トピックス一覧

2020.07.03

7月4日[土]より開催
「ドレス・コード?─ 着る人たちのゲーム」

東京オペラシティ アートギャラリーでは、7月4日より「ドレス・コード?─ 着る人たちのゲーム」を開催いたします。

ご来館は日時指定の予約制となっております。予約方法について詳細はこちらをご覧ください。


ファッションを通じて人や社会の関係性を問いかける展覧会

ファッションは、単に流行の服やスタイルを意味するだけではありません。ある時代や地域、文化や慣習と結びついた服装全般を含めることができます。そこには、暗黙の〈ドレス・コード〉ともいえるさまざまな形の規範やルールが存在し、しばしば人々の行動や思考にも影響を与えるのです。本展では、そうした服装のコードをめぐって繰り広げられる私たちの装いの実践、着る人とそれを視る人との関係性、さらには衣服を通じた私たちと社会とのつながりについて問い直します。

展示風景
撮影:畠山直哉


13のキーワードで探るドレス・コード

本展では、京都服飾文化研究財団(KCI)が収蔵する衣装コレクションを中心に、ファッションとアートのほか、映画やマンガなどに描かれた衣装も視野に入れながら、300点を超える作品で構成し、現代社会における新たな〈ドレス・コード〉、私たちの装いの実践(ゲーム)を、13のキーワードで見つめなおします。

展示風景
撮影:畠山直哉


東京展独自の展示も新たに追加

本展は2019年8月の京都国立近代美術館、12月の熊本市現代美術館を経て、いよいよ東京での開催となります。東京オペラシティアートギャラリーのすべての展示室(3階、4階)を使用しています。東京展ではノワール ケイ ニノミヤ(2020年春夏)やコム デ ギャルソン(2016-17年秋冬)の衣装作品が初出品。また、青山悟、マームとジプシー、チェルフィッチュの作品も、東京展独自の展示方法でご覧いただけます。


【展覧会情報】
ドレス・コード?─ 着る人たちのゲーム
Dress Code: Are You Playing Fashion?


ご来館は日時指定の予約制となっております。予約方法について詳細はこちらをご覧ください。

*当館の新型コロナウィルス感染症対策についてはこちらをご確認ください。

期間:2020年7月4日[土]─ 8月30日[日]
会場:東京オペラシティ アートギャラリー[ギャラリー1, 2, 3, 4]
開館時間:11:00―19:00(入場は18:30まで)
休館日:月曜日(祝日の場合は翌火曜日)、8月2日[日](全館休館日)

入場料:一般 1,200円(1,000円)、大学・高校生 800円(600円)、中学生以下無料

*同時開催「project N 79 糸川ゆりえ」の入場料を含みます。
*( )内は各種割引料金。ただし、団体でのご入場は当面の間休止し、団体割引は適用されません。
*障害者手帳をお持ちの方および付添1名は無料。
Arts友の会会員は無料。(会員証をご呈示ください)
*割引の併用および払い戻しはできません。



お問い合わせ:03-5777-8600(ハローダイヤル)

主催:公益財団法人 東京オペラシティ文化財団、公益財団法人 京都服飾文化研究財団
協賛:NTT都市開発株式会社
特別協力:株式会社ワコール
企画協力:京都国立近代美術館
協力:KLMオランダ航空、株式会社七彩、センクシア株式会社、ヤマトグローバルロジスティクスジャパン株式会社
助成:モンドリアン財団

 トピックス一覧へ戻る