トピックス一覧

2018.07.13

7/14[土]より開催
「イサム・ノグチ ─ 彫刻から身体・庭へ ─」

今年没後30年を迎えるイサム・ノグチ。日本国内では12年ぶりとなる回顧展「イサム・ノグチ ─ 彫刻から身体・庭へ ─」が、いよいよ明日7月14日[土]より東京オペラシティ アートギャラリーで始まります。

「異文化の融合」をめざしたノグチの活動の全容を紹介

世界文化を横断しながら、彫刻はもとより、舞台装置や家具のデザイン、陶芸、庭や公園などのランドスケープ・デザインにいたるまで、多面的な活動を展開したイサム・ノグチ。
本展では抽象彫刻家として常に「身体」を意識しつづけたノグチが、やがてランドスケープという人間をとりまく環境へと向かい、ノグチ自身がいう「空間の彫刻」=庭、公園へと情熱を拡大していったことに注目します。
国内外から集めた貴重な作品や資料約80点で「異文化の融合」と「生活と環境の一体化」をめざしたノグチの活動の全容を紹介します。

展示風景
courtesy: The Isamu Noguchi Foundation and Garden Museum, New York, The Isamu Noguchi Foundation of Japan


展覧会特設サイト公開中

展覧会の見どころなど、注目の作品も紹介しています。今後は会場風景や、都内各地で開催予定のイサム・ノグチ関連のフェアなども紹介する予定です。どうぞお楽しみに。




また、同時開催の「収蔵品展」と「project N」のページもあわせてご覧ください。



【展覧会情報】
イサム・ノグチ ─ 彫刻から身体・庭へ ─
Isamu Noguchi: from sculpture to body and garden


期間:2018年7月14日[土]─ 9月24日[月]
会場:東京オペラシティ アートギャラリー[3Fギャラリー1, 2]
開館時間:11:00 ─ 19:00 (金・土は11:00 ─ 20:00/いずれも最終入場は閉館30分前まで)
休館日:月曜日(但し祝日の場合翌火曜日)、8月5日[日](全館休館日)

入場料:一般 1,400円(1,200円)、大学・高校生 1,000円(800円)、中学生以下無料

*同時開催「収蔵品展063 うつろうかたち ─ 寺田コレクションの抽象」「project N 72 木村彩子」の入場料を含みます。
収蔵品展入場券200円(各種割引は無し)もあり。
*( )内は15名以上の団体料金
*障害者手帳をお持ちの方および付添1名は無料。
Arts友の会会員は無料。(会員証をご呈示ください)
*割引の併用および払い戻しはできません。



お問い合わせ:03-5777-8600(ハローダイヤル)

主催:公益財団法人 東京オペラシティ文化財団、読売新聞社、美術館連絡協議会
企画協力:The Isamu Noguchi Foundation and Garden Museum, New York イサム・ノグチ庭園美術館(ニューヨーク)、公益財団法人イサム・ノグチ日本財団 イサム・ノグチ庭園美術館
特別協賛:ジャパンリアルエステイト投資法人
協賛:ライオン、大日本印刷、損保ジャパン日本興亜
協力:日本貨物航空、日本航空、日本通運
後援:アメリカ大使館

 トピックス一覧へ戻る