東京オペラシティ+バッハ・コレギウム・ジャパン
2007→2009 ヘンデル・プロジェクト III

歌劇《リナルド》

東京オペラシティ+バッハ・コレギウム・ジャパン 2007→2009 ヘンデル・プロジェクト III 歌劇《リナルド》チラシ

チラシ拡大

日時:
2009年12月6日[日]15:00
会場:
コンサートホール     ホールへの行き方   座席図

ヘンデルプロジェクト最終回
エジンバラ音楽祭出演に続く、鈴木雅明&BCJ入魂の《リナルド》。

[出演]

指揮:鈴木雅明

リナルド:ティム・ミード(カウンターテナー)
アルミレーナ:森 麻季(ソプラノ)
アルミーダ:レイチェル・ニコルズ(ソプラノ)
アルガンテ:萩原 潤(バリトン)
ゴッフレード:クリストファー・ラウリー(カウンターテナー)
ユスタチオ:ダミアン・ギヨン(カウンターテナー)
マーゴ・クリスティアーノ:上杉清仁(カウンターテナー)
シレーナ1:松井亜希(ソプラノ)
シレーナ2:澤江衣里(ソプラノ)
アラルド:中嶋克彦(テノール)

管弦楽:バッハ・コレギウム・ジャパン

[曲目]

  • ヘンデル:歌劇《リナルド》HWV7a
    (1711年版/全3幕/イタリア語上演・日本語字幕付)

「東京オペラシティ+バッハ・コレギウム・ジャパン2007→2009 ヘンデル・プロジェクト」は、2009年のヘンデル没後250年に向けて、毎年末ヘンデル作品を取り上げる全3回の演奏会シリーズ。東京オペラシティ文化財団とバッハ・コレギウム・ジャパンによる共同プロジェクトです。

  • チケット情報
  • 公演について
  • 出演者プロフィール

チケット情報

[料金](全席指定・税込)
S:¥10,000 A:¥8,000 B:¥6,000 C:¥5,000 D:¥4,000
[チケット発売日]
Arts友の会優先発売 :8月21日[金](特典:10%割引)
一般発売 :8月28日[金]
インターネット予約受付開始(予定) :9月1日[火]10:00~
[チケット取り扱い]
東京オペラシティチケットセンター 03-5353-9999
バッハ・コレギウム・ジャパン 03-3226-5333
チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:330-825)
イープラス http://eplus.jp/
ローソンチケット 0570-000-407(Lコード:37968)
CNプレイガイド 0570-08-9990

公演について

ヘンデルプロジェクト最終回
エジンバラ音楽祭出演に続く、鈴木雅明&BCJ入魂の《リナルド》。


ヘンデルプロジェクト最終回は、オペラ《リナルド》を演奏会形式で取り上げます。
《リナルド》以降に誕生したヘンデルのオラトリオ作品にみられる色々な要素は、実はこのオペラに全てつまっていると思うことがあります。そして《リナルド》の持つお伽話的な楽しさや宗教的背景、美しいアリアやオーケストレーションなど作曲面での実験的な試みにも興味は尽きません。またヘンデル作品には特有の歌い回しや即興的な装飾などの要求が多くありますが、今回、それらに十分応えてくれる素晴らしい歌手たちが揃いました。今夏のエディンバラ音楽祭でも何名かが共に出演しますが、各役柄にぴったりな歌手たちばかり。ヘンデルのオペラは音楽的要素だけでもとても楽しめ、劇的な変化を感じることができます。メモリアルイヤーに聴く代表作、ぜひお楽しみください。

バッハ・コレギウム・ジャパン音楽監督 鈴木雅明


[曲目について]
リナルドとアルミレーナの純粋な恋と、魔女アルミーダの悲恋物語
ヘンデルのロンドン・デビュー作、オペラ《リナルド》は1711年2月24日にヘイマーケット女王劇場で初演され、大成功を収めた。大仰な舞台効果も成功の一因であったが、なにより、ヘンデルの劇的で濃密な音楽がロンドンの聴衆を圧倒した。物語はリナルドとアルミレーナの純粋な恋が一旦は危機に陥りながら、最後はめでたく結ばれるというもの。第1幕で、恋人を奪い去られたリナルドが悲しみを訴えるアリア「いとしい女(ひと) Cara sposa」も、第2幕で、捕われのアルミレーナがわが身の不幸を嘆くアリア「私を泣くがままに Lascia ch'io pianga」もヘンデルの最高傑作である。しかし、最大の聴き所は第2幕後半の魔女アルミーダの悲恋のエピソードである。リナルドと対面したアルミーダは初めて本物の恋に落ち、一人の恋する女となって思いを告白するが、拒まれる。さらに、かつての恋人アルガンテもアルミレーナに心を移す。初めての本物の恋に破れ、かつての恋人にも裏切られたアルミーダは怒り、絶望し、元の醜い魔女に戻っていくのである。「哀れな女」アルミーダに心底共感するヘンデル。その音楽は豊かな霊感に満たされて感動的である。

三澤寿喜(ヘンデル研究家)

[あらすじ]
第1幕
時は11世紀。ゴッフレード率いる十字軍がエルサレムを包囲している。ゴッフレードは勇士リナルドに、戦勝の褒美に愛娘アルミレーナを妻として与える約束をしている。一方、エルサレムの王アルガンテは恋人でもある魔女アルミーダに援護を頼む。二人はリナルドを捕虜にすれば、戦に勝利することができると考える。アルミーダはリナルドを捕えるために、まずアルミレーナを連れ去る。

第2幕
リナルドはアルミレーナ救出に向かうが、彼もまたアルミーダに捕えられてしまう。アルガンテとアルミーダは、捕虜のアルミレーナとリナルドにそれぞれ恋心を抱くが、叶わない。

第3幕
ゴッフレードがキリスト教徒の魔法使いの助けを得て、リナルドとアルミレーナを救出すると、両軍入り乱れて決戦となる。最後はリナルドの働きにより、十字軍が勝利を収める。リナルドはアルミレーナと結ばれ、アルガンテとアルミーダはキリスト教に改宗し、幕となる。

(三澤寿喜)

出演者プロフィール

鈴木雅明(指揮)

Masaaki Suzuki, conductor
©Marco Borggreve
東京芸術大学作曲科から同大学院オルガン科に進み、スウェーリンク音楽院でチェンバロとオルガンを学ぶ。1990年には〈バッハ・コレギウム・ジャパン〉を結成、J.S.バッハの音楽を中心に幅広い演奏活動を行っている。BIS社より70点を超えるCDをリリース、『J.S.バッハ:教会カンタータ全曲シリーズ』は、稀少かつ優れた演奏・録音企画として世界的な注目を集めている。
またオルガン・チェンバロ奏者として『バッハ・オルガン名曲集』、『J.S.バッハ:チェンバロ作品全曲シリーズ』ほか多数を発表。近年は指揮活動も活発化し、アカデミー・オブ・エンシェント・ミュージック、コレギウム・ヴォカーレ・ゲント、フライブルク・バロック・オーケストラ、シアトル交響楽団などに客演。2008年のブリテン・シンフォニア公演(ストラヴィンスキー・プロ)も現地メディアに絶賛された。
第42回毎日芸術賞、平成20年度芸術選奨文部科学大臣賞、「ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章」など受賞歴多数。東京芸術大学教授、神戸松蔭女子学院大学客員教授、イェール大学教会音楽研究所客員教授。

バッハ・コレギウム・ジャパン(管弦楽)

Bach Collegium Japan, orchestra
鈴木雅明により世界の第一線で活躍するオリジナル楽器のスペシャリストを擁して1990年に創設されたオーケストラと合唱団。
J.S.バッハの宗教作品を中心に、バロック音楽の理想的な上演を趣旨として各地で活発な演奏活動を続けている。近年は海外公演も本格化し、2008年のヨーロッパ・グランド・ツアーでは「最高のバッハ」「忘れがたいバッハの夕べ」、また2009年のカナリア諸島音楽祭では「音楽祭ベストの演奏」と評されるなど成功を収めている。
2009年8月はエディンバラ音楽祭、ブレーメン音楽祭に出演。エディンバラ音楽祭では《リナルド》を演奏。リリースされた60点超のCDはいずれも国際的に高い評価を受けており、バッハ《ミサ曲ロ短調》は2007年度レコード・アカデミー大賞銀賞および2008年ディアパゾン金賞を受賞。
2007年には東京オペラシティ文化財団と3年にわたる「ヘンデル・プロジェクト」を開始、大作オラトリオ《エジプトのイスラエル人》、《ユダス・マカベウス》を取り上げ、「ヘンデルの音の魔術」「アンサンブル全体が協和しながら光を発するような響きの美しさ」と新聞紙上で絶賛されている。

バッハ・コレギウム・ジャパン オフィシャルホームページ

ティム・ミード(カウンターテナー)

Tim Mead, countertenor
ケンブリッジ大学キングス・カレッジの聖歌隊で声楽を学んだ後、奨学金を得て英国王立音楽大学でロビン・ブレイズに師事。これまでにゲッティンゲン・ヘンデル音楽祭とエディンバラ国際フェスティバルでヘンデル《テッサリアの王アドメトス》、シカゴ歌劇場でヘンデル《オルランド》のタイトルロールを歌うほか、バイエルン国立歌劇場、ネザーランド・オペラ、リヨン歌劇場、ロイヤル・オペラ、グラインドボーン音楽祭、イングリッシュ・ナショナル・オペラなど各地の歌劇場や音楽祭でバロック・オペラに出演。
今シーズン以降も、オスロのノルウェー歌劇場でモンテヴェルディ《ポッペアの戴冠》オットーネ、ロイヤル・オペラでステッファーニ《テーベの女王ニオベ》クレアルテ、グラインドボーン音楽祭でヘンデル《リナルド》ユスタチオなどを歌う予定。

森 麻季(ソプラノ)

Maki Mori, soprano
©Yuji Hori
東京藝術大学、同大学院独唱専攻修了。高丈二氏に師事。文化庁オペラ研修所修了後、ミラノとミュンヘンに留学。プラシド・ドミンゴ世界オペラコンクールをはじめ、多数の国際コンクールに上位入賞を果たす。ワシントン・ナショナル・オペラ「後宮からの逃走」でアメリカ・デビュー以来、ワシントンとロサンジェルス・オペラにおいて「リゴレット」「ホフマン物語」「こうもり」等に出演し成功をおさめる。アシュケナージ、小澤征爾、チョン・ミョンフン等の著名指揮者やウィーン・フィルのメンバー、ミュンヘン・フィル、ゲヴァントハウス、ドレスデン・フィル等国内外の主要オーケストラと共演を重ねる。古典から現代まで幅広いレパートリーを誇り、コロラトゥーラの類稀なる技術、透明感のある美声と深い音楽性は各方面から絶賛され、オリンピックやメジャーリーグで国歌斉唱を行うなど、まさしく日本を代表する国際的なオペラ歌手として常に注目を集めている。07年、ドレスデン国立歌劇場に『ばらの騎士』のゾフィー役でデビューを飾り、同歌劇場日本公演において再演、続いて同歌劇場室内管弦楽団の日本公演ソリストに迎えられ、いずれも高い評価を得る。08年、P.ヤルヴィ指揮フランクフルト放響・ドレスデン聖十字架合唱団の日本公演、09年、新国立劇場「ポッペアの戴冠」、エディンバラ音楽祭「リナルド」に出演。2010年ウィーン・シュトラウス・フェス・ニューイヤー日本公演、トリノ王立歌劇場「ラ・ボエーム」(ムゼッタ役)に出演予定。CDはエイベックス・クラシックスより、「ピエ・イエス~祈りをこめて」など4枚リリースしている。
ワシントン・アワード、出光音楽賞、ホテルオークラ賞、安宅賞受賞。二期会会員。

森 麻季 オフィシャル・ホームページ

レイチェル・ニコルズ(ソプラノ)

Rachel Nicholls, soprano
英国ベッドフォード出身。
英国王立音楽大学で最優秀学生のためのロウズ杯を獲得、キャスリーン・フェリア記念コンクール第2位。ラトル指揮《パルジファル》でロイヤル・オペラ・ハウスにデビュー。
バッハからシェーンベルク、エロリン・ウォーレンに至る幅広いレパートリーを誇り、同世代の中で最も多才なソプラノの一人として、スコティッシュ・オペラ、イングリッシュ・ナショナル・オペラなど多くの舞台に立っている。
BCJとは2005年以来共演を重ねており、今年5月には新国立劇場《ポッペアの戴冠》ネローネ役で絶賛を浴びた。今シーズンはBBCプロムスでの《オルフェウスの仮面》、エディンバラ音楽祭《リナルド》およびバッハのソロ・カンタータ、イングリッシュ・ツアリング・オペラとのヘンデル《アリオダンテ》ジネーヴラ、《エジプト王トロメオ》エリサでの出演が決まっている。

萩原 潤(バリトン)

Jun Hagiwara, baritone
東京芸術大学声楽科卒業、同大学院オペラ研究科修了、博士課程満期修了。1999年秋より文化庁在外派遣研修員としてベルリンへ留学。ベルリン・ハンス・アイスラー音楽大学大学院に入学し、2004年に最優秀の成績で国家演奏家資格を取得。多田羅迪夫、ハインツ・レー、ペーター・コーイに師事。
2000年夏、ラインスベルク音楽祭《セヴィリアの理髪師》フィガロ役で出演、その後もドイツのみならずヨーロッパ各地で演奏活動を行っている。国内においては、二期会《ニュルンベルクのマイスタージンガー》や《魔笛》《フィガロの結婚》《ジュリアス・シーザー》などに出演。
2003年五島記念文化財団オペラ新人賞受賞。 また1994年よりBCJメンバーとして数多くのコンサート、録音に参加している。
二期会会員。

クリストファー・ラウリー(カウンターテナー)

Christopher Lowrey, countertenor
アメリカ出身。ブラウン大学およびケンブリッジ大学セントジョンズ・カレッジ、英国王立音楽大学卒業、現在ベンジャミン・ブリテン国際オペラスクール在学中。
2008年ロンドン・バッハ協会コンクールおよび2006年フルブライト奨学金コンクールのファイナリスト、2005年全米声楽教師協会ロードアイランド・コンクール第1位。
2008年BCJ《メサイア》で国際的にソロ・デビュー。舞台ではロンドン・ヘンデル音楽祭でヘンデル《アレッサンドロ》、グルック《オルフェオとエウリディーチェ》のオルフェオを、コンサートではオールドバラ・ミュージック・クラブのヘンデル没後350年記念コンサート、エクレジア・コンソートとバッハ《マニフィカト》、トリニティ・シンガーズとの《メサイア》、ボストン大学のヘンデル《サウル》ダビデ等を歌っている。

ダミアン・ギヨン(カウンターテナー)

Damien Guillon, countertenor
ブルターニュの聖歌隊学校で音楽を学び、ソプラノとして歌う。ヴェルサイユ・バロック音楽センター合唱団で古楽唱法を修め、バーゼル・スコラ・カントールムでアンドレアス・ショルに師事。
声楽と並行してオルガンを学ぶとともに、通奏低音とチェンバロでプルミエ・プリを取得。ニース歌劇場でヘンデル《アタリア》、王立モネ劇場ではモンテヴェルディ《ウリッセの故郷への帰還》に出演。近年は指揮者としても活動し、カルダーラのオラトリオ《キリストの足許のマグダラのマリア》、バッハ《マニフィカト》を上演。また、クリスティ指揮ステファノ・ランディ《聖アレッシオ》のクルティオ、ヘレヴェッヘ/コレギウム・ヴォカーレとのバッハのオラトリオ及びカンタータを歌っている。
BCJとは新国立劇場《ポッペアの戴冠》のオットーネ役で、また定期演奏会でも共演し好評を博している。

上杉清仁(カウンターテナー)

Sumihito Uesugi, countertenor
高知大学を経て東京芸術大学大学院博士課程修了。
バーゼル・スコラ・カントールムでゲルト・テュルク、アンドレアス・ショルに師事。
2000年古楽コンクール(山梨)最高位受賞、『蔵の街』音楽祭賞受賞。ヨーロッパ各地の公演および音楽祭に出演し好評を博している。その色彩豊かで柔らかい美声には定評があり、日本で数少ないカウンターテナー歌手として注目を集めている。
BCJ、「ラ・フォンテヴェルデ」、ロゴス・アポカルプシス、Seven Tears Consort、高知バッハカンタータフェライン各メンバー。ICUグリークラブ、アンサンブルシュッツ、北九州聖楽研究会ヴォイストレーナー、日本声楽発声学会会員。
*曲目、演奏曲順、出演者等は、変更になる場合がございますのでご了承ください。
*就学前のお子様の同伴・入場はご遠慮ください。
*ネットオークション等での営利目的の転売はお断りします。


主催:東京オペラシティ文化財団
協賛:小田急電鉄株式会社
協力:相互物産株式会社

ページトップ

東京オペラシティ コンサートホール/リサイタルホール


閉じる