,000(税込)
[チケット発売日]
Arts友の会優先発売 :2月20日[金](特典:10%割引)
一般発売:2月27日[金]
[チケット取り扱い]
東京オペラシティチケットセンター 03-5353-9999
チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:252-067)

公演について


© sajihideyasu


2012年より東京都交響楽団の首席を務める長哲也。当夜はこの若きファゴット奏者の初リサイタル、「日頃オーケストラの中で控えめなファゴットですが、今回は独り舞台。この楽器の魅力をとことん味わっていただけるステージにしたい!」と、自らもその時を心待ちにしています。
選曲はバロック、近代フランス、そしてコンテンポラリーの数々。そこには「これらの時代やジャンルこそ、ファゴットの独奏曲における傑作期ではないか。また、同じ時代のなかで対照的な作品を並べることで、作曲家の個性をより一層強調できれば…」という、彼の意図が込められています。ファゴットの持つ素朴さや音色をシンプルに楽しむならバロック作品が一番。他の時代とは比べものにならないほど多くのファゴット独奏曲が書かれた近代フランス音楽からは、円熟味あふれるサン=サーンス最晩年の名ソナタと、若かりしデュティユーの素朴な初期作を。そして尹伊桑、フランスの作曲家エルサン、新作初演となる池辺晋一郎の各曲が並ぶコンテンポラリー。エルサン《ニグン》では、マルチプル(重音)が豊富かつ効果的に響くファゴットの特徴も楽しめることでしょう。
まさに「ファゴットが主役になる瞬間」が、ギュッとつまった一夜です!!

出演者プロフィール

長 哲也(ファゴット)

Tetsuya Cho, bassoon
© sajihideyasu
1989年福岡県出身。11歳よりファゴットを始める。東京藝術大学音楽学部器楽科卒業。卒業と同時に東京都交響楽団首席ファゴット奏者に就任。2013年、第30回日本管打楽器コンクールファゴット部門第2位。同声会賞授賞。ソリストとして藝大フィルハーモニアと共演。木曽音楽祭、北九州国際音楽祭、JTが育てるアンサンブルシリーズなどに出演。ファゴットを永江恵子、石川晃、水谷上総の各氏に師事。またダーク・イェンセン、ジルベール・オダン、マルク・トゥレネル等のマスタークラスにて研鑽を積む。
*曲目、演奏曲順、出演者等は、変更になる場合がございますのでご了承ください。
*就学前のお子様の同伴・入場はご遠慮ください。
*ネットオークション等での営利目的の転売はお断りします。


主催:公益財団法人 東京オペラシティ文化財団
協賛:日本生命保険相互会社

ページトップ

東京オペラシティ コンサートホール/リサイタルホール


閉じる