次回展覧会「カミーユ・アンロ|蛇を踏む」 2019/7/19 update

東京オペラシティ アートギャラリーでは2019年10月16日[水]より12月15日[日]まで、企画展「カミーユ・アンロ|蛇を踏む」を開催いたします。

カミーユ・アンロ国内初の大規模個展ついに開催

1978年フランス生まれのカミーユ・アンロは、映像、彫刻、ドローイング、インスタレーションなどさまざまなメディアを駆使して「知」と「創造」の新しい地平を探求する作家です。作品は、旺盛な知的好奇心に突き動かされた膨大なリサーチにもとづき、その範囲は文学、哲学、美術史、天文学、人類学、博物学、デジタル化された現代の情報学など多岐にわたります。しかしそれらを単なる情報として操作するのではなく、広義の教養(すべてのものから学び、内在化したうえで活かすもの)とすべく受容/咀嚼したうえで、天地万有的(ユニバーサル)ともいえる統合と創造へとおおらかに昇華させるのが、アンロの作品の最大の魅力です。

〈革命家でありながら、花を愛することは可能か?〉2011- ギャラリー・カメル・メヌールでの展示風景(2012)
photo: Fabrice Seixas
courtesy the artist and kamel mennour (Paris/London) Metro Pictures (New York) Galerie König (Berlin) © ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo 2019

《青い狐》2014 パレ・ド・トーキョーでの展示風景(2017)
photo: Zachary Tyler Newton
courtesy the artist and kamel mennour (Paris/London) Metro Pictures (New York) Galerie König (Berlin) © ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo 2019

こうした彼女の制作は、映像作品《偉大なる疲労》で2013年第55回ヴェネチア・ビエンナーレの銀獅子賞を受賞したことで国際的に知られることとなり、2017年にはパレ・ド・トーキョー(パリ)にて、全館を使った "carte blanche"(全権委任・自由裁量)の個展開催の権利を与えられた史上三人目の作家となるなど、現代美術家としておおいに注目を集めています。


《偉大なる疲労》
2013 ヴィデオ 13分
courtesy the artist, Silex Films and kamel mennour (Paris/London) Metro Pictures (New York) Galerie König (Berlin) © ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo 2019

日本においては、2014年に第6回恵比寿映像祭で《偉大なる疲労》の上映、2017年には森美術館 MAMスクリーン006で短編映像9点の特集上映など、映像を中心に紹介されてきました。本展は、大型のインスタレーション作品を含めた作家のこれまでと現在を、初めて総合的に展示する機会となります。草月流の全面的な協力を得て会場で制作されるいけばなの作品は、日本での開催ならではの試みでもあります。


《矛盾したメッセージを送る》2019 水彩、紙
courtesy the artist and kamel mennour (Paris/London) Metro Pictures (New York) Galerie König (Berlin) © ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo 2019


《どれにしよう》2019 インク、紙
courtesy the artist and kamel mennour (Paris/London) Metro Pictures (New York) Galerie König (Berlin) © ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo 2019

彼女のあくなき知への冒険を共にたどりながら、その先の答えは一つに収斂されることはないこと、さまざまな矛盾 や多義性の混沌のなかにこそ世界の理(ことわり)と創造の源があることを体感していただけることでしょう。

インフォメーション

カミーユ・アンロ|蛇を踏む

期間:2019年10月16日[水]─ 12月15日[日]
会場:東京オペラシティ アートギャラリー[3Fギャラリー1, 2]
開館時間:11:00 ─ 19:00 (金・土は11:00 ─ 20:00/いずれも最終入場は閉館30分前まで)
休館日:月曜日(祝日の場合は翌火曜日)

入場料:一般 1,200円(1,000円)、大学・高校生 800円(600円)
中学生以下無料

  • 同時開催「収蔵品展068 李禹煥版画展(仮題)」「project N 77 山田七菜子」の入場料を含みます。
  • 収蔵品展入場券200円(割引は無し)もあり。
  • ( )内は15名以上の団体料金
  • 障害者手帳をお持ちの方および付添1名は無料。
  • Arts友の会会員は無料。(会員証をご呈示ください)
  • 割引の併用および払い戻しはできません。

お問い合わせ:03-5777-8600(ハローダイヤル)

主催:公益財団法人 東京オペラシティ文化財団
協賛:NTT都市開発株式会社
助成:アーツカウンシル東京、アンスティチュ・フランセ・パリ本部
後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
特別協力:一般財団法人 草月会
協力:ギャラリー・カメル・メヌール

開館日時

  • 2019年8月23日[金]
    11:00 - 20:00
  • 2019年8月24日[土]
    11:00 - 20:00
  • 2019年8月25日[日]
    11:00 - 19:00
  • 2019年8月26日[月]
    休館日
  • 2019年8月27日[火]
    11:00 - 19:00
  • 2019年8月28日[水]
    11:00 - 19:00
  • 2019年8月29日[木]
    11:00 - 19:00

1週間分の予定を表示