トピックス一覧

2020.08.24

「ドレス・コード?─ 着る人たちのゲーム」が西洋美術振興財団 学術賞を受賞

8月30日まで開催中の「ドレス・コード?─ 着る人たちのゲーム」展を企画・構成した牧口千夏氏(京都国立近代美術館 主任研究員)、石関亮(京都服飾文化研究財団 キュレーター)、小形道正(京都服飾文化研究財団 アソシエイト・キュレーター)の3名が、第15回 西洋美術振興財団賞の学術賞を受賞しました。

西洋美術振興財団賞は、日本における西洋美術の振興等を目的として平成7年に設立された公益財団法人西洋美術振興財団が、平成18年に創設。過去2年間に開催された西洋美術に関する展覧会等のなかから、西洋美術の理解と文化交流の促進、西洋美術研究発展に寄与する優れた活動を行った個人(学術賞)・団体(文化振興賞)に対し、表彰を行うものです。

「ドレス・コード?」展は閉幕まであと1週間ですのでお見逃しのないよう、事前予約の上ご来館ください。


 トピックス一覧へ戻る