B→C バッハからコンテンポラリーへ
101 岡崎慶輔(ヴァイオリン)

B→C バッハからコンテンポラリーへ 101 岡崎慶輔(ヴァイオリン)チラシ

チラシ拡大

日時:
2008年4月22日[火]19:00
会場:
リサイタルホール     ホールへの行き方

17歳でドイツに渡って10年余り。
ミュンヘン・コンクール優勝の大器が挑む、初のオール無伴奏。

  • 【アンコール曲】 J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第3番 ホ長調 BWV1006 より ルール

[出演]

岡崎慶輔(Vn)

[曲目]

  • J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第3番 ホ長調 BWV1006
  • M.ヘイズ:エストラゴンとウラディミル(2008、世界初演)
  • M.ヘイズ:ラッキーズ・スピーチ(2005、日本初演)
  • イザイ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第4番 ホ短調 op.27-4
  • 細川俊夫:ウインター・バード(1978)
  • バルトーク:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ Sz117

  • チケット情報
  • 公演について
  • 出演者プロフィール

チケット情報

[料金]全席自由
¥3,000(税込)
[チケット発売日]
Arts友の会優先発売 :12月7日[金](特典:10%割引)
一般発売 :12月14日[金]
インターネット予約受付開始(予定) :12月18日[火]10:00~
[チケット取り扱い]
東京オペラシティチケットセンター 03-5353-9999
チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:275-977)
イープラス http://eplus.jp/
CNプレイガイド 0570-08-9999

公演について

17歳でドイツに渡って10年余り。
ミュンヘン・コンクール優勝の大器が挑む、初のオール無伴奏。

音があらかじめ用意されていない「無音」の状態から、無限の「音色」を生み出すことができる瞬間に感動をおぼえる・・・それこそが、ヴァイオリンでなければ味わえない魅力・・・。
ヴァイオリンは今や、そう語る彼の「分身」ともいえる存在。愛器ストラディヴァリウスの音色を通じて、作曲家の意図したものと同時に自己を表現できる喜びをかみしめ、いま現在の“彼自身”がしっかりと彩られる演奏スタイルは、実にすがすがしい。 メニューインに見出され、著名な教授陣や演奏家のもとで研鑽を積み難関ミュンヘン・コンクールを制覇した逸材が、20代の節目に無心に紡ぐ、オール無伴奏プログラム。 彼の現代モノも、必聴です!

出演者プロフィール

岡崎慶輔(ヴァイオリン)

Keisuke Okazaki, violin
2005年に難関のミュンヘン国際音楽コンクールヴァイオリン部門で同部門史上4人目の第1位を受賞。日本人では21年ぶり2人目の快挙を果たす。これまでに、ヴィエニアフスキ・コンクール(シニア部門)(ルブリン)で日本人初の第1位、R・リピツァー賞コンクールで第1位及び4つの特別賞受賞の他、数々の主要な国際コンクールで優れた成績を収める。 1979年福岡生まれ。母親の手ほどきで4才からヴァイオリンを始める。13歳でメニューインに才能を認められる。 14歳で北九州国際音楽祭TOTOクフモプライズを受賞し、クフモ室内楽音楽祭に出演。94年東京芸大附属高校を経て、ドイツに留学。文化庁芸術家在外研修員。浦川宜也、ザハール・ブロン、イゴール・オジム各氏に師事。03年ベルン音大 ソリスト・ディプロマ課程を首席で卒業し、Eduard-Tschumi-Preisを受賞。04年からベルリンフィル・カラヤン・アカデミーでサイモン・ラトル、安永徹、ガイ・ブラウンシュタイン各氏の下、ソリスト、室内楽及びオーケストラの研鑽の傍ら、Y.ブロンフマンとの室内楽共演、ドイツ内外での室内楽ツアーやリサイタルを行ない、好評を得る。これまでに、フィルハーモニア・ハンガリカとのドイツ・デビューを始め、サンクトペテルブルグ・フィル他、ヨーロッパのオーケストラと多数共演。殊に、J.クライツベルク指揮バイエルン放送響との共演 及び F.オッル指揮による英国を代表する現代音楽グループBCMGとの委嘱作品の世界初演は、絶賛を博した。 国内では、東響、日本フィル、群響、都響、九響、読売日響、東京ヴィヴァルディ合奏団等と共演の他、北九州国際音楽祭やリサイタルに出演。透明感のある美しい響き、繊細で多彩な表現力は高い評価を得ている。 2000年 コロムビアよりCD「デビュー!」をリリース。
*曲目、出演者等は、変更になる場合がございますのでご了承ください。

*就学前のお子様の同伴・入場はご遠慮ください。

*ネットオークション等での営利目的の転売はお断りします。


主催:東京オペラシティ文化財団

協賛:日本生命保険相互会社

ページトップ

東京オペラシティ コンサートホール/リサイタルホール


閉じる