2022年度 主催公演

  • 主催公演トップ
  • B→C
  • ヴィジュアル・オルガンコンサート

スケジュール

Open 一覧を見る Close 一覧を閉じる

2022年

4月19日[火] [241]𠮷村結実(オーボエ)
5月17日[火] [242]森野美咲(ソプラノ)
6月14日[火] [243]田中翔一朗(ピアノ)
9月20日[火] [244]佐藤采香(ユーフォニアム)
10月18日[火] [245]会田莉凡(ヴァイオリン)
11月22日[火] [246]小暮浩史(ギター)
12月20日[火] [247]上野通明(チェロ)

高松公演

9月24日[土] 佐藤采香(ユーフォニアム)

2023年

1月17日[火] [248]鶴田麻記(トランペット)
2月21日[火] [249]本堂 誠(バリトン・サクソフォン)
3月14日[火] [250]加耒 徹(バリトン)

福岡公演

3月(日程未定) 加耒 徹(バリトン)

東京オペラシティ リサイタルシリーズB→C

1998年に始まって以来、大好評の名物シリーズ「B→C(ビートゥーシー):バッハからコンテンポラリーヘ」、25年目のシーズンです。
バッハの作品と現代作品を軸とし、演奏家が自由にプログラムを組むことによって、さまざまな「B→C」を多くの方々にお聴きいただいております。
2022年度も選りすぐりの10人が登場。強烈な個性とバラエティに富んだ楽器の魅力をお楽しみください。
また、2009年度より、東京以外の都市でも開催しています。東京オペラシティ発の「B→C」、全国への広がりにもご注目ください。

*日程・公演内容等は変更になる場合がございますのでご了承ください。

2022年4月19日[火]19:00 リサイタルホール B→C [241]
𠮷村結実よしむら ゆみ
オーボエ
(2/25[金]一般発売)

N響首席奏者が贈る、オーボエの魅力満載のプログラム。バッハとクープランの対比、ラヴェル、ジョリヴェ、メシアンなど、美しく洗練された和声と自由な旋律で彩る近現代のフランス音楽をお楽しみください。

公演詳細情報へ
𠮷村結実

2022年5月17日[火]19:00 リサイタルホール B→C [242]
森野美咲もりの みさき
ソプラノ
(2/25[金]一般発売)

ブラームス国際コンクールで優勝し、欧州で活躍する期待のソプラノ。「リセット」をテーマに、バッハと20、21世紀の歌曲、自身で作詞を手掛けた委嘱新作で人間の本質に迫ります。死の許容から愛と生きる喜びへと導くプログラムです。

公演詳細情報へ
森野美咲

©Yuki Suwa

2022年6月14日[火]19:00 リサイタルホール B→C [243]
田中翔一朗たなか しょういちろう
ピアノ
(4/22[金]一般発売)

新時代のコンポーザー=ピアニストが選んだ、バッハと21世紀の音楽をメインとしたプログラム。今、欧米の音楽シーンで高く評価されている作曲家たちの作品による、多層的な音響構造を生み出した多様な響きをじっくりお楽しみください。

公演詳細情報へ
田中翔一朗

2022年9月20日[火]19:00 リサイタルホール B→C [244]
佐藤采香さとう あやか
ユーフォニアム
(6/24[金]一般発売)

フィンランドのリエクサ国際コンクールで日本人初の優勝を飾った実力派。3人の若手作曲家にライブ・エレクトロニクスやビデオを用いた新作を委嘱。低音の温かく美しい音色を武器に、ユーフォニアムの新しい可能性を追求します。

  • [高松公演]
    会場:穴吹学園ホール
    9月24日[土]14:00 (6月28日[火]一般発売)
公演詳細情報へ
佐藤采香

©Ayane Shindo

2022年10月18日[火]19:00 リサイタルホール B→C [245]
会田莉凡あいだ りぼん
ヴァイオリン
(6/24[金]一般発売)

ルーマニア国際コンクールや日本音楽コンクールで優勝し、現在、京響特別客演コンサートマスターを務めるヴァイオリニスト。東京オペラシティ文化財団が委嘱したアデスの作品日本初演をはじめとする華やかな現代曲たちと、ショスタコーヴィチの対比に注目です。

公演詳細情報へ
会田莉凡

©Kei Uesugi

2022年11月22日[火]19:00 リサイタルホール B→C [246]
小暮浩史こぐれ ひろし
ギター
(9/2[金]一般発売)

東京国際ギターコンクールをはじめ、数々のコンクールで優勝した名手。カタロニア民謡、スペインの古い舞曲などの黎明期のギター作品にはじまり、フラメンコや打楽器からインスピレーションを受けた作品、委嘱新作を含む現代曲など、ギターの幅広い魅力をお伝えします。

小暮浩史

©Waki Hamatsu

2022年12月20日[火]19:00 リサイタルホール B→C [247]
上野通明うえの みちあき
チェロ
(10/21[金]一般発売)

2021年、日本人初のジュネーヴ国際音楽コンクール チェロ部門の覇者で、現在ヨーロッパを中心に活躍する若きチェリスト。昨今の世界情勢への「祈り」をテーマに組んだオール無伴奏プログラム。伸びやかで豊かな音楽性から生まれる表現力は既にカリスマ性を感じます。

上野通明

2023年1月17日[火]19:00 リサイタルホール B→C [248]
鶴田麻記つるた まき
トランペット
(10/21[金]一般発売)

明るく柔らかい音色が魅力の若手のホープ。現在、札幌交響楽団副首席奏者として活躍する彼女が、得意とするピッコロ・トランペットで奏でるバッハやヘンデルと、西村朗の委嘱新作、武満徹、ベリオなど楽器の可能性を追求した現代作品との対比をお楽しみください。

鶴田麻記

2023年2月21日[火]19:00 リサイタルホール B→C [249]
本堂 誠ほんどう まこと
バリトン・サクソフォン
(12/23[金]一般発売)

パリ国立高等音楽院で最優秀の成績を修め、独自の世界を切り拓いているサクソフォン奏者。多彩で豊かなノイズ音によるミクロな世界から、エレクトロニクスによるダイナミックな音響空間まで、様々な共演者とともに、バリトン・サクソフォンの可能性を追求します。

本堂 誠

©Ayane Shindo

2023年3月14日[火]19:00 リサイタルホール B→C [250]
加耒 徹かく とおる
バリトン
(12/23[金]一般発売)

古楽、リート、オペラなど、幅広い活動で今最も注目を集めるバリトン歌手。B→Cで歌う言語は10カ国語、また、シェイクスピアの同一の詩に時代の異なる5人の作曲家が作曲した作品などを披露。唯一無二の贅沢なリサイタルです。

  • [福岡公演]
    会場:あいれふホール
    2023年3月7日[火]19:00 (12月10日[土]一般発売)
加耒 徹

©Hiroki Watanabe


ページトップ

東京オペラシティ コンサートホール/リサイタルホール


閉じる