2008年度主催公演

  • 主催公演トップ
  • B→C
  • ヴィジュアル・オルガンコンサート
  • リンガリング・コンサート

スケジュール

Open 一覧を見る Close 一覧を閉じる

東京オペラシティ リサイタルシリーズB→C

「B→C(ビートゥーシー|バッハからコンテンポラリーへ)」は、実力ある個性的な若手日本人演奏家による月一回の定期演奏会シリーズです。それぞれのアーティストが、バッハ作品(B=Bach)と現代作品(C=Contemporary)を軸に組む自由で大胆なプログラムが注目を集め、毎回売切必至の人気シリーズとなっています。

11年目(101回~110回)となる2008年度も選りすぐりの10人、10種類の楽器が登場。強烈な個性とバラエティに富んだ楽器の魅力に、ぜひご期待ください。

2008年4月22日[火]19:00 B→C [101]
岡崎慶輔おかざき けいすけ
ヴァイオリン
(12/14[金]一般発売)

一昨年に日本人では21年ぶりのミュンヘン国際コンクール優勝をさらった逸材。ベルリンフィル・アカデミーではラトル氏の薫陶も受け、欧州で研鑽を積む若武者が挑む、初のオール無伴奏!

公演詳細情報へ
岡崎慶輔

2008年5月13日[火]19:00 B→C [102]
鈴木優人すずき まさと
チェンバロ&オルガン
(12/14[金]一般発売)

鍵盤奏者・通奏低音奏者として、父・鈴木雅明氏の血筋を見事に受け継ぐ作曲科出身の彼。チェンバロとシリーズ初登場となるオルガンの両方で巧みに表現するB→Cにご期待を!

公演詳細情報へ
鈴木優人

2008年6月24日[火]19:00 B→C [103]
辻本憲一つじもと けんいち
トランペット
(2/15[金]一般発売)

東京フィル首席奏者。タフで安定感抜群のミラクル・トランペッター、満を持しての登場です。ソロの実力も折り紙つき。彼の考えるB→Cはどんなステージなのでしょう? 興味は尽きません。

公演詳細情報へ
辻本憲一

2008年9月16日[火]19:00 B→C [104]
田村 響たむら ひびき
ピアノ
(4/25[金]一般発売)

ロン=ティボー国際音楽コンクール優勝!の速報も!!アリオン賞、出光音楽賞など数々の輝かしい受賞歴をもつピアニスト。まだ21歳とは恐るべし。彼の現代曲演奏は必聴です!

公演詳細情報へ
田村 響

2008年10月21日[火]19:00 B→C [105]
中川 英二郎なかがわ えいじろう
トロンボーン
(6/20[金]一般発売)

日米を股にかけてジャズ界をリードするトロンボーン・プレイヤーであり、最も忙しいスタジオ・ミュージシャンでもある彼が、なんとB→Cに参戦! これはある意味、"事件"です!

公演詳細情報へ
中川 英二郎

2008年11月18日[火]19:00 B→C [106]
宮村和宏みやむら かずひろ
オーボエ
(6/20[金]一般発売)

東京佼成ウインドオーケストラ・副コンサートマスターとして活動する傍ら、現代音楽アンサンブルやソロ活動にも意欲的に挑戦しつづけるオーボエ奏者。遂に、B→Cに登場。

公演詳細情報へ
宮村和宏

2008年12月9日[火]19:00 B→C [107]
小山裕幾こやま ゆうき
フルート
(8/29[金]一般発売)

弱冠18歳で04年の日本音楽コンクールを制した若きフルーティスト。音楽一直線かと思いきや、現在慶応大学理工学部に籍を置く理数系大学生の顔も。文武両道、新世代のアーティスト。

公演詳細情報へ
小山裕幾

2009年1月27日[火]19:00 B→C [108]
臼木あいうすき あい
ソプラノ
(8/29[金]一般発売)

22歳で日本音楽コンクールに優勝し、ザルツブルグにて研鑽中の新進ソプラノ。よくコントロールされた美声と豊かな感情表現が群を抜いている声楽界のホープ。お楽しみに。

公演詳細情報へ
臼木あい

2009年2月24日[火]19:00 B→C [109]
佐藤和彦さとう かずひこ
テューバ
(10/17[金]一般発売)

現在、新日本フィルメンバー。センセーショナルなニュースとなった、フィリップ・ジョーンズ国際コンクール第3位入賞の実力派。テューバが主役になる一夜にぜひご期待ください。

公演詳細情報へ
佐藤和彦

2009年3月24日[火]19:00 B→C [110]
木川博史きがわ ひろし
ホルン
(10/17[金]一般発売)

若手ながらサイトウ・キネン・フェスティバルや小澤征爾音楽塾、PMFフェスティバルなどに引っ張りだこの怪物ホルン奏者が、とうとうB→Cにやってきます! 現在はドイツ留学中。

公演詳細情報へ
木川博史

ページトップ

東京オペラシティ コンサートホール/リサイタルホール


閉じる