ナタリー・デセイ&フィリップ・カサール デュオ・リサイタル エッセイ「あの「奇跡の声」を再び! 待望のリサイタル」

伊熊よし子(音楽評論家)

ナタリー・デセイが待望の初来日公演を行ったのは、2004年9月のことだった。コンサートでは、マスネ『マノン』、トマ『ハムレット』のオフェリア、ベッリーニ『夢遊病の女』のアミーナの各アリアが凄みを帯びたすばらしい歌唱でうたわれ、驚異的な集中力に支配されたドニゼッティ『ランメルモールのルチア』では、会場が息を殺したように静まり、みな「狂乱の場」に酔いしれた。2010年のトリノ王立歌劇場の日本公演では、ヴェルディ『椿姫』のヴィオレッタを熱演。これまでのヴィオレッタ像をくつがえす新しいヒロイン像を生み出した。

デセイは子どものころにバレエを習い、やがて女優を目指したというだけあって、演技力抜群。舞台狭しとはだしで走り回ったり寝転びながらうたったりする。どんな姿勢をとろうが、完璧に磨き上げられた歌唱はゆるがない。高音はコロコロところがる真珠の粒のようであり、また大空に飛翔していくかろやかな鳥の羽ばたきのようでもある。しかし、ヴィオレッタでは、幾重にも表情を変えていく中音域の表現力の多彩さが際立っていた。これは全幕にわたってほとんどうたいっぱなしの難役。それを幕ごとにあたかも異なった人物のように表情を変化させ、その場のヴィオレッタになりきり、聴き手の心にひとりの女性のはげしい生きざまを強烈に植え付けた。彼女は2001年以降、幾度か声帯の外科手術を受け、声域や声質を考慮し、レパートリーを見直さなくてはならなくなった。来日公演は病が癒え、声に負担をかけぬよう表現力により磨きをかけた時期だったが、大きな試練を乗り越えた人だけがもつ、心を揺さぶるような説得力にあふれた歌声だった。デセイが舞台に登場すると、そこだけ空気が変わるようだ。顔の表情からからだ全体が醸し出す雰囲気まで、すべて作品の主人公そのもの。この演技力と表現力を兼ね備えた「奇跡の声」は聴き手の心を強くとらえ、もっと他の役を聴きたいと切望させる。

日本で初めてフィリップ・カサールと組んでリサイタルを行ったのは2014年。さまざまな作曲家の色とりどりの歌曲を選んで熱唱、各曲で圧倒的な歌声を披露した。彼女は作品の雰囲気に合わせて衣裳も変え、前半は人魚姫のようであり、後半は天女を思わせ、聴き手を別世界へといざなうような歌を聴かせた。それにはカサールのピアノが大きく影響している。声とピアノが見事に一体化し、創造的な世界を作り上げ、ふたりの音楽は完璧な形で融合していたからである。カサールはドビュッシーの解釈者として知られ、ピアノ曲全曲演奏を行うなど作品に精通している。デセイともドビュッシーの歌曲集を録音している。それゆえ、彼らはドビュッシーの歌曲をプログラムに登場させることを好み、今回も選曲している。このデュオは、詩的で絵画のような衣をまとった歌声をピアノが幻想的な美で包み込む。香り高きエスプリを感じさせる名演が生まれるに違いない。

東京オペラシティArts友の会会報誌「tree」Vol.120(2017年2月号)より

© Marc Ribes licensed to Virgin Classics

■公演情報

ナタリー・デセイ&フィリップ・カサール
デュオ・リサイタル

2017年4月19日[水]19:00
会場:コンサートホール

[出演]

ソプラノ:ナタリー・デセイ
ピアノ:フィリップ・カサール

[曲目]

"Portraits de femmes"
シューベルト:ミニョンの歌 D877/糸を紡ぐグレートヒェン D118
モーツァルト:歌劇『魔笛』より「愛の喜びは消え」
ショーソン:終わりなき歌 op.37
ドビュッシー:未練/死化粧
グノー:歌劇『ファウスト』より「何と美しいこの姿」

公演詳細情報へ

[料金](全席指定・税込)

S:¥11,000 A:¥9,000 B:¥7,000 C:¥5,000

[チケット情報]

東京オペラシティチケットセンター
03-5353-9999(電話 10:00〜18:00/店頭 11:00〜19:00/月曜定休)

インターネット予約

コンサート情報

ナタリー・デセイ&
フィリップ・カサール
デュオ・リサイタル


2017年4月19日[水]19:00
コンサートホール

公演詳細情報へ


ページトップ

東京オペラシティ コンサートホール/リサイタルホール


閉じる