B→C バッハからコンテンポラリーへ
153 原 麻理子(ヴィオラ)

チラシ拡大

日時:
2013年6月18日[火]19:00
会場:
リサイタルホール     ホールへの行き方

スケールの大きな音楽性、聴き手を圧倒する表現力。
ヨーロッパで飛躍するヴィオリスト、注目のステージ!

  • 【アンコール曲】 ・ヘンデル(細川俊夫 編曲):オペラ《リナルド》より「私を泣かせてください」
    ・成田為三:浜辺の歌

[出演]

ヴィオラ:原 麻理子
ピアノ:有吉亮治 *

[曲目]

  • J.S.バッハ:ヴィオラ・ダ・ガンバとチェンバロのためのソナタ第3番 ト短調 BWV1029 *
  • 細川俊夫:哀歌 ─ 東日本大震災の犠牲者に捧げる(2011)
  • シューマン:おとぎの絵本op.113 *
  • テレマン:ファンタジア 変イ長調
    (原曲:《無伴奏ヴァイオリンのための12のファンタジア》から第7番 変ホ長調)
  • 西村 朗:無伴奏ヴィオラ・ソナタ第2番「C線のマントラ」(2007)
  • ヒンデミット:ヴィオラとピアノのためのソナタop.11-4 *

  • チケット情報
  • 公演について
  • 出演者プロフィール
  • CD情報

チケット情報

[料金]全席自由
¥3,000(税込)
[チケット発売日]
Arts友の会優先発売 :2月16日[土](特典:10%割引)
一般発売:2月23日[土]
インターネット予約受付開始(予定):2月26日[火]10:00〜
[チケット取り扱い]
東京オペラシティチケットセンター 03-5353-9999
チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:189-043)

公演について


Photo: Monika Laurenz


今ヨーロッパで豊かな才能を開花させている原麻理子。彼女は桐朋学園大在学中、ヴィオラ転向を勧めてくれた師・今井信子を追ってジュネーヴ音楽院へ留学し、またタカーチ=ナジに室内楽を師事する等、ソロのみならず室内楽からも多くを学んできました。現在はケルンを拠点に、ソリスト、室内楽、ドイツ・カンマーフィルハーモニー・ブレーメンのゲスト奏者等として活動中。今年はドイツのARS Produktion からCD&コンチェルトデビューもあり、まさにヴィオリストとして更なる飛躍が期待されています。
演奏家として彼女が何よりも大事にしているのは、「楽譜という地図にこめられた“作曲家からの言葉やメッセージ”に深く共感し、自分ならではの表現で“音楽”と“音の向こう側にある何か”を伝え、一度かぎりの旅を共有する」こと。キャラクターの対比に富んだバッハやテレマン。イッサーリスとの共演や教えを経て、その美しい世界を深く愛するようになったシューマン。西村朗、細川俊夫の両ソロ曲。印象主義的な影響や美しさを感じ、ヒンデミットのソナタのなかでもダントツに好きというop.11-4。それら作品の素晴らしさを、ヴィオラの魅力を、彼女らしいスケールの大きな表現力をたっぷりご堪能ください!

出演者プロフィール

原 麻理子(ヴィオラ)

Mariko Hara, viola
Photo: Monika Laurenz
桐朋女子高等学校音楽科を経て2007年桐朋学園大学を卒業。2000年江藤俊哉ヴァイオリン・コンクール第1位、16歳で日本フィルハーモニー交響楽団とチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲を共演。2005年ヴィオラに転向。2006年ブラームス国際コンクールヴィオラ部門2位。2006年より今井信子氏のもとジュネーヴ音楽院ソリスト・ディプロマコースに学び、2009年満場一致の首席で卒業。同時に最高位アルバート・リューリン賞を受賞。2008年よりピアニスト有吉亮治とDuo Romandeを結成、国内外で演奏。また2009年ジネッティ国際室内楽コンクールファイナリスト。2010年よりケルン音楽院にてアントワン・タメスティ氏のもと研鑽をつむと同時にチェリストのスティーヴン・イッサーリス氏に3年間、IMSプロシア・コーヴにて師事、大きな影響を受ける。ジュピター・カルテット・ジャパンのメンバーとして東京クヮルテット、ガボール・タカーチ=ナジ氏に師事。3年間の取材によるドキュメンタリー『カルテットという名の青春』はBS朝日で放送され、番組はギャラクシー賞を受賞。期待の若手ヴィオリストとしてヴェルビエ、クフモ、ルツェルン等の音楽祭、またウィグモアホール、在米日本国大使公邸や、オランダ、イタリア、ルーマニア、ポルトガル、フィンランド、アメリカ、台湾、日本国内で演奏。2007年、ユゴー・ドゥ・センジャー財団賞受賞。2008年よりローム ミュージック ファンデーション奨学生。2013シーズン、ドルトムントにおけるモーツァルト協会のヤング・アーティストに抜擢され、モーツァルト《協奏交響曲》を演奏したほか、デビューアルバムもリリースするなどドイツでの活動を広げる。

CD情報

Mariko Hara – Fantasie
原 麻理子(ヴィオラ) 有吉亮治(ピアノ)

[収録曲](♪は本公演での演奏曲)
・シューマン:おとぎの絵本op.113(♪)
・ブラームス:ヴィオラソナタ 第1番 op.120-1
・ヒンデミット:ヴィオラとピアノのためのソナタop.11-4(♪)
・シューマン:幻想小曲集 op.73

レーベル:Ars Produktion(ドイツ)
http://www.ars-produktion.de/
品番:ARS 38135(SACDハイブリッド)




*曲目、演奏曲順、出演者等は、変更になる場合がございますのでご了承ください。
*就学前のお子様の同伴・入場はご遠慮ください。
*ネットオークション等での営利目的の転売はお断りします。


主催:公益財団法人 東京オペラシティ文化財団
協賛:日本生命保険相互会社

ページトップ

東京オペラシティ コンサートホール/リサイタルホール


閉じる