B→C バッハからコンテンポラリーへ
129 長谷川 暁生(テノール)

B→C バッハからコンテンポラリーへ 129 長谷川 暁生(テノール) チラシ

チラシ拡大

日時:
2011年2月15日[火]19:00
会場:
リサイタルホール     ホールへの行き方

幅広いレパートリーを柔軟に歌いこなす、気鋭のテノール。
ドイツものとフランスもの、プログラムの対比の妙が満ちる一夜。

  • 【アンコール曲】 シューマン:リーダークライス op.24から「ミルテとばらの花を持って」
    シューベルト:音楽に寄す op.88-4, D547

[出演]

ピアノ:マーティン・ティバ

[曲目]

  • J.S.バッハ:カンタータ第55番《われは哀れな人間、罪のしもべ》BWV55から「私は哀れな人間、罪のしもべ」「私は神に背いてきた」「あわれみたまえ!涙がみ心を和らげんことを」「あわれみたまえ!いまや私は慰めを得て」
  • W.リーム:赤きもの(1990)
  • H.W.ヘンツェ:《アラビアの6つの歌》(1997~98)から「ファトゥマの嘆き」
  • C.ドビュッシー:美しき夕べ
    《ボードレールの5つの詩》から「バルコニー」「噴水」
  • F.プーランク:《ふざけた婚約》から「アンドレの奥さん」「花々」
    《月並み》から「ワロン地方の小さな沼」
    《2つの詩》から「さあもっとはやく」「アンナの庭園にて」
    モンパルナス
  • G.フォーレ:《優しい歌》Op.61から「それはある明るい夏の日のこと」「ねえ、そうだろう?」「冬は終わった」

  • チケット情報
  • 公演について
  • 出演者プロフィール

チケット情報

[料金]全席自由
¥3,000(税込)
[チケット発売日]
Arts友の会優先発売 :10月15日[金](特典:10%割引)
一般発売 :10月22日[金]
インターネット予約受付開始(予定) :10月26日[火]10:00~
[チケット取り扱い]
東京オペラシティチケットセンター 03-5353-9999
チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:118-796)

公演について

「幅広いレパートリーを柔軟に歌いこなす、気鋭のテノール。
ドイツものとフランスもの、プログラムの対比の妙が満ちる一夜。


「5歳にもなれば誰もが歌をうたうものと勘違いしていました(笑)」というコメントを寄せてくれた長谷川暁生。幼い頃よりグレゴリオ聖歌やルネサンス、現代音楽まで歌ってきた彼にとって歌声は実に身近なものでした。そんな彼のバックグラウンドを知ると、冒頭のエピソードもなるほど頷けます。祖父は東京少年少女合唱隊の創始者、母は同合唱隊で指揮者を務め、彼自身5歳から13歳まで多いときは年40回近く合唱隊員としてステージで歌ってきたキャリアの持ち主だから。
東京藝大卒業後、細川俊夫のオペラ『リアの物語』公演で出会った共演者との縁をきっかけにドイツへ留学。そして2006年からはフランス・ストラスブールへ。多様な音楽を実践できるヨーロッパでバロックから現代音楽まで柔軟に幅広く歌っている彼ですが、その歌声を日本で聴ける機会はまだまだ貴重です。
それぞれに深い嘆きが込められたドイツものを前半に、うってかわり陶酔、明るさ、性愛、ナイーヴといったまさにフランス的な芸術世界をうたう近代フランス歌曲の数々を後半に集約させたB→C。単なる道具にあらず楽器としての声の本質、すなわち声の“魂”をしっかり理解して書かれた極上な作品を選び抜き、歌い上げる一夜。どうぞご期待ください!

出演者プロフィール

長谷川暁生(テノール)

Akeo Hasegawa, tenor
1974年東京生まれ。東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。ドイツ・ザールランド州立音楽大学卒業。幼少の頃より東京少年少女合唱隊でグレゴリオ聖歌、ルネサンス、現代音楽を学び、ソリストとしても活躍、鈴木寛一氏に師事。その幅広い音楽的柔軟性が認められ、1998年、99年、細川俊夫『リアの物語』世界初演(ミュンヘンビエンナーレ)、日本初演(東京文化会館再オープン記念など6公演)に出演。H.ラッヘンマンのオペラ『マッチ売りの少女』に出演(東京交響楽団主催)。その後ドイツに留学。ドイツ各地の教会でオラトリオのソリストとして活躍。2001年、02年バロックアンサンブル、パッツァカリア主催のオペラプロダクションに参加。イスラエル、オペラスタジオにて、モーツァルト『ドン・ジョヴァンニ』(ドンオッターヴィオ役)に出演。北ドイツにて、モンテヴェルディ『タンクレディとクロリンダの戦い』(テストー)。様々な現代歌曲コンサートに招かれ、自らも歌曲のコンサートを企画、プログラムコンセプトを手がけている。2008年のスウェーデン、ヴァードステナ夏のオペラフェスティバルでは夏目漱石の小説『夢十夜』を題材にとったオペラ『Four Nights of Dream』(長田原、作曲)に出演し好評を博した。ドイツ歌曲をヤロン・ヴィントミュラー氏、フランス歌曲を小林真理氏に師事。現在、フランス・ストラスブール在住。
*曲目、演奏曲順、出演者等は、変更になる場合がございますのでご了承ください。
*就学前のお子様の同伴・入場はご遠慮ください。
*ネットオークション等での営利目的の転売はお断りします。


主催:東京オペラシティ文化財団
協賛:日本生命保険相互会社

ページトップ

東京オペラシティ コンサートホール/リサイタルホール


閉じる