B→C バッハからコンテンポラリーへ
140 黒木綾子(ファゴット)

B→C バッハからコンテンポラリーへ 140 黒木綾子(ファゴット)チラシ

チラシ拡大

日時:
2012年3月13日[火]19:00
会場:
リサイタルホール     ホールへの行き方

多彩なキャラクターを表現できること
それがこの楽器の魅力。
シリーズ9年ぶり2度目の“ファゴットで聴くB→C”

  • 【アンコール曲】 ・ラヴェル:ハバネラ形式の小品
    ・岡野貞一:故郷(ふるさと)

[出演]

ピアノ:ムン・ジョンジェ *

[曲目]

  • F.ドヴィエンヌ:ファゴット・ソナタ第5番 ト短調 op.24-5 *
  • J.S.バッハ:パルティータ ニ短調
    (原曲:《無伴奏フルート・パルティータ》イ短調BWV1013)
  • C.M.v.ヴェーバー:アンダンテとハンガリー風ロンド *
  • J.フランセ:2つの小品(1996)*
  • A.プレヴィン:ファゴット・ソナタ(1997)*
  • 藤倉 大:Calling(黒木綾子、インターナショナル・コンテンポラリー・アンサンブル 共同委嘱、日本初演)
  • H.ヴィラ=ロボス:7つの音のシランダ *

  • チケット情報
  • 公演について
  • 出演者プロフィール

チケット情報

[料金]全席自由
¥3,000(税込)
[チケット発売日]
Arts友の会優先発売 :10月14日[金](特典:10%割引)
一般発売 :10月21日[金]
インターネット予約受付開始(予定) :10月25日[火]10:00~
[チケット取り扱い]
東京オペラシティチケットセンター 03-5353-9999
チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:148-756)

[宮崎公演情報]
2012年3月10日[土]14:00開演(13:30開場)
会場:メディキット県民文化センター(宮崎県立芸術劇場)
チケット料金:¥3,000(全席自由・税込)
チケット発売:12月6日[火]


主催:公益財団法人 東京オペラシティ文化財団
共催:財団法人 宮崎県立芸術劇場

お問い合わせ:メディキット県民文化センター チケットセンター 0985-28-7766

公演について

多彩なキャラクターを表現できること それがこの楽器の魅力。
シリーズ9年ぶり2度目の“ファゴットで聴くB→C”


「美しい花を見た時やその香りを嗅いだ時、美味しいものを口にした時などに“一瞬で広がる幸せな感覚”を、ファゴットの音色を聴いたときにも同じように感じてもらえるような、そんな音を出したい。」
黒木綾子はそんな想いとともに、最上の音色をいつも求め続けています。
中学2年でファゴットを始め、その冬には「プロのオーケストラでファゴットを吹いている自分」を、彼女は鮮明に頭に描いていました。もともと「旋律を奏でることで自分の音楽を表現したい」という強い気持ちをもっていた彼女、東京藝大へ入ってからは「自分は必ずプロになる。オーケストラの“首席”奏者になる。」と決め、東京藝大大学院修了直後に東京フィル首席ファゴット奏者として入団。いまは彼女がヨーロッパで目にしてきた「ソリスト並みにソロを演奏できるオーケストラ奏者になる」という更なる高みをめざしながら、日々忙しい演奏活動を送っています。
彼女がファゴットを選んで良かった!と思うのは、「旋律はもちろん、内声、通奏低音と音楽の構成要素のほぼすべての役割を担える楽器であり、一つの作品で一人何役もできる、面白い楽器だから。」なのだそう。B→Cでは、彼女がこれまで大事に磨いてきた感覚をフルに生かし、前半にバロック、古典、ロマン派の重要なレパートリーを集め、フランセから現代曲へと続く後半とコントラストを付けたプログラムで、この楽器の魅力をお楽しみ頂きます。
シリーズ9年ぶり2度目の“ファゴットで聴くB→C”に、乞うご期待!

出演者プロフィール

黒木綾子(ファゴット)(bassoon)

Ayako Kuroki
1980年、宮崎市生まれ。14歳よりファゴットを始め、16歳より埜口浩之氏に師事する。東京藝術大学を経て、2005年同大大学院修士課程を修了。在学中は、岡崎耕治、岡本正之、河村幹子の各氏に師事。第6回津山国際音楽祭ダブルリードコンクール第3位入賞。在学中より在京オーケストラの客演をはじめ、国内外の著名な演奏家と共演し、小澤征爾音楽塾オペラプロジェクト、JTの育てるアンサンブルシリーズ、ヴィオラスペース、宮崎国際音楽祭等に参加し、研鑽を積んだ。2005年、東京フィルハーモニー交響楽団に首席ファゴット奏者として入団。2007年10月より1年間、文化庁派遣芸術家在外研修員として、ドイツ・ミュンヘンに留学。エバーハルト・マーシャル、リンドン・ワッツの両氏に師事。2008年、ミュンヘン国立音楽大学大学院マイスタークラスを修了し、帰国。帰国後、東京オペラシティリサイタルホールにて初のソロ・リサイタルを行う。2009年、コンチェルトのソリストとして東京交響楽団と共演。現在、東京フィルでの活動を中心に、ソロ、アンサンブルの分野でも活躍している。
*曲目、演奏曲順、出演者等は、変更になる場合がございますのでご了承ください。
*就学前のお子様の同伴・入場はご遠慮ください。
*ネットオークション等での営利目的の転売はお断りします。


主催:東京オペラシティ文化財団
協賛:日本生命保険相互会社

ページトップ

東京オペラシティ コンサートホール/リサイタルホール


閉じる