インタビューパブロ・シーグレル(ピアノ/作曲/編曲)世界最高峰のジャズ・ヴァイオリニスト、レジーナ・カーターをフィーチャー」

ピアソラ没後20年を記念して開催された「ブエノスアイレスの四季」から3年。東京オペラシティ再登場のパブロ・シーグレルが、今度は自身の五重奏団とともに、ジャズ・ヴァイオリンのトップアーティスト、レジーナ・カーターを迎えたプロジェクト「タンゴ・ジャズ・コネクション」を披露します。来日したシーグレルに聴きどころをうかがいました。

(取材:2014年10月 東京にて)

  • ■シーグレルさんはピアソラ五重奏団のピアニストとして活躍されていました。最初にピアソラとの出会いについてお聞かせいただけますか。
  • シーグレル:1978年、知人のギタリスト、オスカル・ロペス・ルイスが「ピアソラが新しい五重奏団のメンバーに君を迎えたいと言っている」という連絡をしてきたのがきっかけです。ピアソラに会ってすぐその場でセッションをし、これはうまくいくなとフィーリングが合ったところで、ピアソラが楽譜の束をどさっと渡してきたんです。「20日後にリハーサルを始めるから、全部練習してきてくれ」と。20日間必死に練習してリハーサルにのぞみましたが、最初からとてもいい雰囲気で、信頼関係を築くことができました。ピアソラに指名してもらうのは、アルゼンチンのサッカー代表チームに選ばれるくらい名誉なことです。最初に会ったとき「本当に私でよいのか、私はタンゴのピアニストとしてのキャリアはないが」と聞いたところ、「だから君がほしいんだ」と言われたのを覚えています。ピアソラは自らのタンゴに「即興」の要素を求めていたのでしょう。
  • インタビューパブロ・シーグレルphoto
  • ■今回披露いただく「タンゴ・ジャズ・コネクション」も、ジャズ要素を多く含む一味違うプログラムですね。
  • シーグレル:ピアソラが亡くなってから、私が最初にしたことは、バンドネオンなしの編成で新しいグループを作ることでした。そして毎回異なるジャズ界のトップアーティストをゲストとして迎えたのです。それが今回の「タンゴ・ジャズ・コネクション」の元になったもので、ニューヨークのジャズクラブで始まり、10年以上続いている人気プログラムです。この間20人以上のジャズ・アーティストと共演してきましたが、今回フィーチャーするレジーナ・カーターはそのなかで最もお客様からの人気が高かったアーティストです。レジーナは、ビブラートの弾き方がちょっとブルース的なので、果たして自分の曲に合うのだろうかと疑問に思っていたのですが、リハーサルで一緒に弾いたときからマジックモーメントが起こり、いいケミストリーを作ることができました。彼女は一瞬にして聴衆の集中力を集めることのできる奇跡的なアーティストです。お互いに学び、発見し合うことのできるいい関係が続けられていると思います。
  • ■今回のプログラムは、ピアソラとシーグレルさんの作品で構成されています。いくつか作品紹介をお願いいたします。
  • インタビューパブロ・シーグレルphoto
  • シーグレル:今回が日本初演となる私の《マハビシュヌ・タンゴ》は、レジーナと世界初演した作品です。ジャズ、ロックにタンゴ的なメロディをどのように合体させるかという点で私にとって挑戦だったのですが、大成功を収めました。レジーナのお気に入りの作品でもあります。また《プレイシス》はブリティッシュ・カウンシルの委嘱でコンテンポラリー音楽のフェスティバルのために作曲した作品です。 ピアソラはたくさんの作品を残しましたが、唯一作曲しなかったのが、速いタイプのミロンガです。今回のプログラムのうち2曲、私の《ミロンガをもう一度》と《石蹴り遊び》に使われているのが「速いミロンガ」で、ヌエボ・タンゴのファンに人気の高い作品です。最後のピアソラ《チン・チン》は、ピアソラと私の長い関係を物語る作品です。この作品を初めてピアソラ五重奏団で弾き始めたときは、即興の部分が2〜3小節しかなかったのですが、最後の2、3年は時には10分あまり一人で即興することもあったほど革新を遂げました。 ぜひ今回はレジーナとのセッションを楽しみにしていてください!

東京オペラシティArts友の会会報誌「tree」Vol.107(2014年12月号)より

■公演情報

パブロ・シーグレル五重奏団
featuringレジーナ・カーター
「タンゴ・ジャズ・コネクション」

2015年3月6日[金]19:00

会場:コンサートホール

公演詳細情報へ

[料金](全席指定・税込)

S:¥6,000 A:¥5,000 B:¥4,000 C:¥3,000
(Arts 友の会特典:10%割引)

[チケットのお申し込み]

東京オペラシティチケットセンター
03-5353-9999(電話 10:00〜18:00/店頭 11:00〜19:00/月曜定休)

インターネット予約

コンサート情報

2015年3月6日[金]19:00
コンサートホール

パブロ・シーグレル五重奏団
featuringレジーナ・カーター
「タンゴ・ジャズ・コネクション」

公演詳細情報へ

パブロ・シーグレル
(ピアノ/作曲/編曲)

Pablo Ziegler, piano/composer/arranger

インタビューパブロ・シーグレルphoto” width=
© AlVA(SHIMA ARTS LLC.+K.Fujimoto)

ニューヨークを拠点に世界で活躍するアルゼンチン人作曲家/編曲家/ピアニスト。名門ブエノスアイレス音楽院を首席で卒業。15歳でリサイタルデビューを飾り、クラシック及びジャズピアニストとして活動をはじめる。1978年より、タンゴの革命児アストル・ピアソラの五重奏団で師の引退まで10年余ピアニストとして共演。CD『バホ・セロ』でグラミー賞を受賞。現在は世界を代表するオーケストラやアーティストと共演およびCDの監修を精力的につとめる。CD『ロホ・タンゴ』(2012)でエコークラシック賞(独)を受賞、『アムステルダム・ミーツ・ニュータンゴ』(2013)がラテン・グラミー賞にノミネートされる。教育者としても名門音楽学校を中心に、マスタークラスなど各国で開催。


ページトップ

東京オペラシティ コンサートホール/リサイタルホール


閉じる