B→C バッハからコンテンポラリーへ
116 小谷口直子(クラリネット)

B→C バッハからコンテンポラリーへ 116 小谷口直子(クラリネット)チラシ

チラシ拡大

日時:
2009年11月17日[火]19:00
会場:
リサイタルホール     ホールへの行き方

京都市響トップ奏者をつとめる、クラリネット界期待の若き実力派。
待望の東京リサイタル・デビュー!!

  • 【アンコール曲】 プッチーニ:歌劇《トスカ》より「星は光りぬ」*

[出演]

ピアノ:小山京子
テノール:経種廉彦 *

[曲目]

  • coba:ソロクラリネットのための組曲より「プレリュード」「アルマンド」「サラバンド」「フィナーレ」
    (2009、小谷口直子委嘱作品、世界初演)
  • G.H.シュテルツェル/J.S.バッハ:「御身がともにあるならば」BWV508~《アンナ・マグダレーナ・バッハのための音楽帳 第2巻》から
  • J.S.バッハ:ブランデンブルク協奏曲第2番 ヘ長調 BWV1047から第3楽章
  • A.ベルク:クラリネットとピアノのための4つの作品 op.5
  • G.ミルッチオ:クラリネット・ソロのためのラプソディー
  • J.ヴィトマン:5つの断章(1997)
  • R.シューマン:幻想小曲集 op.73
  • F.シューベルト:岩の上の羊飼い D965 *
  • J.ブラームス:クラリネット・ソナタ第2番 変ホ長調 op.120-2

  • チケット情報
  • 公演について
  • 出演者プロフィール

チケット情報

[料金]全席自由
¥3,000(税込)
[チケット発売日]
Arts友の会優先発売 :6月12日[金](特典:10%割引)
一般発売 :6月19日[金]
インターネット予約受付開始(予定) :6月23日[火]10:00~
[チケット取り扱い]
東京オペラシティチケットセンター 03-5353-9999
チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:325-206)
イープラス http://eplus.jp/


[大阪公演情報]
2009年11月4日[水]19:00開演(18:30開場)
会場:ザ・フェニックスホール(大阪市北区西天満 4-15-10:梅田新道・東南角 ニッセイ同和損保フェニックスタワー内)
チケット料金:¥3,000(全席自由・税込)
チケット発売:8月1日[土]

主催:東京オペラシティ文化財団

協賛:日本生命保険相互会社/ニッセイ同和損害保険株式会社/ザ・フェニックスホール


お問い合わせ:大阪アーティスト協会 06-6135-0503

公演について

京都市響トップ奏者をつとめる、クラリネット界期待の若き実力派。
待望の東京リサイタル・デビュー!!


モーツァルトやブラームスのみならず、多くの大作曲家たちが心動かされたクラリネット。この楽器のために書かれ、後世にのこる旋律の数々を聴くたび、小谷口直子は「万感の想いを託すに足る音をもつ楽器」という想いを強く持つのだそう。
2002年度日本音楽コンクール第1位、同時に管楽器奏者として初の「増沢賞」受賞で脚光を浴びる中、京都市交響楽団に入団し、現在は首席奏者として活躍中。同時に、日本を代表する若手クラリネット奏者のひとりとして、注目を集め続ける存在です。ひたすら真摯に楽器と向きあい、抜群のテクニックと豊かな音楽性をさらに磨き続ける努力の人、そんな彼女が聴かせるB→Cは、さまざまな角度からクラリネットの魅力を堪能できる、必聴のステージです。
前半は“初挑戦づくし”が共通のキーワード。世界的なアコーディオン奏者であり、クラリネットにも造詣が深いcobaが彼女のために書き下ろす新作あり、最後まで選曲に悩んだバッハではEsクラリネットの演奏もあり、クラリネット界でいま世界的に話題を集めるヴィトマンやミルッチオの作品まで・・・と、すでに盛りだくさん。そして後半はがらっと雰囲気を変え“ドイツ・ロマン派への憧憬”をテーマに名曲たちをじっくり聴かせます。ぜひご期待ください!

出演者プロフィール

小谷口直子(クラリネット)

Naoko Kotaniguchi, clarinet
兵庫県生まれ。東京芸術大学音楽学部卒業。同大学大学院修士課程修了。
2000年東京文化会館主催オーディション合格、新進演奏家デビューコンサート、YAMAHA新人演奏会に出演。東京ニューシティ管弦楽団と協演。
2001年、第12回 日本木管コンクール・クラリネット部門第2位。
2002年、第14回 宝塚ベガ音楽コンクール・木管楽器部門第1位。『小澤征爾音楽塾オペラプロジェクト2002』に参加。第71回日本音楽コンクール・クラリネット部門第1位受賞。併せて、増沢賞(管楽器奏者としてはコンクール史上初)、E.ナ力ミチ賞 受賞。新日本フィルハーモニー交響楽団と協演。
05年、『2005国際クラリネットフェスト』に出演。「完成された名演!流麗かつ陰翳礼賛的な武満には特に感動した。」(フランス国立リル管弦楽団 首席奏者C.フォーコンプレ氏談)を始め、多くの海外プレーヤーから大賛辞を受けた。
08&09年、「公共ホール音楽活性化事業アーティスト」に選出され、演奏会に加えアウトリーチ活動も各地で行っている。
これまで、国内主要オーケストラや吹奏楽団体からの招きにより多数のソリスト協演、海外著名演奏家との室内楽共演、また、各種コンクールの審査員や、NHK-TV、NHK-FM への出演、協演CDリリースなどメディアへの露出も多い。
クラリネットを藤井一男、村井祐児、山本正治、川畑真一の各氏に師事。
現在、京都市交響楽団首席奏者。オーケストラ活動の他、ソロリサイタルや室内楽公演等、全国で幅広い活動をしており、日本を代表する若手クラリネット奏者。
その完璧なまでの高い技巧と美しい音色、豊かな音楽性は多くのファンを魅了している。

小谷口直子 公式ファンサイト
http://kotarinette.com/
*曲目、演奏曲順、出演者等は、変更になる場合がございますのでご了承ください。
*就学前のお子様の同伴・入場はご遠慮ください。
*ネットオークション等での営利目的の転売はお断りします。


主催:東京オペラシティ文化財団
協賛:日本生命保険相互会社

ページトップ

東京オペラシティ コンサートホール/リサイタルホール


閉じる