B→C バッハからコンテンポラリーへ
184 篠崎 孝(トランペット)

チラシ拡大

日時:
2016年9月20日[火]19:00
会場:
リサイタルホール     ホールへの行き方

気品ある温かな響き。
大阪フィル首席奏者が贈るソロステージ!

  • 【アンコール曲】 ・葉加瀬太郎:「情熱大陸」

[出演]

トランペット:篠崎 孝
ヴァイオリン:佐久間 聡一 *
ピアノ:小松 祥子 **

[曲目]

  • シャルパンティエ:《テ・デウム》ニ長調から「前奏曲」** 
  • J.S.バッハ:オーボエ・ダモーレ協奏曲 イ長調 BWV1055R ** 
  • ケンツビッチ:悲歌・・・・(2016、篠崎孝委嘱作品、世界初演)**
  • 柳川瑞季:Realistic(2016、篠崎孝委嘱作品、世界初演)**
  • マーク・アンドレ:iv 6b(2010-2011)
  • シュテルツェル/J.S.バッハ:御身がともにあるならば BWV508 ** 
  • イウェイゼン:トランペット、ヴァイオリン、ピアノのための三重奏曲(1992)*/** 
マークのある曲は試聴できます。 試聴サービスについて

  • チケット情報
  • 公演について
  • 出演者プロフィール

チケット情報

[料金]全席自由
¥3,000(税込)
[チケット発売日]
Arts友の会優先発売:4月15日[金](特典:10%割引)
一般発売:4月22日[金]
[チケット取り扱い]
東京オペラシティチケットセンター 03-5353-9999
チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:287-791)

公演について

9月のB→Cは大阪フィル首席奏者、篠崎孝。2008年に入団してから早8年。すっかり大阪の街にもオーケストラにも慣れ、忙しい演奏活動の合間には自らの音楽を高めるべくリサイタルやコンクールの挑戦も重ね、2012年の日本音楽コンクールでは1位受賞を果たしました。
当夜は演奏曲のほぼすべてが初挑戦!「D管トランペットで演奏したら素敵だな」と選んだのは、バッハのオーボエ・ダモーレ協奏曲。トランペットの新たなレパートリーになることを願う新作初演の2曲、とりわけ師匠でもあるケンツビッチこと津堅直弘氏への委嘱は思いもひとしおです。「ワウワウミュートの高度な使用、タンギングだけの表現などなど、予想のつかない不思議な世界に迷い込むような音楽」と語る、マーク・アンドレ作品は2011年のミュンヘン国際音楽コンクール課題曲。締めくくりには大好きなイウェイゼンを選びました。
シャルパンティエやバッハが活躍した時代、トランペットは高貴な楽器と見なされていました。彼の気品ある温かな音色は、そんなトランペットの存在感をより魅力的に際立たせることでしょう。ぜひお楽しみに!

出演者プロフィール

篠崎 孝(トランペット)

Takashi Shinozaki, trumpet
1986年神奈川県出身。2008年洗足学園音楽大学卒業。第78回読売新人演奏会に出演。2012年第81回日本音楽コンクールトランペット部門第1位、E.ナカミチ賞受賞。2008年より大阪フィルハーモニー交響楽団首席トランペット奏者。これまでにリサイタルを神奈川、徳島、各都市で開催。ソリストとして東京フィルハーモニー交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、瀬戸フィルハーモニー交響楽団、徳島文理大学オーケストラ、洗足フィルハーモニー管弦楽団と共演。トランペットを津堅直弘、栃本浩規、高橋敦、杉本正毅の各氏に、室内楽を秋山鴻市氏に師事。徳島文理大学、洗足学園音楽大学、大阪音楽大学、非常勤講師。関西トランペット協会理事。金管合奏団「宴」、ブラスアンサンブル匠、ORIENT BRASS QUINTET、デュオ夢街道、各メンバー。
*曲目、演奏曲順、出演者等は、変更になる場合がございますのでご了承ください。
*就学前のお子様の同伴・入場はご遠慮ください。
*ネットオークション等での営利目的の転売はお断りします。


主催:公益財団法人 東京オペラシティ文化財団
協賛:日本生命保険相互会社

ページトップ

東京オペラシティ コンサートホール/リサイタルホール


閉じる