B→C バッハからコンテンポラリーへ
224 北村朋幹(ピアノ)

チラシ拡大

日時:
2020年9月29日[火]19:00
会場:
リサイタルホール     ホールへの行き方

4つの鍵盤楽器を駆使し、
高い音楽性と自由な発想で
ピアノという楽器を
多面的に探求するB→C。

予定枚数終了

[東京オペラシティチケットセンター]
TEL.03-5353-9999

[出演]

北村朋幹(ピアノ)

[曲目]

  • ケージ:トイピアノのための組曲(1948)[トイピアノ]
  • ケージ:《ソナタとインターリュード》(1946〜48)からソナタ第1〜4番および第1インターリュード [プリペアド・ピアノ]
  • J.S.バッハ:前奏曲、フーガとアレグロ 変ホ長調 BWV998 [チェンバロ]
  • ケージ:《ソナタとインターリュード》(1946〜48)からソナタ第5〜8番および第2インターリュード [プリペアド・ピアノ]
  • アンドレ:iv 11b(2011/16)[ピアノ]
  • ケージ:《ソナタとインターリュード》(1946〜48)から第3インターリュードおよびソナタ第9〜12番 [プリペアド・ピアノ]
  • J.S.バッハ/高橋悠治 編:主よあわれみ給えBWV244 [ピアノ]
  • 武満 徹:夢みる雨(1986)[チェンバロ]
  • 藤倉 大:milliampere(2010)[トイピアノ]
  • ケージ:《ソナタとインターリュード》(1946〜48)から第4インターリュードおよびソナタ第13〜16番 [プリペアド・ピアノ]

  • チケット情報
  • 公演について
  • 出演者プロフィール

チケット情報

[料金]全席自由
¥3,000(税込)
[チケット発売日]
Arts友の会優先発売:4月18日[土](特典:10%割引)
「インターネット予約」会員優先発売:4月23日[木]
一般発売:4月25日[土]
[チケット取り扱い]

予定枚数終了

公演について


© TAKA MAYUMI

10代半ばから国際コンクールでその名を残し、以来、数々のリサイタルを重ねてきたピアニスト・北村朋幹。彼は深い思索を重ね、「作曲家が産み落とした作品に内包される世界や哲学と、まっさらな感性で向き合いたい」と音楽の本質に迫り、確かな存在感を放ち続けています。今回もそのスピリットは変わらずに、けれどこれまで披露してきた曲目と一線を画すようなプログラムを提示してくれました。
ステージに並ぶのはピアノ、チェンバロ、トイピアノ、そしてプリペアドピアノ。それは20年以上続くB→Cシリーズを振り返ってみても初めての光景です。曲目はジョン・ケージの傑作をはじめ、バッハはリュートのために書かれた曲や《マタイ受難曲》のアリアを弾き、チェンバロ作品はバロックではなく武満、さらにブゾーニ国際ピアノコンクールの課題曲でありながら、ペダルを動かす時の音とピアノのボディーを指先でノックする音で表現するマーク・アンドレ作品ら。
「楽器から楽器へ常に移動しながら、互いに関連し合った作品を演奏することにより、楽器にとらわれない“一つの自由な”音楽の流れを作りたい」というアイデアから始まったこのプログラムの奥深くには、「楽器の数だけを見ればまるで足し算のようなプログラムですが、実は逆で、むしろ楽器という存在自体を忘れることができないだろうか?」という試みを作りたかった、彼の探求心が込められています。
生まれては消える繊細なピアノの音のように、この場、この一瞬にだけ響くような世界、ぜひご堪能ください。

出演者プロフィール

北村朋幹(ピアノ)

Tomoki Kitamura, piano
© TAKA MAYUMI
1991年愛知県出身。3歳よりピアノを始め、浜松国際ピアノコンクール第3位、シドニー国際ピアノコンクール第5位ならびに3つの特別賞、リーズ国際ピアノコンクール第5位、ボン・テレコム・ベートーヴェン国際ピアノコンクール第2位受賞。第3回東京音楽コンクールにおいて第1位ならびに審査員大賞(全部門共通)受賞。以来日本国内をはじめヨーロッパ各地で、オーケストラとの共演、ソロリサイタル、室内楽、古楽器による演奏活動を定期的に行っている。2019年4月ウィーン国立歌劇場、ウィーン・フィルのメンバーで編成される「トヨタ・マスター・プレイヤーズ,ウィーン」のソリストに抜擢された。録音は『遙かなる恋人に寄す―シューマン「幻想曲」からの展望―』『夜の肖像』『黄昏に―ブラームス/リスト/ベルク作品集』がそれぞれフォンテックから発売され、レコード芸術をはじめとする主要紙において好評を得ている。2019年11月には4作目のアルバム『Bagatellen』をリリース。東京藝術大学に入学後、2011年よりベルリン芸術大学ピアノ科で学び最優秀の成績で卒業。これまでに伊藤恵、エヴァ・ポブウォッカ、ライナー・ベッカーの各氏に師事。現在はフランクフルト音楽・舞台芸術大学に於いて、イェスパー・クリステンセン氏のもと歴史的奏法の研究に取り組んでいる。

*曲目、演奏曲順、出演者等は、変更になる場合がございますのでご了承ください。
*就学前のお子様の同伴・入場はご遠慮ください。
*ネットオークション等での営利目的の転売はお断りします。


主催:公益財団法人 東京オペラシティ文化財団
協賛:日本生命保険相互会社

ページトップ

東京オペラシティ コンサートホール/リサイタルホール


閉じる