アストル・ピアソラ没後20年記念
ブエノスアイレスの四季

アストル・ピアソラ没後20年記念 ブエノスアイレスの四季チラシ

チラシ拡大

日時:
2012年7月4日[水]19:00
会場:
コンサートホール     ホールへの行き方   座席図

ピアソラ五重奏団でピアニストとして活躍し、現在も世界の舞台で聴衆を魅了する巨匠パブロ・シーグレル。メモリアルな日、ピアソラの名曲を斬新なアレンジで聴く!

  • 【アンコール曲】 ・シーグレル:風のミロンガ
    ・ピアソラ:《ブエノスアイレスのマリア》より「フーガと神秘」
    ・シーグレル:石蹴り遊び

[出演]

ピアノ/指揮/作曲/編曲:パブロ・シーグレル

パブロ・シーグレル・フェスティバル・オーケストラ

フルート:上野由恵/オーボエ:荒 絵理子/クラリネット:伊藤 圭/ファゴット:黒木綾子
ホルン:福川伸陽、勝俣 泰/打楽器:フランコ・ピナ/バンドネオン:北村 聡
第1ヴァイオリン:執行恒宏、松井利世子、加藤洋子、今井香奈、江島有希子、向山敦子
第2ヴァイオリン:平尾真伸、中川 和歌子、福崎雄也、大塚杏奈、平山 慎一郎
ヴィオラ:馬渕昌子、中村 智香子、青木史子、福田道子
チェロ:丸山泰雄、玉川 克、灘尾 彩/コントラバス:西嶋 徹

[曲目]

[第1部]

  • シーグレル:《ブエノスアイレス組曲》より
    「アスファルト」
  • ピアソラ:天使の序章
  • ピアソラ:イマヘネス676
  • コビアン:郷愁
  • ピアソラ:リベルタンゴ
  • ピアソラ:忘却
  • ピアソラ:《ブエノスアイレスのマリア》より
    「フーガと神秘」


[第2部]
  • ピアソラ:《ブエノスアイレスの四季》
    (P.シーグレル版 日本初演)

  • チケット情報
  • 公演について
  • 出演者プロフィール

チケット情報

[料金](全席指定・税込)
S:¥6,000 A:¥5,000 B:¥4,000 C:¥3,000
[チケット発売日]
Arts友の会優先発売 :2月18日[土](特典:10%割引)
一般発売 :2月25日[土]
インターネット予約受付開始(予定) :2月28日[火]10:00~
[チケット取り扱い]
東京オペラシティチケットセンター 03-5353-9999
チケットぴあ
 0570-02-9999(Pコード:158-911)
ローソンチケット 0570-000-407(Lコード:38369)
イープラス http://eplus.jp/
JTB各支店、JTBトラベランド各店舗 http://www.jtb.co.jp/ticket/

公演について

ピアソラ五重奏団でピアニストとして活躍し、現在も世界の舞台で聴衆を魅了する巨匠パブロ・シーグレル。メモリアルな日、ピアソラの名曲を斬新なアレンジで聴く!

2012年7月4日、アルゼンチンの作曲家/バンドネオン奏者であるアストル・ピアソラが没後20年を迎えます。本企画は、ピアソラ五重奏団で10年間ピアニストとして活躍し、現在、ニューヨークを拠点に世界で活躍する作曲家/編曲家/ピアニストのパブロ・シーグレルによる記念演奏会です。ピアソラと一緒に何度も来日し、熱狂的なファン層が世代を超えて存在する彼は、かつてピアソラの作品をオルフェウス室内管弦楽団のためにアレンジし、新しいタンゴを模索するそのスタイルで世界中から高く評価されました。そして2011年8月、同管弦楽団のために《ブエノスアイレスの四季》を新たにアレンジし世界初演しました。さらに今回の演奏会のために新たに手を加え、当夜限定で特別編成された「パブロ・シーグレル・フェスティバル・オーケストラ」の演奏で、ピアソラ音楽の新たな形をお楽しみ頂きます。

モダン・タンゴの巨人アストル・ピアソラ(1921〜1992)の作曲家、編曲家、バンドネオン奏者、そして楽団リーダーとしての活動は、1940年代から80年代までおよそ半世紀に及んだが、その最後の10年間(正確には1978〜88年)をピアニストとして支えたのが、パブロ・シーグレル(1944〜)である。旧来のタンゴをベースにクラシックやジャズの要素などを大胆に取り入れて自己のスタイルを確立したピアソラの下には、タンゴを基本にそうした様々なスタイルに対応できる極めて優秀な演奏家たちが去来した。そんな中でシーグレルは、プロとして過去にタンゴの演奏経験はなかったが、クラシックをみっちり学んだだけでなくジャズの即興演奏能力にも長けていたことから(それが抜擢の理由でもあった)、単なる演奏家以上の存在としてピアソラ音楽の更なる進化に大きく寄与した。

そんな"ピアソラを知り尽くした男"だからこそ、ピアソラ亡き後、その音楽の継承・発展に力を発揮してきたことにも納得がいく。クラシック界を中心にピアソラ・ブームが巻き起こったのは、没後5周年を迎えた1997年前後のことだが、同年に日本各地で展開されたイベント『オルタナティヴ・ピアソラ』の出演者の中でも群を抜いていたのが、エマニュエル・アックスとシーグレルのピアノ二重奏だった。当代きってのクラシック界の名匠アックスに花を持たせるべくタンゴ独特のリズムをレクチャーし、自身は根底をしっかり支えるという理想的なパターンで、観客にピアソラ音楽の新たな魅力を伝えてくれた。

一方ジャズ寄りのアプローチでは、自己の楽団(四重奏、五重奏、三重奏など状況に応じて変動)での演奏活動に定評があるが、昨年には何とバンドネオンの北村聡、ギターの鬼怒無月ら日本人若手精鋭たちと、パブロ・シーグレル・ミーツ・トーキョー・ジャズ・タンゴ・アンサンブルの名で公演を行い、生前のピアソラもかくやという壮絶な演奏で観客の度肝を抜いた。ピアソラの音楽が生き物のように新たな血を得ることができることを確信できた瞬間だった。

そのシーグレルが、ピアソラ没後20周年を記念する7月4日の命日に、今度はクラシックのオーケストラとの協演の舞台に立つ。既に信頼の厚い北村の参加を得て、ピアソラの代表作の一つ『ブエノスアイレスの四季』の新編曲を日本初演するというのだから、これを見逃す手はないだろう。我々がまだ見たことのない新しいシーグレルの姿に出会えるはずだ。

斎藤充正(ピアソラ研究家)


出演者プロフィール

パブロ・シーグレル(ピアノ/作曲/編曲)

Pablo Ziegler, piano/composer/arranger
グラミー賞受賞アーティスト、パブロ・シーグレル(1944年生まれ)は、ニューヨークを拠点に世界で活躍するアルゼンチン人作曲家/編曲家/ピアニスト。名門ブエノスアイレス音楽院を首席で卒業。14歳でリサイタルデビューを飾り、クラシック及びジャズピアニストとして活動をはじめた。1978年より、タンゴの革命児アストル・ピアソラ五重奏団で活躍し、師の引退まで10年余巨匠を支え、世界中での演奏活動に参加した。ピアソラ五重奏団の音楽的発展に大きな影響を与えたことで高評を得る。ソリスト及び指揮者として、オルフェウス室内管弦楽団など世界を代表するオーケストラやオペラ歌手との共演、CD制作の監修も務める。シーグレル作曲《Rojo Tango》は今オペラ界で注目されているバリトン歌手アーウィン・シュロットにより上演されている。2011年8月にはピアソラ作曲(シーグレル編曲)《ブエノスアイレスの四季》およびシーグレル作曲《カンジェンゲ組曲》がノースカントリー・チェンバー・ミュージックフェスティバルで世界初演された。

パブロ・シーグレル・フェスティバル・オーケストラ

Pablo Ziegler Festival Orchestra

パブロ・シーグレルの下、国内外で活躍しているクラシック&タンゴ界の若きヴィルトゥオーゾ達が、この日のために結成した特別編成の室内オーケストラ


  • フルート:上野由恵
  • オーボエ:荒 絵理子
  • クラリネット:伊藤 圭
  • ファゴット:黒木綾子
  • ホルン:福川伸陽、勝俣 泰
  • 打楽器:フランコ・ピナ
  • バンドネオン:北村 聡
  • 第1ヴァイオリン:執行恒宏、松井利世子、加藤洋子、今井香奈、江島有希子、向山敦子
  • 第2ヴァイオリン:平尾真伸、中川 和歌子、福崎雄也、大塚杏奈、平山 慎一郎
  • ヴィオラ:馬渕昌子、中村 智香子、青木史子、福田道子
  • チェロ:丸山泰雄、玉川 克、灘尾 彩
  • コントラバス:西嶋 徹
[関連イベント情報]
レクチャーコンサート「震災復興チャリティー ピアソラ没後20年 巨匠パブロ・シーグレルの夕べ」


パブロ・シーグレルが、師ピアソラの没後20年の節目に、自らの音楽人生を存分に語り奏でます。クラシックから、ジャズそしてタンゴへの音楽的変遷がレトロモダンな旧奏楽堂を舞台に浮かび上がるレクチャーコンサートです。

出演:パブロ・シーグレル 聞き手:飯塚久夫(日本タンゴアカデミー副会長、日本アルゼンチン協会理事)
日時:2012年6月28日[木]18:30開演
会場:旧東京音楽学校奏楽堂(上野)
料金:一般 ¥3,500 NHKカルチャー会員 ¥3,000(税込)

詳細・お申し込み:http://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_659651.html

主催・お問い合わせ:NHK文化センター 03-3475-1151


*曲目、出演者等は、変更になる場合がございますのでご了承ください。
*就学前のお子様の同伴・入場はご遠慮ください。
*ネットオークション等での営利目的の転売はお断りします。


主催:公益財団法人 東京オペラシティ文化財団
協賛:ジャパンリアルエステイト投資法人

協力:ユナイテッド航空
後援:アルゼンチン共和国大使館
招聘・企画協力:株式会社アスペン

ページトップ

東京オペラシティ コンサートホール/リサイタルホール


閉じる