トピックス一覧

2019.07.09

7/10[水]より開催
「ジュリアン・オピー」

点と線という最小限の視覚言語によって、生き生きとした人物像や風景を表現する作風で知られ、イギリスを代表するアーティストでもあるジュリアン・オピー。日本の美術館では11年ぶりとなる彼の大規模個展「ジュリアン・オピー」がいよいよ7月10日[水]より始まります。


超巨大な新作が登場

線と点など極限まで簡略化したシンプルな人物像で広く知られているオピーの作品ですが、近年は、都市の通りを行き交う人々を表現した絵画や映像、都市のビル群やカラスの立体、田園風景や羊の彫刻、ジョギングする人々など、幅広いモチーフを作品にしています。
高さ6メートル近い巨大作品に圧倒されつつ、会場に流れる鳥の声をプログラミングしたオピー自作のBGMにも耳を傾けてみてください。




会場風景



展覧会特設サイト公開中

本展の見どころや、SOPH.とのコラボレーションによる展覧会オリジナルグッズ情報(近日公開)など。




また、同時開催の「収蔵品展」と「project N」のページもあわせてご覧ください。



【展覧会情報】
ジュリアン・オピー


期間:2019年7月10日[水]─ 9月23日[月]
会場:東京オペラシティ アートギャラリー[3Fギャラリー1, 2]
開館時間:11:00 ─ 19:00 (金・土は11:00 ─ 20:00/いずれも最終入場は閉館30分前まで)
休館日:月曜日(祝日の場合は翌火曜日)、8月4日[日](全館休館日)

入場料:一般 1,200円(1,000円)、大学・高校生 800円(600円)、中学生以下無料

*同時開催「収蔵品展067 池田良二の仕事」「project N 76 末松由華利」の入場料を含みます。
収蔵品展入場券200円(各種割引は無し)もあり。
*( )内は15名以上の団体料金
*障害者手帳をお持ちの方および付添1名は無料。
Arts友の会会員は無料。(会員証をご呈示ください)
*割引の併用および払い戻しはできません。



お問い合わせ:03-5777-8600(ハローダイヤル)

主催:公益財団法人 東京オペラシティ文化財団
協賛:ジャパンリアルエステイト投資法人
協力:MAHO KUBOTA GALLERY

 トピックス一覧へ戻る