B→C バッハからコンテンポラリーへ
226 岸上 穣(ホルン)

チラシ拡大

日時:
2020年11月17日[火]19:00
会場:
リサイタルホール     ホールへの行き方

ナチュラルホルンと
モダンホルンの二刀流で臨む、
東京都交響楽団ホルン奏者のソロ舞台

インターネット予約

[東京オペラシティチケットセンター]
TEL.03-5353-9999

[出演]

岸上 穣(ホルン)

[共演]
遠藤直子(ピアノ)*
加藤宏隆(バスバリトン)**

[曲目]

  • J.S.バッハ/大橋晃一編:《管弦楽組曲第2番》ロ短調 BWV1067から
    「序曲」「サラバンド」「メヌエット」「バディヌリ」*
  • J.S.バッハ/コダーイ編:チェロとピアノのための3つのコラール前奏曲 *
  • J.S.バッハ:《ミサ曲》ロ短調BWV232から「主のみ聖なり」*/**
  • シャブリエ:ラルゲット *
  • 池辺晋一郎:ホルンは怒り、しかし歌う(2003)
  • ベルゲ:ホルンの呼び声(ホルン・ロック)(1972)
  • ナッセン:ホルン協奏曲 op.28(1994)*

  • チケット情報
  • 公演について
  • 出演者プロフィール

チケット情報

[料金]全席自由
¥3,000(税込)
[チケット発売日]
Arts友の会優先発売:6月12日[金](特典:10%割引)
「インターネット予約」会員優先発売:6月17日[水]
一般発売:6月19日[金]
[チケット取り扱い]

インターネット予約

公演について


© Ayane Shindo

高校生の時に聴いたロシアのオーケストラ、そのホルンセクションに衝撃を受けてプロの道を意識したという岸上穣は、ドイツの歌劇場オケを経て、2009年から東京都交響楽団ホルン奏者として活躍しています。東京では2回目、地元・京都では初のリサイタルとなる今回、彼は“つなぐホルン”をテーマに、現代のホルンとハイドンやモーツァルトの時代から1800年代中頃まで主流だったナチュラルホルンを使い分け、名だたる作曲家達の心をとらえたホルンの音色の魅力と歴史の流れに焦点をあてます。
シリーズ必須のバッハは盛りだくさん。そのうち《ロ短調ミサ》のアリアはシャブリエ作品と同様ナチュラルホルンによる演奏です。そして彼が「ホルンでB→Cを表現するのに不可欠な曲」と語るシャブリエの《ラルゲット》が発表された1875年当時は、ナチュラルホルンと現在主流のバルブホルンが混在していた、いわば過渡期。歴史の流れを意識しつつ、当時のフランスで愛されていた音色をお届けします。
後半はユニークなタイトルの池辺作品、ノルウェーの民俗音楽がモチーフとなり、幅広い音域が要求される《ホルンの呼び声》、1994年にバリー・タックウェルの独奏で都響が世界初演した、イギリスの作曲家ナッセンの《ホルン協奏曲》ピアノ伴奏版を。楽器自体の技術革新が進んだことで広がった音楽の“自由”、それを限りなく表現できる作品を…と選んだ3曲です。

出演者プロフィール

岸上 穣(ホルン)

Jo Kishigami, horn
© Sandra Wolf
1985年生まれ、京都府向日市出身。12歳よりホルンを始め、京都市立音楽高校(現:京都堀川音楽高校)を経て、東京藝術大学を安宅賞、アカンサス音楽賞を受賞し卒業。フランクフルト音楽・舞台芸術大学を首席で卒業。第23回日本管打楽器コンクールホルン部門第1位。第80回日本音楽コンクール第2位。これまでにソリストとして東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、藝大フィルハーモニア、レ・シエクル、東京都交響楽団など国内外のオーケストラと共演。小澤征爾音楽塾Ⅶ・Ⅷ、サイトウ・キネン・フェスティバル、プラハの春国際音楽祭に参加。Travel Brass Quintet、Brass Ensemble ZERO、つの笛集団、東京シンフォニエッタ、The Horn Quartet各メンバー。デトモルト国立歌劇場研修生、ヴィースバーデン・ヘッセン州立歌劇場契約団員を経て、2009年より東京都交響楽団ホルン奏者。
[京都公演情報]
2020年11月14日[土]14:00開演
会場:青山音楽記念館バロックザール

[チケット料金](税込)
全席指定 ¥3,000

チケット一般発売:2020年8月20日[木]

主催:公益財団法人 東京オペラシティ文化財団
協賛:日本生命保険相互会社

お問い合わせ:エラート音楽事務所 075-751-0617


*曲目、演奏曲順、出演者等は、変更になる場合がございますのでご了承ください。
*就学前のお子様の同伴・入場はご遠慮ください。
*ネットオークション等での営利目的の転売はお断りします。


主催:公益財団法人 東京オペラシティ文化財団
協賛:日本生命保険相互会社

ページトップ

東京オペラシティ コンサートホール/リサイタルホール


閉じる