B→C バッハからコンテンポラリーへ
115 ブレス・ビー・クィンテット
(ヴォーカル・アンサンブル)

B→C バッハからコンテンポラリーへ 115 ブレス・ビー・クィンテット (ヴォーカル・アンサンブル)チラシ

チラシ拡大

日時:
2009年10月20日[火]19:00
会場:
リサイタルホール     ホールへの行き方

声楽アンサンブル、初登場!
イギリス・マドリガルから現代曲まで500年の時間(とき)を超える珠玉のハーモニー。

  • 【アンコール曲】 山田耕筰(落合崇史 編曲):待ちぼうけ
    J.ラター:ゼア・イズ・ア・フラワー

[出演]

リュート:永田平八

[曲目]

  • J.H.シャイン:《イスラエルの泉》から「聖徒たちよ、主に向かって賛美の歌を歌え」
  • J.H.シャイン:《宗教的コンチェルト集》(1618)から
  • イエス・キリストに賛美あれ
  • 来たれ聖霊、主なる神よ
  • 愚か者の口はよく語り
  • J.H.(G.G.)カプスベルガー:トッカータ[リュート・ソロ]

[イギリス・マドリガル]
  • T.グリーヴズ:おいで、愛しいひと
  • T.ウィールクス:聞け、愛らしい天女たち
    おお憂いよ、私を殺すのか
  • T.キャンピオン:どんな嵐に遭った船も
  • J.ベネット:涙せよ、わがまなこ
  • T.ウィールクス:ロビン・フッドも
  • 作者不詳:窓から帰って、愛しい人よ
  • T.モーリー:火事だ、火事だ!
  • M.キャヴェンディッシュ:あのかつての喜びに
  • T.ベイトソン:香しい魅惑の百合
  • J.S.バッハ:クォドリベット BWV524
  • J.サンドストレム:サンクトゥス(1990)
  • V.ホルムボー:《歌の本》op.59から
    わが魂よ、主を賛美せよ
    私は主をほめたたえよう
    神に向かって賛美の歌を歌おう
  • 落合崇史:マニフィカト(2009、ブレス・ビー・クィンテット委嘱作品、世界初演)

  • チケット情報
  • 公演について
  • 出演者プロフィール

チケット情報

[料金]全席自由
¥3,000(税込)
[チケット発売日]
Arts友の会優先発売 :6月12日[金](特典:10%割引)
一般発売 :6月19日[金]
インターネット予約受付開始(予定) :6月23日[火]10:00~
[チケット取り扱い]
東京オペラシティチケットセンター 03-5353-9999
チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:325-205)
イープラス http://eplus.jp/

公演について

声楽アンサンブル、初登場!
イギリス・マドリガルから現代曲まで500年の時間(とき)を超える珠玉のハーモニー。


撮影:篠原栄治

B→Cシリーズ12年目にして、声楽アンサンブルが初登場!
歌うは「B」が付くもの(=バロック音楽、バッハ、バッカス、Beauty等)をこよなく愛する5人組、BBQこと「ブレス・ビー・クィンテット」。バッハ・コレギウム・ジャパンやヴォーカル・アンサンブルカペラ等のメンバーであり、ソリストとしても活躍する実力派揃いの5人が織り成すのは、音楽を創造する喜びをも聴く者の心へ満たしてくれる、珠玉のハーモニーです。
“声楽アンサンブルには合唱ともソロとも違う難しさがある”という彼ら。自分自身が楽器なだけに、歌うたびに違うものにもなりやすく、音程やブレスなどもすべて丸裸という緊張感もあるのでしょう。それらを踏まえた上で息を合わせ、声だけのハーモニーを創り出し、ピタッと合った瞬間・・・、音楽が、響きが、何倍にも広がっていく・・・。“この魅力は一度味わってしまうと、もう楽しくてやめられない”と彼らが口ぐちに語るのも頷けるところです。
加えて、演奏機会の少ない声楽曲に生命を吹き込むのも、彼らが自分達に課したミッションの一つ。B→Cでもその精神は健在です。ルネサンスやドイツ・バロック期の声楽曲からコンテンポラリーまでを堪能でき、しかも彼らのメインレパートリーであるイギリス・マドリガル以外は、すべて初挑戦。「大いなる挑戦」に満ち溢れる一夜をぜひお聴き逃しなく!!

出演者プロフィール

ブレス・ビー・クィンテット(ヴォーカル・アンサンブル)

Bless B Quintet, Vocal Ensemble

撮影:篠原栄治
鈴木美紀子(ソプラノ) 藤崎美苗(ソプラノ) 
青木洋也(アルト) 鈴木 准(テノール) 
藪内俊弥(バリトン)
Mikiko Suzuki, soprano Minae Fujisaki, soprano 
Hiroya Aoki, alto Jun Suzuki, tenor 
Toshiya Yabuuchi, baritone

ブレス・ビー・クィンテットは、2004年東京オペラシティ・近江楽堂(おうみ がくどう)ランチタイム・コンサート出演を期に結成された実力派声楽アンサンブル。2005─2007年『近江楽堂バロックシリーズ』、2006─2007年、長岡リリックホール『春を呼ぶ復興コンサート』出演他、活動の場を着実に広げている。個々のメンバーは、「バッハ・コレギウム・ジャパン」、「ヴォーカル・アンサンブルカペラ」ではアンサンブルのスペシャリストとして、またソリストとしてはオラトリオ、宗教曲、オペラの分野で国内外で活躍している。Bless B Quintetは「B」が付くもの=バロック音楽、バッハ、バッカス、Beauty等 をこよなく愛する5人組。レパートリーはルネサンスからバロック期のイギリスマドリガル、フランスの世俗作品から近現代、日本のうたまで幅広い。演奏の機会が稀な声楽作品にも意欲的に取組んでいる。2008年12月初CDをALM RECORDSコジマ録音よりリリース。
*曲目、演奏曲順、出演者等は、変更になる場合がございますのでご了承ください。
*就学前のお子様の同伴・入場はご遠慮ください。
*ネットオークション等での営利目的の転売はお断りします。


主催:東京オペラシティ文化財団
協賛:日本生命保険相互会社

ページトップ

東京オペラシティ コンサートホール/リサイタルホール


閉じる