武満徹作曲賞 審査員紹介

ルイ・アンドリーセン

© Yasunori Matsudaira

2000年度審査員

ルイ・アンドリーセン(オランダ)
Louis Andriessen (Nederland)

2000年度 審査結果・受賞者紹介

プロフィール

オランダを代表する作曲家。1939年ユトレヒト生まれ。ユトレヒト音楽院で父ヘンドリック・アンドリーセンに、またハーグ音楽院でケース・ヴァン・ヴァーレンに作曲を学ぶ。卒業後、ルチアーノ・ベリオに師事。60年代後半には、ラインベルト・デ=レウやミシャ・メンゲルベルクらと音楽と政治に関わる活動を展開した。今日までに、セリ-技法、コラージュ、ミニマル、ジャズやポップスのミュージシャンたちとの共同作業など、同時代のあらゆる音楽語法を利用し、数多くの作品を発表し続けている。近年では、映像作家ピーター・グリーナウェイとともにネザーランド・オペラのために制作したオペラ《ロサ─ある馬のドラマ》(1994)、《フェルメールへの手紙》(1999)で大成功をおさめた。主な作品に《国家》《時間》《物質》《ザ・ラスト・デイ三部作》などがある。

[メッセージ]

1970年に初めて日本を訪れ、武満に連れられ、雅楽を知ったことは作曲家の私にとってたいへん貴重なものでした。その音や動きが無意識のうちに私の中で発展し、のちに《時間》のように展開のない音楽を作るきっかけとなったからです。刺激はつねに私たちの成長を手助けしてくれます。そして今、若い作曲家たちの新しい音楽の言葉を紹介することで武満を讃えることができればと願っています。

関連リンク


ページトップ

東京オペラシティ コンサートホール/リサイタルホール


閉じる