トピックス一覧

2017.07.07

いよいよ7/8[土]より開催
「荒木経惟 写狂老人A」

今年5月に77歳(喜寿)を迎えたアラーキーこと荒木経惟。「老いていかなければ見えない、映らないことがある」と語る荒木の新作1000点以上を公開する展覧会「荒木経惟 写狂老人A」が、いよいよ明日7月8日[土]より東京オペラシティ アートギャラリーで始まります。

●新作の全てを印画紙プリントで展示

現在、インクジェットプリントによる写真展示が一般的となっていますが、本展では、新作はすべて印画紙プリントで展示します。これはフィルムカメラにこだわり、「印画紙は魔法の紙」と語る荒木の強い意向によるものです。最近見る機会の少ない印画紙による写真の数々を、会場で実際に体感してください!

プレス関係者を対象とした、荒木経惟自身によるギャラリーツアーの様子(2017/7/7)


●展覧会特設サイトがオープン

展覧会の見どころをご紹介。今後、展示風景も掲載される予定です。




また、同時開催の「収蔵品展」と「project N」のページもあわせてご覧ください。


●「荒木経惟 写狂老人A」On Air情報

荒木経惟のインタビューが「日曜美術館アートシーン」で放送されます。

■NHK Eテレ「日曜美術館 アートシーン」
放送日時:2017年8月6日[日]午前9:45 ─ 10:00
(予定)
(再放送:同日 20:45 ─ 21:00)

番組ホームページ 

http://www4.nhk.or.jp/nichibi/357/

*放送当日8/6[日]は東京オペラシティビル全館休館日のため、また翌8/7[月]は休館日のため、アートギャラリーは休館します。ご注意ください。
*放送日時・内容は予告なく変更される場合があります。



●荒木経惟の個展が連続開催

都内はもちろん、今年も全国各地で荒木経惟の個展が開催されます。荒木の多彩な作品に触れるチャンスです。

■荒木経惟 「センチメンタルな旅、1971-2017-」
会期:2017年7月25日 ─ 9月24日
会場:東京都写真美術館(東京)
https://topmuseum.jp/contents/exhibition/index-2795.html

■荒木経惟 「東京墓情 荒木経惟×ギメ東洋美術館」
会期:2017年6月22日 ─ 7月23日
会場:CHANEL NEXUS HALL(東京)
http://chanelnexushall.jp/program/2017/araki/

■荒木経惟 私、写真。
会期:2017年12月17日 ─ 2018年3月25日
会場:丸亀市猪熊弦一郎現代美術館(香川)
http://www.mimoca.org/ja/timeline/2017/

■荒木経惟 花幽園
会期:2017年7月14日 ─ 8月31日
会場:RAT HOLE GALLERY(東京)
http://www.ratholegallery.com/exhibitions/2017/02Araki/intro.htm


【展覧会情報】
荒木経惟 写狂老人A
ARAKI Nobuyoshi: Photo-Crazy A


期間:2017年7月8日[土]─ 9月3日[日]
会場:東京オペラシティ アートギャラリー[3Fギャラリー1, 2]
開館時間:11:00 ─ 19:00 (金・土は11:00 ─ 20:00/いずれも最終入場は閉館30分前まで)
休館日:月曜日(祝日の場合は翌火曜日)、8月6日[日・全館休館日]

入場料:一般 1,200円(1,000円)、大学・高校生 800円(600円)、中学生以下無料

*同時開催「収蔵品展059 静かなひとびと」「project N 68 森 洋史」の入場料を含みます。
収蔵品展入場券200円(各種割引は無し)もあり。
*( )内は15名以上の団体料金
*障害者手帳をお持ちの方および付添1名は無料。
Arts友の会会員は無料。(会員証をご呈示ください)
*割引の併用および払い戻しはできません。



主催:公益財団法人 東京オペラシティ文化財団
特別協賛:ジャパンリアルエステイト投資法人
協賛:株式会社写真弘社
協力:相互物産株式会社、株式会社フレームマン
企画:北澤ひろみ(ゲストキュレーター)

 トピックス一覧へ戻る