武満徹作曲賞 審査員紹介

近藤 譲

© Jörgen Axelvall

2023年度審査員

近藤 譲 (日本)
Jo Kondo (Japan)

応募締切:2022年9月30日[金]18:00

本選演奏会:2023年5月28日[日]15:00

  • プロフィール

1947年生まれ。東京藝術大学卒。ロックフェラー3世財団の招きでニューヨークに、又ブリティッシュ・カウンシルのシニア・フェローとしてロンドンに滞在した。又、英国のダーティントン・サマースクールで作曲講師、オランダのガウデアムス国際作曲コンクール等で審査員を務め、更に、ハーバード大学やケルン大学を始め、欧米の多くの大学に招かれて講演を行っている。近年では、米国のイーストマン音楽院の特別客員教授を務めた。国内では、エリザベト音楽大学教授、お茶の水女子大学大学院教授として、そして東京藝術大学でも長年にわたって教鞭をとり、現在は昭和音楽大学教授、お茶の水女子大学名誉教授。日本現代音楽協会理事長。

1970年代末以来、内外の多くの音楽祭にテーマ作曲家として招かれ、様々な主要機関・演奏団体から作曲委嘱を受けている。作品は、オペラやオーケストラ曲から、室内楽、独奏曲、電子音楽まで広範に及び、これまでに160曲を超える。それらの多くは、国内を始めヨーロッパやアメリカで頻繁に演奏され、CDに録音されている。

1991年尾高賞、2005年中島健蔵音楽賞、2018年芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。又2012年には、アメリカ芸術・文学アカデミー外国人名誉会員(終身)に選出された。

文筆も手掛け、主な著書に『線の音楽』『聴く人』等、近著に『ものがたり西洋音楽史』、又、訳書も多い。

作品は、ほぼ全作品がイギリスのヨーク大学音楽出版局(UYMP)から、そして一部の作品がペータースから出版されている。


2020年度審査員

トーマス・アデス(イギリス)

2021年度審査員

パスカル・デュサパン(フランス)

2022年度審査員

ブライアン・ファーニホウ(イギリス)

2023年度審査員

近藤 譲(日本)

2024年度審査員

マーク=アンソニー・ターネジ(イギリス)

武満徹作曲賞 動画

ページトップ

東京オペラシティ コンサートホール/リサイタルホール


閉じる