B→C バッハからコンテンポラリーへ
93 菊本和昭(トランペット)

B→C バッハからコンテンポラリーへ  93 菊本和昭(トランペット)チラシ

チラシ拡大

日時:
2007年6月26日[火]19:00
会場:
リサイタルホール     ホールへの行き方

小躍りするぐらい嬉しい、夢の舞台B→C。
関西の怪物トランペッターが挑む全曲初挑戦の東京リサイタル・デビュー。

  • 【アンコール曲】 J.S.バッハ:カンタータ第147番より「主よ、人の望みの喜びよ」
    アメイジング・グレイス

[出演]

ピアノ:佐竹裕介
ナレーター:竹内公一

[曲目]

  • J.トゥリン:カプリス(1972)
  • J.S.バッハ(T.ドクシツェル 編):
    • トランペットとピアノのための《5つのプレリュード》から「プレリュード」BWV880
    • トランペットとピアノのための《6つのプレリュード》から「プレリュード」BWV867
      (原曲:《平均律クラヴィーア曲集》第2巻第11番&第1巻第22番)
  • A.アルチュニアン:エレジー(2000)
  • J.K.ネルダ:コンチェルト 変ホ長調
  • V.バック:ハンガリアン・メロディーズ(1927)
  • J.S.バッハ(T.ドクシツェル 編):トランペットとピアノのための《5つのプレリュード》から「プレリュード」BWV539
    (原曲:《プレリュードとフーガ》ニ短調)
  • A.プログ:アニマル・ディティーズ II(1983)
  • 松本日之春:トランペットのためのうた[委嘱新作・世界初演]

  • チケット情報
  • 公演について
  • 出演者プロフィール

チケット情報

[料金]全席自由
¥3,000(税込)
[チケット発売日]
Arts友の会優先発売 :2月9日[金](特典:10%割引)
一般発売 :2月16日[金]
インターネット予約受付開始(予定) :2月20日[火]10:00~
[チケット取り扱い]
東京オペラシティチケットセンター 03-5353-9999
チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:248-312)
イープラス http://eplus.jp/

公演について

小躍りするぐらい嬉しい、夢の舞台B→C。
関西の怪物トランペッターが挑む全曲初挑戦の東京リサイタル・デビュー。


2002年に日本管打楽器コンクール、翌年には日本音楽コンクール優勝と、トランペットでは国内で最も権威のある2大コンクールを立て続けに制して一躍その名が知られるようになったトランペッター、菊本和昭。遂にこの春、ソロでは待望の東京初進出となります。

生まれも育ちも兵庫県西宮市。実家のすぐそばにあった甲子園球場が遊び場だった少年時代。当時の将来の夢は迷わずプロ野球選手!だったのが、いつしか興味の対象は応援団が吹いていたラッパに移り、中学に入った頃からはバリバリのブラス小僧街道まっしぐら。吹奏楽部では最初にホルンを吹いていたそうですが、学年唯一の男子だった彼に先輩が放った一言、「男はラッパや!」にまんまと引きずられて、現在に至っているらしい・・・。
ハイレベルな演奏で知られる名門洛南高等学校に進学し、全国大会でしのぎを削った情熱そのままに大学へ進学。その後大学院に入ったその年に、学校推薦の交換留学でドイツへ渡りアメリカ人教授A.プログに師事。留学直前に先のコンクールが重なり、さらにその後の留学中に一時帰国して受けたオーディションも見事に突破して現在所属している京都市交響楽団に迎えられるなど、上り調子のこの時期にガガガーっと未来への扉を開いた感のある彼ですが、いやはやその演奏は大胆かつパワフルで、まだ20代半ばという若さを感じさせない抜群のテクニックを武器に、じゅうぶんに大物を感じさせます。

そんな彼の東京リサイタル・デビューとなるB→Cは、種類も豊富で音色も色彩豊かなところが魅力と自ら語るトランペットの多様さを、まさに余すところなくお聞きいただける内容。コルネットやコルノ・ダ・カッチャも登場してバッハ、J.K.ネルダなどバロック作品からトゥリン、アルチュニアン、そして恩師であるプログ作品などコンテンポラリーなものまで盛りだくさんのプログラムを練り上げてくれました。ラストには「菊ちゃんのためなら書くぜぇ~!」と委嘱を快諾してくれたという、彼いわくファンキーな作曲家、松本日之春氏への新作世界初演もあります。全曲初挑戦、夢だったというB→C出演で、怪物トランペッターの異名そのままに、おおいにハジけてもらいましょう!
共演はピアノの佐竹裕介、テノール歌手であり今回はナレーターとして登場する竹内公一の両氏。

東京オペラシティArts友の会会報誌「tree」vol.61より

出演者プロフィール

菊本和昭(トランペット)

Kazuaki Kikumoto, Trumpet

1980年兵庫県生まれ。私立洛南高等学校を経て京都市立芸術大学を首席卒業、及び同大学院首席修了。大学派遣によりフライブルク音楽大学に交換留学生し、A.プログ教授に師事。2002年、日本トランペット協会設立20周年記念トランペットコンクール第1位。第19回日本管打楽器コンクール第1位。03年、第72回日本音楽コンクール第1位。増沢賞、E.ナカミチ賞ならびに聴衆賞受賞。06年、第4回済州ブラスコンペティション第2位(1位無し・韓国)。J.ハイドンの協奏曲を東京交響楽団、京都市交響楽団と、H.トマジの協奏曲を新日本フィルハーモニー交響楽団と共演。第73回読売新人演奏会、第19回YAMAHA管楽器新人演奏会に出演。京都トランペットグループ「Summer Breeze」、きょうと金管五重奏団各メンバー。
04年京都市交響楽団入団。滋賀、京都等でリサイタルを開催。これまでにトランペットを早坂宏明、有馬純昭の両氏に、室内楽を呉信一教授に師事。
*曲目、出演者等は、変更になる場合がございますのでご了承ください。

*就学前のお子様の同伴・入場はご遠慮ください。


主催:東京オペラシティ文化財団

協賛:日本生命保険相互会社

ページトップ

東京オペラシティ コンサートホール/リサイタルホール


閉じる